2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

コロ旅:名鉄三河線で碧南へ

  4月11日(日)
 
 名鉄の「まる乗り1DAYフリーきっぷ」の旅。
 名古屋市内での所用を済ませ、再び名鉄名古屋駅へ。

 しかし、改札に入るとなにやら様子がおかしい。
 豊橋方面で人身事故が発生しているようだ。
 そのため、JR東海道線に振替輸送をしているとのこと。
 仕方ないなぁと、とりあえず振替票をもらっておく。
 しかし、これから向かう知立は運転を見合わせている東岡崎よりは手前。
 ならばと、やって来た急行東岡崎行で東を目指すことにした。
 途中、コロプラの「豊明」を拾うのに手間が掛かった。
 どうも位置の特定がしづらかったようだが、こまめに停車していくので、無事拾えた。


 下車したのは知立。
 知立というと「大あんまき」の藤田屋の本拠地。
 藤田屋の商品は、名古屋や豊橋の駅売店でも売られていて、何度か味わったことも。
 そんな藤田屋の地元と言うことで、しっかりと駅構内にも売店が出ていた。

C1004a171
(藤田屋の売店)


 そしてここから乗車したのは、名鉄三河線の碧南行。
 なお、名鉄三河線というと、猿投駅から知立駅を通り、碧南までを結ぶ路線。
 以前は猿投~西中金間や碧南~吉良吉田にも線路が敷かれていたのだが...
 非電化区間と言うことも災いしてなのか、いずれも2004年に廃止されている。
 そして、猿投駅付近は、昨年の春、とよだおいでんバスを利用した際に少しだけ乗車している。

 そんな名鉄三河線で目指したのは、終点の碧南。
 コロプラのためだけに向かうことに。
 もっとも初乗りなので、乗りつぶしを兼ねてはいるが...
 日曜の昼下がりということなのか、車内は比較的空いていた。
 運転間隔は、データイムということで、15分に1本と丁度よいようだった。

C1004a172
(乗車した碧南行)

 なお、今回乗車した6000系は側面客扉が両開き3枚の通勤形電車。
 通勤形電車としては、初めて鉄道友の会のブルーリボン賞を受賞した形式。
 その受賞プレートが取り付けられていた。
 たまにではあるものの、旅に出るとこういう車両に当たるなぁ...

C1004a173
(乗車した車両にはプレートが...)

 しばらく揺られ、終点の碧南。
 運転担当の社員はいたが、営業関係の社員はいない。
 ということで無人の改札を抜け、駅舎を撮影した。

C1004a174
(碧南駅駅舎)


 そして、同じ電車で折返し、再び知立。
 今度は駅舎を撮影するとともに、おみやげ用の大あんまきを購入する。

C1004a175
(知立駅駅舎)
 
 
 なお、碧南を1往復し知立に戻ってきた頃には、人身事故の影響はあまりなかった。
 ということで、やって来た快速特急で豊橋に向かった。

C1004a176
(快速特急豊橋行)

 途中、コロプラは「豊川」を拾うことが出来た。
 飯田線に乗らなきゃかなとも思ってはいたのだが、豊川市内をかすめているようだった。
 そして、小坂井の飯田線の立体交差を越え、豊川放水路~豊川と渡れば豊橋市内。
 こうして、今回の名鉄の「まる乗り1DAYフリーきっぷ」の旅は無事終了した。
 
 
(つづく)

コロ旅:犬山経由で平安通へ

  4月11日(日)
 
 名鉄の「まる乗り1DAYフリーきっぷ」の旅。
 まず、中部国際空港を訪れたが、その折返しで乗車したのは、ミュースカイ。
 一気に名古屋を抜けて犬山を目指すことにした。
 で、この切符は10時~16時の間であれば、特別車も乗り放題だった。
 しかし、中部国際空港を発つのは9時前。
 ということで、ミューチケットを購入して乗車した。

 ミュースカイで一気に犬山を目指した。朝から贅沢かなと思いつつ...
 なお、流石にこの時間帯は、空港に向かう人は多くても、逆は少なかった。
 しかも名古屋を出ると、他に乗客は無く、ポツンと独り犬山を目指した。
 
 
 そして犬山。
 ここで今度は、小牧線を利用して名古屋市内に戻ることに。
 乗車したのは、300系4両編成の短い電車。
 都心に向かう電車ではあるが、これで用が足りるということのようだ。
 
C1004a168
(犬山から乗車した平安通行)

 そんな、名鉄小牧線の終点は上飯田。 
 上飯田~平安通間のみ、名古屋市営地下鉄の上飯田線に。
 なお、この区間は800mしか無い。
 地下鉄の一路線としては、日本で一番短い路線とのことだった。

 そしてここで、名鉄の旅は一旦終了。
 所用を済ますため、名古屋市内を地下鉄で移動することに。
 
 
(つづく)

コロ旅:セントレアを目指す

  4月11日(日)
 
 青春18きっぷの旅として出掛けた2日目。
 既に青春18きっぷの利用日は、前日で終了してしまっていた。
 当初は、JR東海の「青空フリーパス」を利用し、鳥羽を目指す予定だった。
 しかしながら、次の青春18切符や昨年の国盗り100城で出掛けたりしたことを考えると、
何も無理して鳥羽に行くこともないかなとも思った。ということで、この日は名鉄に乗車し、
愛知県内のコロプラを巡る旅にした。
 ということで利用するのは、名鉄の「まる乗り1DAYフリーきっぷ」。
 利用するのは半日程度だったが、しっかり元が取れるよう行動することにした。
 

 まず、名古屋駅へ。

C1004a161
(いつもどおり、名古屋駅の新幹線側)

 そして、JR線の改札前を抜け、名鉄乗り場へ。
 なお、この日は、とりあえずもう一度名古屋に戻ってくる予定だった。
 ということで、大きい荷物はコインロッカーに預け、身軽に行動出来るようにした。

C1004a162
(名鉄名古屋駅入口)
 

 早速、「まる乗り1DAYフリーきっぷ」を購入した。
 まず最初に、特急で中部国際空港を目指すことに。
 
C1004a163
(乗車したのは特急。中部国際空港駅にて)
 
 
 中部国際空港(セントレア)
 今年はセントレアが開業して5周年とのこと。
 とすると、愛・地球博が開催されてから5年ということに。
 歳をとるのは早いなぁ...

C1004a164
(中部国際空港駅改札口)
 
 
 帰りは、ミュースカイに乗車するため、少し時間があった。
 ということで、ターミナルビルにも行ってみることにした。
 で、航空機でも見ようかと、スカイデッキに向かう途中、イベントプラザの中央には、
セントレアのイメージキャラクター「なぞの旅人フー」の人形が。
 その下にも5周年と...

C1004a165
(イベントプラザにて)
 
 
 そして、スカイデッキ。
 適当に出発を待つ飛行機を撮影して過ごす。

 スカイデッキに向かって、右側の北ウィング。
 こちらは国内線が発着するとのこと。
 
C1004a166
(北ウィング。ほぼJALとANA)
 
 左側は南ウィング。
 こちらは国際線が発着するとのこと。

C1004a167
(南ウィング。こちらはカラフル)
 
 
 と、撮影はここまで。
 中部国際空港駅に戻り、名鉄の旅を続けることに。
 先はまだ長い...
  
 
(つづく)

春18:美濃市にて

  4月10日(土)

 青春18きっぷ消化の旅。
 転じて、コロプラ拾いの旅:長良川鉄道編。
 フリー切符を購入してしまったことで、前の記事の通り、関駅で少し道草していた。
 そして、次に向かったのは美濃市。
 向かったというよりは、列車の終点が美濃市であったため、ここで後続列車を待つことに。

 訪れたこの日は、さくら祭りが開催されていたようで、引き上げ客でホームは賑わっていた。
 ということで、まず、乗車してきた列車を...

C1004a147
(引き上げ客で賑わう美濃太田行)


 そして駅舎へ。
 一段低いところに設けられていた。

C1004a148
(美濃市駅駅舎。入口脇の円形ポストもいい味を醸し出している)

 なお今回は、当日の気まぐれで長良川鉄道に乗車し、美濃市を訪れただったため、
全く知らなかったのだが、実は名鉄美濃線の美濃駅が近くにあり、駅舎が記念館として
保存されているとのことだった。今回は訪れることが出来なかったが、長良川鉄道を再訪
した際は、ぜひとも訪れてみたいと思った。
 
 
 そして、再び駅内に戻ると、美濃太田行が発車していった後だったが、上り線に列車が。
 しかも、よく見ると回送列車で、側面の愛称板差しには「お座敷列車」と。

C1004a149
(「お座敷列車」の愛称札)

 どうやら、この後に乗車する予定の下り列車の到着を待っているようだった。
 ちなみに車両はナガラ502。前の記事で美濃太田に向かったナガラ503と同じ形式。
 当然のことながら、行き先表示はLEDが導入されていたが、塗装はブドウ色だった。
 やはり、白基調の方が明るくていいなぁと感じた。

C1004a150
(美濃市で下り列車の交換を待つ回送列車)

 ということで、お座敷列車と愛称板が差し込まれていたものの、あくまでも簡易お座敷。
 ロングシートの車中に畳を敷き、公民館などにある背の低いテーブルが設置されていた。
 微々たる努力なのかもしれないが、こういうこと一つ一つが鉄道利用に繋がるのかなと。
 
 そんな回送列車を撮影し、この後やってくる、郡上八幡行の列車を待った。
 昨年は国盗りだったが、今年はコロプラ。相変わらず位置ゲー振り回されるなぁと...orz
 
 
(つづく)

春18:番外編・関駅にて

  4月10日(土)

 青春18きっぷ消化の旅。のはずだったが...
 コロプラの「関」「美濃市」を盗るため、美濃太田から長良川鉄道へ。
 最初に下車したのは、関。
 構内に停車していた列車や車両基地、駅舎などを撮影して過ごした。

 まず、いつも通り駅舎から。
 ちなみに構内は対向式のホームだったが、跨線橋ではなく構内踏切で往来する形式だった。
 しっかり踏切が整備されていれば、跨線橋は不要なのかなと...

C1004a141
(関駅駅舎)

 駅舎の隣(美濃太田寄り)には、本社兼車両基地も。

C1004a142
(駅に隣接する本社兼車両基地)

 と、撮影したものの、後続列車まで時間があり、駅前などをフラフラしたが...
 駅舎と反対側の側線に車両が留置されていたので、これを撮影したりする。
 
 まず、ナガラ201。
 1形式1両と希少な車両。
 側面には、イラストがラッピングが施されていた。

C1004a143
(ナガラ201。側面にはイラストが)

 そして、桜の樹の下には、ナガラ305。
 明知鉄道の車両などにも用いられている、共通設計の車両。
 この車両が長良川鉄道では一番多く在籍しているようだ。

C1004a144
(ナガラ305。桜の樹の下で...)

  
 ここまで撮影し駅内に戻ると、美濃太田行が発車していくところだった。
 車両は、ナガラ503。昨年(2009年)新造された新車だった。
 それまで続いてきた、ブドウ色一色の塗装から、第3セクターに転換した際に使用していた
レールバスのナガラ1型の塗装を踏襲するものになったとのこと。確かにブドウ色の塗装は、
白基調の塗装と比較すると、汚れも目立ちにくくイメージも悪くない。ただ、どうしても暗く
感じてしまうので、その辺り(外板塗色)はどちらを選択しても難しくなってしまうのかなと...

C1004a145
(美濃太田を目指すナガラ503)
 
 
 そして、関から乗車したのは、関始発の美濃市行。
 おそらく、時間帯から考えると平日は美濃市辺りに学生を迎えにいく列車なのかなと。
 ということで基地から出区する。
 ただ、美濃太田方の引上線から出区した場合、本屋側の上りホームにしか据付できない。
 そのため、わざわざ上り線を通過し、北濃方に再引き上げして、下り線に据え付ける。
 上りホームから発車してもいいような気もしたが...

C1004a146
(上り線を北濃方に引き上げるナガラ301。この後下り線へ)

 乗車した美濃市行は、関を発車する時点では1人だけだった。
 その後も、関市役所前で老夫婦が乗車してきただけと、空気輸送状態。
 やはり、下校生のお迎え列車なのかなと感じつつ、次の目的地である美濃市を目指した。
 
 
(つづく)

はりまや橋で土電を撮影

  8月24日(月)

 はりまや橋に到着したものの、バスに乗るまで少し時間があったので、
やってくる土佐電鉄の電車などを撮影して待つことにした。

 電車を撮影する前にいちおう観光らしきことをしておく。
 はりまや交差点付近にあった、はりまや橋。

C0908a173
(はりまや交差点付近にあった太鼓橋)

 写真の橋は、10年ほど前に復元されたそうだ。
 確かに欄干には「平成十年三月完成」と書かれていた。
 

 そして、電車の撮影に。
 まず、ICカード「ですか」の広告が施された612。
 イメージカラーなのか、車体塗色は全体的に黄色に塗られていた。

C0908a174
(黄色のボディが少し派手に感じた。はりまや橋付近)


 続いて、高知駅行の213。
 旧塗色を復元したものとのこと。

C0908a175
(はりまや橋電停で信号待ちをしている213)


 名鉄美濃線からやって来た591。
 名鉄時代のカラー(スカーレット)を踏襲したカラーリング。
 車体側面の型式番号は、切り抜き文字で書体も名鉄時代のものだった。

C0908a176
(信号待ちのため停車していた591)


 朝倉・高知大学前のサボを掲出した617。
 1960年に製造された、都電7000形をモデルにして製造された形式とのこと。

C0908a177
(青い前面サボを掲出した617)


 はりまや橋の交差点付近ですれ違う、625と602。
 602の方は、広告を纏っているため、水色系の塗色だった。

C0908a178
(すれ違う625と602)

 
 はりまや橋電停に停車する213と2002。
 213の方は高知駅前からの折返し。2002は鏡川橋行。
 2002は、2004年に製造された土佐電鉄では一番新しい系列の車両。

C0908a179
(はりまや橋電停に停車する213と2002)


 文珠通行の1002。
 1981年に製造された、2両しか所属しない車両。
 しかも、主制御器と台車は西鉄の路面電車のものを流用したとのこと。

C0908a180
(信号待ちをする1002)


 最後は「いの」の赤いサボを掲出した605。

C0908a181
(土佐電というと、この赤いサボをイメージしてしまう)


 ここまで撮影したところでタイムアップ。
 最寄りの堺町バス停に向かった。

(つづく)

たまには「みかど」で...

  4月 1日(水)

 国盗り合戦の旅4月編第1弾・その4。
 「渥美」(三河田原)、「豊田」(三河豊田)、「足助・香嵐渓」(猿投)と、今回の旅の第1の目的を
果たしたところで、猿投駅へ。
 猿投駅には検車区が隣接されていて、昨年運用離脱した7000系も留置されていた。

C0904a017
(猿投に留置されていた7000系)

 乗車したのは知立行。7700系2両編成。
 車内はクロスシートとロングシートが混在し、ある意味では乗り得のようにも思えたが、
既にくたびれているところを見ると、果たして乗り得だろうかと少し迷うところではあった。

C0904a018
(猿投から乗車した知立行・7700系)

 猿投から3駅目の梅坪で豊田線へ。
 ここで乗り換えると、一気に名古屋の近くまで行けると言うことで、今回の行程を組むにあたり
ネットでいろいろと検索したが、結局梅坪乗り継ぎ、名鉄豊田線~名古屋市営地下鉄鶴舞線で
伏見に出て、東山線に乗り換えるというルートが一番速かった。

 ということで、梅坪から乗車したのは上小田井行。
 名古屋市交通局の3000系だったが、こちらも何となくくたびれた感じだった。
 整備が行き届いていないわけではないのだろうけど...

 なお、この日は4月1日という事で入社式が多いのか、着慣れないスーツ姿の若者が多く、
車内は賑やかだった。
 40分ほどで伏見に到着。東山線に乗り継ぎ名古屋へ。猿投からちょうど1時間で到着した。
 
 この日はここまで食事を摂っていなかったので、次の列車まで乗り継ぎ待ち時間がある名古屋で
食事を摂ることにした。なお、このところ名古屋というと「矢場とん」「コメダ」の組み合わせが多かったが、
この日は東山線からあがってきたため、地下街にある喫茶店「みかど」を訪ねてみた。
 11時近くだったが空席があり、早速「あんかけパスタ」を注文する。
 「あんかけパスタ」というと名古屋の名物だとは知っていたが、今まで食べる機会がなかった。

C0904a019
(みかどのあんかけパスタ)

 で、実際に食べてみたところ、太い麺にあんが絡み初めての組み合わせだったが、
なんだか懐かしい味に感じられた。しかも空腹だったことも手伝って、あっという間に平らげてしまった。
 そして懲りずに、今度は「小倉トースト」も注文する。
 「小倉トースト」については以前、みかどで何度か食べたことがあり、是非もう一度と思っていた。

C0904a020
(みかどの小倉トースト)

 こちらもあっさり完食。
 しっかり腹を満たしたところで次の目的地に向かうため、今度はJRの名古屋駅に向かった。
 

三河田原から四郷へ

  4月 1日(水)

 新年度国盗り合戦の旅・第1弾。
 夜が明け、夜行バス「ほの国号」を下車した三河田原からスタート。
 まず、豊橋鉄道で新豊橋へ戻ることに。
 乗車したのは東急から来た1800系3両編成だった。
 1800系は、カラーリングが数パターンあり、今回乗車した編成は「なぎさ号」と書かれていて、
前面の一部やドアなどが青系のカラーが採用されていた。

C0904a007
(三河田原駅に停車中の1800系「なぎさ号」)

 なお、この日は年度初め。
 しかも、これから通勤時間帯ということで、三河田原駅を発車した時には、1両あたり2~3人の
乗車だったが、東海道線を越えて終点の新豊橋に到着する頃には、車内は混み合っていた。

 そして新豊橋から、駅舎を移動しJRの豊橋駅へ。
 この日は、国盗り合戦の盗りこぼし箇所を巡るため、東海道線に乗り換えた。
 ここから乗車したのは、313系の特別快速。

C0904a008
(豊橋から乗車した、313系特別快速)

 豊橋を発車し、蒲郡に停車すると、次は岡崎。

 愛知環状鉄道に乗り継ぐため、岡崎で下車した。
 一旦改札口を出て、乗車券を買い直し愛知環状鉄道のホームへ。
 ここから乗車したのは、愛知環状鉄道になってから新製された2000系だった。
 この2000系は、昨年の秋にも乗車しているが、JR東海の313系をベースに製造されて
いるため、加速・乗り心地ともに良かった。

C0904a009
(岡崎から乗車した愛知環状鉄道・2000系)

 なお、今回乗車した2000系には、最近増備された青い帯の編成が登場したと聞いていた。
 どこかで、新車を見ることが出来ればと思っていたら、三河豊田を出たところで、青い帯の
編成とすれ違う。手持ちの時刻表を確認すると、三河豊田~新豊田間を結ぶシャトル列車の
運用に入っていることが判った。しかも、自分が乗車した高蔵寺行の後を追いかけてくるので、
新豊田で下車してこの編成が来るのを待ち、撮影することにした。
 この区間でシャトル列車を運行する必要がわかるほど、列車が到着する前からホームには、
この列車を待つ人が列をなしていた。

C0904a010
(シャトル列車の運用に入っていた2000系・G52編成)

 実際に停車しているところを落ち着いて観察すると、JR東海313系がベースの2000系だが、
青帯を纏ってしまったがために、どことなくJR西日本の交直流車・521系のようなイメージにも
見えてしまった。たぶん寝不足だからそう感じたのかもしれないが...

 G52編成が充当されていたシャトル列車が発車して行ったので、後続の高蔵寺行の到着を
待つことに。すると、シャトルの後続となる岡崎行が先に到着したが、こちらも青帯編成(G51)
だったので、慌ててカメラを取り出し撮影した。

C0904a011
(シャトル列車の後続でやって来た2000系・G51編成)

 2本連続してやって来たということで、運がいいのかもしれない。
 そして、幸先が良くなければ後が続かない。そんなことを感じつつ高蔵寺行に乗車。
 新豊田から2駅目の四郷駅で下車して、次の交通機関に乗り継ぐことにした。
 

喜多山へ~車庫跡を眺める

 10月19日(日)

 尾張瀬戸から栄町行きに乗車し、名古屋市内を目指す。
 途中、尾張旭に移転した車庫では、赤い名鉄電車が多数休んでいた。

 そういえば、以前は喜多山に車庫があったが、移転したと聞いていた。
 せっかくなので、この目で確かめてみたいと思い、喜多山で下車した。

 まず驚いたのが、以前あった車庫が全て無くなっていたこと。
 既に役目を終え、跡形もなく綺麗に撤去されていた。

0810w167
(以前、車庫があった跡)

 線路も随分短く整えられていた。
 唯一、引上線に列車を入れているせいか、架線が残っている線路のみ、
レールが磨かれているせいか錆びていなかった。

 栄町方の側線に、1編成留置されていた。

0810w168
(栄町方側線)

 これが定期的なものなのか、休車的なものかは判らなかった。
 というのも、まだ喜多山が現役だった頃、定期的にこの線路で留置を
行っていたのを目撃していた。

 そして、栄町から帰ってきたポケモン編成。

0810w169
(ポケモン編成)

 ここまで撮影したところで、やはりデジ一の調子が悪いので、これ以降は
ほとんど撮影しなかった。ピントが合わなかったり、極端に甘かったり、
露出も極端に明るかったり暗かったりと、吐き出す画像のあまりの酷さに
がっくり来ていた。
 思えば9月の北海道もデジ一の画像が携帯電話のカメラ以下だったりと、
ここ2ヶ月、旅に出るたびになんとなく重たい工業製品を持ち歩いていた
感じだ。あるいは漬物石かもしれない。
 
 このあと、名古屋から乗車したのぞみは初めてのN700系だったが、
当然撮影しなかった。もう、撮影するだけ無駄だなと感じていた。
 ということで、先月の北海道といい、今回の旅行といい、かなりソフトで
誤魔化したものが多い。
 旅行から帰ってきて、修理に出したのは言うまでもない。
 

名鉄瀬戸線で尾張瀬戸へ

 10月19日(日)

 瀬戸市駅から名鉄瀬戸線に乗り継ぐため、新瀬戸駅へ向かう。
 ほぼ隣り合う駅ながら、違う駅名を名乗っている。

 瀬戸市駅を出たところで、尾張瀬戸行が発車していく。
 ステンレス製の新車(4000系)だった。なんとなくタイミングが悪い。

 ただ、再び名鉄瀬戸線の踏切が鳴り出したので行ってみると、
尾張瀬戸からやって来たのはポケモンラッピング車だった。
 運がいいのか悪いのかよくわからない。

0810w160
(新瀬戸駅に進入する6000系ポケモン編成)

 改札に入り、一旦尾張瀬戸に向かうことに。

0810w161
(新瀬戸駅改札口)

 ここで乗車する直前にやってきた上り列車も撮影する。
 やって来たのは吊り掛け駆動の6750系(2次車)。

0810w162
(新瀬戸駅に進入する6750系2次車)

 前面の窓ガラスが比較的大きいが特徴。
 こういった車両も、4000系の導入が進めば姿を消してしまうのだろう。

 乗車した尾張瀬戸行は6000系。

0810w163
(新瀬戸駅に進入する6000系)
 
 こちらは、なんとなくキハ47などに見えてしまう。
 それでも以前、鉄道友の会のブルーリボン賞を受賞している形式だそうな。

 そして終点の尾張瀬戸。
 ここで先行していた4000系を撮影することは出来た。
 出来たのだが、転落防止策が設けられていて、上手くは撮影できなかった。

0810w164
(尾張瀬戸駅に停車中の4000系)

 ここで一旦下車し、駅舎を撮影。

0810w165
(尾張瀬戸駅駅舎)

 帰りは1本後の電車に乗ろうか迷うが、結局来た電車へ。
 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

| 185系 | PC:VAIO | PC:周辺機器など | エキナカ | ココログ関連 | コロプラ | コンテナ | デジカメ | ドライブ | ネット系 | バスコレなど | バス:夜行バス | バス:定期観光 | バス:路線バス | バス:高速バス | パソコン | ユニクロ | 写真(風景) | 列車:JT | 列車:SL | 列車:客車 | 国盗り合戦 | 工場見学 | 旅行・地域 | 旅:北急詣 | 旅:岬めぐり | 日々のこと | 時事ネタ | 時刻表 | 海外 | 空港 | 船旅 | 記事更新のお知らせ | 鉄道 | 鉄道模型 | 鉄道記事 | 鉄道:上信 | 鉄道:上信・上毛・わたらせ | 鉄道:京急・京成 | 鉄道:京王 | 鉄道:公営鉄道 | 鉄道:北越急行 | 鉄道:名鉄・豊鉄 | 鉄道:小田急 | 鉄道:新交通 | 鉄道:東京メトロ・都交通局 | 鉄道:東急 | 鉄道:西武・東武・秩父 | 鉄道:路面電車 | 鉄道:銚子電鉄 | 鉄道:長電 | 鉄道:3セク | 鉄道:JR九 | 鉄道:JR北 | 鉄道:JR四 | 鉄道:JR東 | 鉄道:JR海 | 鉄道:JR西 | 鉄道:JR貨 | 鉄:イベント | 鉄:中部 | 鉄:九州 | 鉄:保存車両 | 鉄:北海道 | 鉄:北陸 | 鉄:博物館など | 鉄:四国 | 鉄:山陽山陰 | 鉄:新幹線 | 鉄:東北 | 鉄:甲信越 | 鉄:関東 | 鉄:関西 | 雪山 | 青春18 | 音楽:CDなど | 音楽:CMソング | 飛行機 | 食べもの | 食:そば・うどん | 食:駅弁 | | 駅舎 | 駅:土合&土樽 | 高速道路 | iPod