2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

北へ'13冬 石北貨物を撮影

 2013.1.28(月)
 
 
 北の旅、3日目。
 この日、最初に向かったのは、生田原~金華間の146kp。
 お目当ては、石北貨物。
 ここ数年、石北貨物は機関車の老朽化などを理由に運行本数を減らしていた。
 数年後には、運転を取りやめるという報道もあったりした。
 せっかく撮影するのならば、146kpのポイントで撮影したいと同行したOくんと話していた。
 ただ、雪の積もり具合がどうなのか心配ではあったが、とりあえず目指すことにした。
 
 
 目指すポイントは、雪がなければ車で近くまで向かうことは可能なのだが...
 訪れた日は快晴だったが、その数日前に降った雪がかなり残っていた。
 ということで心配が的中し、車は途中で乗り捨て徒歩で向かうことにした。
 以前、2月末に訪れた時は、林道の途中にある踏切まで車で行けたのだが...
 
C1301286869lm4c
(帰りに撮影。この手前に車を駐め、後は歩き。)
  
 
 車を駐めたところから、途中の踏切までもそれなりに距離がある。
 これはしんどいなぁと思いつつ、雪をかき分け進んでいく。
 ただ、雪が膝ぐらいまであり、先行したOくんに徐々に置いていかれる。
 なかなか前に進まないが、列車の通過が近づき焦る。
 
 
 
 結局、途中の踏切付近で時間切れ。
 この辺りで撮影することに。
 
 準備を終えたところで、DD51が唸りながら勾配を登ってくる。
 この光景がいつまで見られるのだろうか?と言う気持ちでシャッターを切った。
 
C1301286769lm4c
(勾配を登る石北貨物)
 
 
 この構図であれば、他でも撮影できたのかなと感じつつ、車に引き返すことに。
 その帰り道。石北貨物の後を追う普通列車が通過していった。
 
 
C1301286848lm4c
(後続の普通列車が通過していく)
 
 
 次回こそはと思いつつ、次のポイントを目指すことにした。
 
 
(つづく)

北へ'13冬 SL冬の湿原号を撮影②

 2013.1.27(日)
 
 
 2日目。午後の部。
 三角点で撮影後、国道391号線をひたすら北上する。
 標茶折返しであれば、三角点のような場所で撮影すると、2発目の撮影は難しい。
 しかし、撮影に出かけた日の「SL冬の湿原号」は、川湯温泉までの運転。
 川湯温泉まで運転する際は、摩周で給水があり停車時間も長く、追い越せる可能性が高い。
 
  
 ということで、摩周の停車時間で追い越し、美留和~川湯温泉間で撮影。
 撮影したのは、「石山」という有名なポイントで、先客が多数いたが立つ場所を確保できた。
 ただ、列車が来るまであまり時間がなかったため、記録的な写真となってしまった...
 
C1301276552lm4c
(美留和~川湯温泉間にて)
 
 
 
 復路もこの近くのポイントで撮影した後、摩周の停車時間を利用し追い越す。
 標茶付近で最後の撮影をすることにしたが、向かおうとした場所は雪で通行止め。
 この日は、前日までの雪で、通行止めとなっている道路が複数あったので、予想は出来たが...
 
C1301276659lm4c
(ゲートで通せんぼ)
 
 
 ということで、ゲート近くにある踏切脇へ。
 ここで、この日最後のSL撮影。
 
C1301276631lm4c
(磯分内~標茶間にて)
 
 
 
 この後、宿に向かうため、少し長めのドライブへ...
 
 
(つづく)

北へ'13冬 SL冬の湿原号を撮影①

 2013.1.27(日)
 
 
 北の旅、2日目。
 網走の方は天気があまり良くないと言っていたが、釧路は至って順調だった。
 窓の外を見て、晴れ渡っているのを確認し、ホッとする。
 そして、前日は運休となった「SL冬の湿原号」もこの日は運転するとのこと。
 
C1301276430lm4c
(宿の部屋から...)
 
 
 
 ということで、まずは国道391号線を北上して、塘路駅付近へ。
 クチョロ原野塘路線(道道1060号線)の踏切付近で、快速「しれとこ」を撮影する。
 キハ54の単行が雪を巻き上げやって来る。
 
C1301276457lm4c
(快速「しれとこ」)
 
 
 快速「しれとこ」を撮影後、列車が来るまで時間があり、塘路駅へ。
 これからSL撮影に出掛けそうな人が多数訪れていた。
 
C1301276464lm4c
(塘路駅駅舎)
 

続きを読む "北へ'13冬 SL冬の湿原号を撮影①" »

北へ'13冬 根室本線で撮影②

 2013.1.26(土)
 
 
 釧路付近の撮影。その2。
 
 
 次の訪れたのは、音別~古瀬間の馬主来沼付近。
 馬主来と書いて「ぱしくる」と読むそうな。(もしくは「ぱしゅくる」)
 やはり、北海道の地名はなかなか読みづらいなと。
 
 ここで撮影したのは、下りの「スーパーおおぞら3号」。
 当初は、国道の陸橋上から海をバックに撮影するつもりだった。
 しかし、背後の電線がうるさく感じたので、土手を滑り降りて中段付近で。
 雪が積もってなければ、あまりやりたくない降り方だったりする。
 で、なんとか電線を避けることは出来たが、海が判りにくい構図に。
 とりあえず、振り子の傾きがわかるように撮影できたからいいのかなと。
 
C1301266309lm4c
(国道の土手中段から。海が判りにくい構図に)
 
 
 ここでお昼。
 国道沿いのラーメン店で、かつラーメンを食す。
 これって、地元の名物か、その店だけなのか、よく判らなかった。
 が、冷えた身体を温めるのにはちょうどよかった。
 
C13012615543lm4b
(昼食のかつラーメン)
 
 

続きを読む "北へ'13冬 根室本線で撮影②" »

北へ'13冬 根室本線で撮影①

 2013.1.26(土)
 
 
 年があけて、最初の長距離旅は北へ...
 いつも通り、後輩のO氏からお誘いが掛かる。
 そのO氏。北海道に行き慣れていることもあり、いつも通り頼ることにした。
 そして今回は、旅の日程を「SL冬の湿原号」が重連運転日にあわせることにした。
 しかしながら、C11 207の車輪に不具合があるとのことで、C11 171の単独運転になったりと、
 旅立ち前から波乱を予感が...
 
 
 
 ということで、当日。
 少し早起きをして羽田空港を目指す。
 その途中、浜松町で185系の普通列車を撮影。
 既に高崎線系統では消滅した列車種別。
 普通列車にグリーン車が導入されたことで、こういう運用は徐々に減っていくのだろう。
 
C1301266244lm4c
(浜松町にて)
 
 
 そんな朝練をした後、羽田空港へ。
 今回は、道東メインの行程となるため、釧路行きの便に搭乗した。
 機体は、エアバスA320-200(機体番号JA8390)。
 エアバス機というと、シンガポールに向かう際に搭乗したA380以来。
 あまり縁がないというか、運用されている路線に乗らないだけということか...  
 
C13012615507lm4b
(窓から見えたのは、ポケモンだった...)
 
 

続きを読む "北へ'13冬 根室本線で撮影①" »

青森11冬:②新青森にて。785系改造車など...

 2011.2.20(日)
 
 職場の先輩K氏の誘いに乗って、やってきた新青森。
 ここから青森の市街地に向かうため、青森駅に向かうことにした。
 しかし、試乗会列車だったため、すぐの接続がなかった。
 
 ただ、この区間は、青函トンネルや石勝線のような制度が適用されていた。
 というのも、青森駅へのアクセスがしやすいよう、新青森~青森間のみのりようであれば、
特急列車の自由席について、同区間に有効な乗車券のみで利用できるとのことだった。
 ならばと、この制度を利用して、青森駅を目指すことにした。
 
 
 で、在来線ホームに降りてみると...
 一番早いのは「スーパー白鳥」だったりする。
 一区間とはいえ、乗車券だけでJR北海道の看板列車に乗れるとはラッキーだ。
 なお、この駅とスーパー白鳥の組み合わせはお初なので、早速撮影することに。
 階段付近は789系だったが、青森方の先頭車に向かうと、なんだか様子が変。
 よく見ると、785系の転用改造車が連結されていた。
 まさか、こんな時に遭遇できるとはなぁと思いつつシャッターを切った。

C1102a075
(青森方先頭車は785系改造車)
 
 
 ちなみに反対側は、当然ながら789系だった。
 当たり前と言えば、当たり前かもしれないが...

C1102a076
(函館・新青森方先頭車は、789系)
 
 
 そして、発車直前。
 反対側のホームにやってきたのは「リゾートあすなろ」。
 すでに一度撮影していたが、営業運転としてはお初。
 ただ、駅舎下=高架下となってしまい、あまりいい具合ではなかった。
 これは、別の機会に再チャレンジが必要かなと。

C1102a077
(新青森駅に到着した「リゾートあすなろ」)
  

北海道4日目:小樽へ

  6月20日(日)
 
 北海道の旅 4日目。
 帯広で乗り継いだスーパーおおぞら6号は定刻どおり札幌に到着する。
 (なんとなく端折りすぎのような気もするが...)
 
 このまま新千歳空港に引き返し、帰途についてもよかったが、まだ時間が早い。
 既に国盗り合戦は、北海道を踏破しており、コロプラのみとなる。
 ということで、近くで数をこなせる小樽まで往復することにした。
 
 札幌から乗車したのは、区間快速の「いしかりライナー」。
 札幌~手稲間は快速運転で琴似のみの停車で、手稲からは各駅に停車していく。
 車両は731系3両編成。データイムならばこの程度で輸送力を確保できるのだろう。

C1006a212
(札幌駅に到着する「いしかりライナー」。隣は特急「サロベツ」)
 
 
 コロプラで稼ぎつつ、小樽を目指した。
 途中、銭函付近で石狩湾沿いを走る。
 7月に近い夏休みということもあり、バーベキューをする人の姿も。
 梅雨が無い北海道では、今が一番いい時期なのかなと感じた。
 
 
 そして、小樽。
 日曜日の昼下がりということで、観光客で賑わっていた。
 せっかく来たのだからと、まずは駅舎を撮影したが...

C1006a213
(昼下がりの小樽駅駅舎)
 
 
 小樽観光に繰り出そうと思ったが、帰りの飛行機を考えると余裕は無い。
 ということで、素直に札幌方面に引き返すことにした。
 帰りは、721系の快速エアポートで。

C1006a214
(帰りは快速エアポートで)
 
 
(つづく)

北海道4日目:帯広にて

  6月20日(日)

 北海道の旅 4日目。
 無事に帯広に到着すると、目の前には釧路から先行していた快速「狩勝」が停車していた。
 乗車したスーパーおおぞらより2時間早く釧路を出て、ここで22分停車後、「狩勝」に化ける。
 化けた後は、滝川を目指すため、釧路から乗車していれば、そのまま滝川にいける列車。
 しかも、ご丁寧に種別札指しには列車名を記した愛称札が指されていた。

C1006a204
(指されていた愛称札)
 
 せっかくなので、反対のホームに回り車両を撮影することにした。
 この列車、快速とはいえキハ40。しかも前日の晩に釧路駅で撮影したキハ40 1756。
 音別から帰ってきたところで、今度は滝川を目指しているとは...
 
C1006a205
(帯広駅で発車を待つ快速「狩勝」)
 
 
 そして、ここで一旦下車し、駅舎などを撮影することにした。
 ちなみにこの駅は、高架上に島式ホーム2本を設備した2面4線の構造になっている。
 その階下にある駅改札は、それぞれのホームごとに改札口が設置されていた。
 この構造は、昨年の夏訪れた宮崎駅と同じだった。
 複数設ける利点はあまり思いつかないが、高架下の再開発にはちょうどいいのかもしれない。

C1006a206
(階下の改札口は左右両方に...)
 
 
 その改札口を通り、駅前へ。
 高架式の駅ゆえ、何か特別に変わっている感じはなかった。
 ただ、駅前の温度計は、

C1006a207
(帯広駅。外から撮影)
 
 
 そして、帯広から再び西を目指すことに。
 ホームに戻ると、上下の普通列車が停車していた。
 しかも、下りの釧路行普通列車は首都圏色を纏ったキハ40だった。
 こんなコトだったら、もう少し早くホームに上がっていればと、やや後悔しつつ撮影した。
 
C1006a208
(帯広駅で発車を待つ上下の普通列車。左が滝川行、右側が釧路行)
 
 
 帯広から乗車したのは、スーパーおおぞら6号。
 釧路から乗車した4号の後続となる特急列車で札幌を目指すことにした。
 なお、話は前後するが、帯広で乗車前に遅い朝食を調達していた。
 街に出て名物の豚丼を食べたかったが、如何せん時間が早い。
 ということで、駅内にあったぶたはげの豚丼を購入することに。
 その豚丼も開店少し前だったが、お願いして作ってもらった。
 出来たてゆえ、まだ温かくいい匂いが。ただ、特急の車内では厳しいかなと...
 ただ、そんなことを気にしていても仕方がないので、早速味わうことに。
 次回は、是非とも街中のお店で味わいたいなぁと感じつつ、一気に平らげた。
 
C1006a209
(購入した「豚丼」)
 
 
 豚丼を食べているうちに、どんどん西を目指し駆けてゆく。
 途中、十勝清水~新得間でコロプラの「富良野」拾いに成功する。
 なお、すでに国盗り合戦の方は盗り終えているので、コロプラの補完作業のみとなる。

 そして新得を発車し、徐々に高度を上げていき、新狩勝トンネルを抜けると晴天だった。
 釧路~帯広と曇天だったが、どうやら峠の東西で天気が違っていたようだった。
 なお、新得~トマム間は、信号場がいくつも介在する駅間が長い区間。
 その途中にある、串内信号場では下りのスーパーおおぞらが停車して待っていた。
 こちらは通過。おそらく、南千歳での空港への接続を優先したダイヤ構成なのだろう。
 
 そんなことを観察しつつ、列車は札幌を目指しさらに快走していく...
  

(つづく)

北海道4日目:釧路から西へ

  6月20日(日)

 北海道の旅 4日目。
 最終日となるこの日は釧路駅からスタート。
 
C1006a196
(釧路駅駅舎)
 
 改札を通ると、ヘッドマークが展示されていた。
 くしろ湿原ノロッコ号20周年のものとSL冬の湿原号10周年のもの。 
 実は、前日にも存在には気付いていたが、撮影する間がなかった。

C1006a197
(展示されていたヘッドマーク)
 
 
 そして、釧路から乗車するのは、スーパーおおぞら4号。
 編成はキハ283系の8両編成。中間には、キハ283-901が組み込まれていた。
 8時間ぐらい前にも撮影していたようなと思いつつ、反対側のホームへ向かった。
  
C1006a198
(ということで、乗車したスーパーおおぞら4号)
 
 
 スーパーおおぞらを撮影した反対側のホームには、「希望の鐘」が設置されている。
 すでに、鐘自体は前日のうちに撮影していたのだが、その傍らに説明書きが。
 その説明によれば、鐘を吊しているレールは1925年製の古レールとのことだった。
 ただ、何処で使用されていたレールなのかまでは記されていなかった...

C1006a201
(希望の鐘を吊す古レール)
 
 
 
 そして、今回乗車したのは4号車。中間運転台付きのキハ282の2000番台だった。
 なお、中間運転台は、あくまでも補助的な運転台としての、簡略化された設備のみだった。
 ただ、Wikipediaなどを見る限り、本線運転も可能なシロモノらしいのだが...
 もっとも、隣に連結されているグリーン車に車掌室があるから、簡略的なのだろう。
 
 
 この日は、新千歳から空路帰途につくことになるため、まずは西を目指すことにした。
 新富士を発車すると、立体交差化された区間を走行していく。
 前回、3年前にこの辺りを訪れたときは、まだ工事中だった。
 そして、大楽毛を通過して海岸沿いに出たなぁと思っているうちに、例の如く落ちる...
 そういえば、この路線は初めて乗車したときも、往復とも寝ていたような...orz
 
 そして気がつけば、太平洋沿いと別れ、内陸部を走行していた。
 地図を見ると、上厚内付近だったので早速携帯を操作し、国盗りの「帯広」盗りに成功する。
 これで、今回の北海道の旅の目的の一つを達成したことに。
 ただし、コロプラの方は池田駅近くでようやく拾うこととなる。
 (旧)十勝支庁エリアの浦幌駅付近まで来ても、「帯広」にならない辺りが不思議なところ...
 
 と、色々と考えつつも、振り子と寝不足でまたしてもウトウト。
 やっぱり振り子に弱いようだ。
 
 そうこうしているうちに、帯広に到着する。
 ここで一旦下車してみることにした。
 
 
(つづく)

北海道3日目:釧路に到着

  6月19日(土)

 北海道の旅 3日目。
 根室から約 2時間20分掛け、釧路に戻ってくる。
 そしてこの日の行程はここまで。


 到着後、釧路駅に停車する列車を撮影してみた。
 まず、乗車してきたキハ54。
 今回の旅では、留萌、宗谷、釧網、そして根室と本線系統でお世話になった。
 実は、キハ54自体は、20年近く前に旭川で撮影したのが初めてだが、乗車は今回が初めて。
 もっとも、札幌近郊や道南では見ることがない車両だったりすることもあるのかもしれない。
  
C1006a189
(釧路に到着したキハ54)
 
 
 音別行のキハ40 1756。
 釧路から上り方面に向かう最終列車。
 音別まで行って、今度は下りの最終列車として戻ってくる。(釧路着は0時01分)
 普通に考えると、翌日の初列車になったり、回送で帰ってきそうなものだが...
 時間帯としても、利用客はあまり望める時間帯とは正直なところ言い難い。
 こういった列車設定は、鉄道会社によって考え方が違うようだ。

C1006a190
(音別行普通列車)
 
 
 そして、札幌から到着した「スーパーおおぞら11号」。
 このまま入区となるようで、発車を待っていた。

C1006a191
(入区を待つキハ283)
 
 
 ここまで撮影して3日目の行程は終了。
 最後に釧路駅の駅舎を撮影し、宿に向かうことにした。

C1006a192
(釧路駅駅舎)
 
 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

| 185系 | PC:VAIO | PC:周辺機器など | エキナカ | ココログ関連 | コロプラ | コンテナ | デジカメ | ドライブ | ネット系 | バスコレなど | バス:夜行バス | バス:定期観光 | バス:路線バス | バス:高速バス | パソコン | ユニクロ | 写真(風景) | 列車:JT | 列車:SL | 列車:客車 | 国盗り合戦 | 工場見学 | 旅行・地域 | 旅:北急詣 | 旅:岬めぐり | 日々のこと | 時事ネタ | 時刻表 | 海外 | 空港 | 船旅 | 記事更新のお知らせ | 鉄道 | 鉄道模型 | 鉄道記事 | 鉄道:上信 | 鉄道:上信・上毛・わたらせ | 鉄道:京急・京成 | 鉄道:京王 | 鉄道:公営鉄道 | 鉄道:北越急行 | 鉄道:名鉄・豊鉄 | 鉄道:小田急 | 鉄道:新交通 | 鉄道:東京メトロ・都交通局 | 鉄道:東急 | 鉄道:西武・東武・秩父 | 鉄道:路面電車 | 鉄道:銚子電鉄 | 鉄道:長電 | 鉄道:3セク | 鉄道:JR九 | 鉄道:JR北 | 鉄道:JR四 | 鉄道:JR東 | 鉄道:JR海 | 鉄道:JR西 | 鉄道:JR貨 | 鉄:イベント | 鉄:中部 | 鉄:九州 | 鉄:保存車両 | 鉄:北海道 | 鉄:北陸 | 鉄:博物館など | 鉄:四国 | 鉄:山陽山陰 | 鉄:新幹線 | 鉄:東北 | 鉄:甲信越 | 鉄:関東 | 鉄:関西 | 雪山 | 青春18 | 音楽:CDなど | 音楽:CMソング | 飛行機 | 食べもの | 食:そば・うどん | 食:駅弁 | | 駅舎 | 駅:土合&土樽 | 高速道路 | iPod