2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

E1系MAX 営業終了

 2012.7.12(木)
 
 E233系の高崎線デビューする9月。
 一方で、9月29日にはJR東日本の新幹線でダイヤ改正があるとのこと。
 そのダイヤ改正で、上越新幹線で運転していたE1系MAXが運転を終了するとのこと。
 群馬県の地方紙「上毛新聞」でも、その事を取り上げていた。
 
C1207a8024
(営業終了するE1系MAX)
 
 
 E1系というと、1994年から運転を開始しており、当初は東北新幹線でも運転していたが。
 気付かぬうちに、上越新幹線専用のような設定になっていた。
 
 ちなみに、今回E1系を追い出すこととなったのは、E4系MAX。
 JR東日本のプレスリリースによれば、そのE4系MAX自体も今回のダイヤ改正で、
「はやて」にE5系(はやぶさタイプ)の追加投入されることから東北新幹線を追われることとなり、
上越新幹線専用のような設定になるとのこと。歴史は繰り返されるということか...
 
 
 
 記事の更新をば...
 木曽福島へ④(塩尻から木曽福島へ)
 

整備新幹線 3区間着工決定

 2012.6.29(金)
 
 民主党政権に変わってから、「コンクリートから人」というマニフェストで、八ッ場ダムとか
大型公共工事が止まっていたように感じていたが、整備新幹線の3区間で新たに着工
する事を決めたそうだ。
 ということで、とりあえず、備忘録的に思ったことともに少しだけ...
 
 
 今回決定した着工区間は、北から順に北海道新幹線の新函館~札幌間、北陸新幹線の
金沢~敦賀間、九州新幹線の諫早~長崎間。
 
 北海道新幹線。
 長万部から山線ルート(倶知安経由)を通って、札幌を目指すとのこと。最短ルートという
ことのようだが、ニーズを考えると、噴火湾沿いの都市(室蘭とか)を結んだ方が良かったの
では?と感じた。もっとも、有珠山の噴火など自然災害を考慮すると、雪が多い山線ルートの
方が、支障を来さないらしい。
 とすると、噴火湾回りで長万部~札幌間のアクセス特急なんて設定もされるのだろうか?
 
C1206a0892
(津軽今別駅にて。こちらは先に開業する区間...)
 
 北陸新幹線。金沢から一気に敦賀へ。
 福井止まりとならなかったあたり、潔いって感じもするのだが...
 ただ、接続駅が敦賀となり、大阪・京都方面は乗車時間が短い列車で接続することとなる。
 所要時分から考えれば、昔の新幹線リレー号や東北新幹線八戸開業時の特急「つがる」に
近い感じになるのだろうか?
 
C1206a0893
(2009年春の福井駅にて。駅前に早期開業を願う看板が...)
 
C1206a0894
(2009年春の福井駅にて。駅前では既に高架橋の工事は行われていた)
 
 
 九州新幹線。
 既に武雄温泉~諫早間は着工されており、今回は末端部となる諫早~長崎間が対象に。
 距離にして20キロ程度の区間だけ残っていたのだろうとも思ったが、フリーゲージトレインの
導入を視野に入れ、既設の在来線(新鳥栖~武雄温泉間)を活用し、運転を行う計画とのこと。
 なんとなく納得しつつも、フリーゲージトレインを上手く活用できるのだろうか?とも感じた。
 
 
 と、整備新幹線が着工開始するも、完成するのはまだ当分先のことなんだろうなと。
 とはいえ、過去に乗車したことがあっても、また乗車したいところなども含まれているので、
機会を見つけて乗車しに行こうと思った。でも、。いつになることやら...
 
 
 そして今回もこっそりと、記事の更新なぞ...
 「SLレトロみなかみ」を撮影
 
 

長電ぶらり旅(3) 長野駅にて

 2011.6.26(日)
 
 長野電鉄・乗り鉄の旅を終え、長野新幹線で帰途に着くことに。
 乗車予定の新幹線が入線するまで時間があったので、おやつを...
 食べたのは、ホーム上の立ち食い蕎麦。意外と本格的な感じだった。
 
C1106a221
 
 
 食後。
 乗車予定の列車が入線したところで、車両に貼られた震災復興のステッカーを撮影する。
 まず、長野方先頭車。白地の「つなげよう、日本。」と貼られていた。
 
C1106a223
 
 そして、東京方先頭車。こちらは、赤地の「がんばろう日本!がんばろう東北!」が。
 
C1106a224
 
 
 おまけ。
 今は「長野」止まりの駅名標。
 数年後には、下の写真の右側にも駅名が記載されているのかなと。
 
C1106a225
 
 
 と、今回の旅の記録はここまで。
 
※2011.10執筆

青森11冬:④新青森にて。E5系をもう一度...

 2011.2.20(日)
 
 青森駅付近での短い滞在を終え、帰途につくため新青森へ。
 元々今回の旅は、試乗会が目当てみたいなもんだから、とんぼ返りも仕方がない。
 
 なお、新青森駅では途中下車をして、新たに作られた商業スペースを見に行った。
 写真はないが、どの店も混雑していた。おそらく、青森県内各地からバスで直にやって
来た観光客なのだろう。2月でこれだけ混雑しているのだから、ゴールデンウィークとか、
もっと賑わうのかな?なんて思ってみたりして観察した。
  
 
 で、新青森から乗車したのは「はやて」。
 ここから出る列車は、訪れた日の時点では「はやて」のみ。車両はE2系10両編成。
 帰京するのにちょうどいい時間帯の列車のようで、座席も半分以上が埋まっていた。
 
C1102a081
(乗車したのはE2系の「はやて」)
 
 
 
 その「はやて」と同じホームの反対側には、E5系が停車中だったので撮影することに。
 で、停車中の編成は、盛岡から試乗してきた編成だったりする。
 どうも、この日は数本の編成が何回かずつ往復して対応しているようだった。

C1102a082
(新青森駅に停車中のE5系)
  
 次回は走行シーンも撮影したいと思ったが、高架とトンネルの繰り返しだったりして...
 とりあえず駅撮りでもいいので、通過しているところを取りに行ってみようと思った。
 
 
 
 そんなE5系は、営業運転開始後の数年は、ここが終点となる。
 しかし、青函トンネルは開通しており、E5系が北海道に上陸するまで、ほんの数年。
 ということで、仮の終点であるこの駅の末端を撮影してみることに。

C1102a083
(新青森駅の新函館方)
 
 
 いつかは、新青森を越えて、新幹線で北海道に上陸するのかぁと想像しつつ、帰途に。
 今回は誘ってくれたK氏に感謝をしなくては...
 
 

青森11冬:①新青森へ...

 2011.2.20(日)
 
 職場の先輩K氏の誘いに乗り、青森まで日帰りの旅に出ることになった。
 しかも、E5系の試乗会にお付き合いすることに。
 ちなみに今回試乗するのは、盛岡~新青森間。
 同区間については、八戸以北の開業後、初乗りとなる。
 まさか、初乗りが試乗会列車になるとは...
 
 
 ということで、当日。
 盛岡駅で受付を済ませ、早速ホームへ。
 乗車するE5系はすでに停車しており、カメラを向けている人も多くいた。
 早速、混ざって撮影することに。
 
C1102a071
(E5系。東京方先頭車)
 
 そして、側面に描かれていたロゴマーク。
 おそらく、はやぶさをイメージしたものなんだろう...

C1102a072
(E5系。側面のロゴマーク)
 
 
 乗車したのは、普通指定の車両。
 残念ながら、目玉のグランクラスやグリーン車の見学は適わなかった。
 グランクラスはホーム上から見ることが出来たが、なんとも贅沢そうな感じ。
 一度は乗ってみたい気もするが、なかなか縁が無さそうな感じもした。
 なお、今回乗車した普通指定車両も、座席のモケットを含め、落ち着いた感じだった。
 座席はというと、枕部が上下移動し、座り心地もよかった。
 (新車だからと言われればそれまでだが...)

C1102a073
(車内の様子)
 
 また、仕切り扉上に設けられた表示器はN700系のような大型の物。
 これならば、車内後よりの席でも、なんとなく見ることが出来る。
 今回乗車したのは、一番端の席だったが、LED表示の判読は可能だった。

C1102a074
(車内表示...)
 
 そして、E3系2000番台(つばさ編成)の普通車と同様に、窓際下部にコンセントが。
 東京~新青森間が3時間10分で結ばれることを考えると、モバイル機器全盛ゆえ、
このような設備を標準仕様となっているのはありがたいと感じた。(画像省略)
 
 
 
 そんな試乗会列車は、八戸に停車し、1時間ほどで新青森へ。
 新青森到着直前、青森市内を北に見て、ぐるっと回っていく。
 遠くに、三角形の建物がかすかに見えてくる。青森駅近くの物産館アスパムだった。
 その近くには青森ベイブリッジの姿も。とすると、あの辺りが青森駅なのかなと。
 さらにその奥には、青森駅に隣接する陸奥湾も遠くに見ることが出来た。

 最後のトンネルを抜けると、三内丸山遺跡脇を三内丸山架道橋で掠めていく。
                                (→施工した錢高組のHPへ)
 
 乗り心地がよく、あまり観察することなく、終点の新青森に到着。
 ここまで来て、そのまま帰るのももったいないだろうと、青森市内へ向かうことにした。
 

平成23年3月ダイヤ改正など(1)

 
 平成23年3月に実施されるダイヤ改正について、南から順に...
 今更感があるものの、とりあえずプレスリリースを読んで感じたものを。
 
 
JR九州編
 
 (1) 九州新幹線開業
   まず、いよいよ九州新幹線が開業する。
   これで、1時間に1本ずつ、新大阪乗り入れも開始となるとのこと。
   乗り入れ先の山陽新幹線は、昭和50年3月の博多開業以来の区間延長に。
   新大阪以東には乗り入れないのが残念なところではあるが...
 
   また、九州島内の移動時間が大幅に短縮されることにもなる。
   最速列車では、博多~鹿児島中央間が79分と、東京~長野間といい勝負に。
   ところで、直通列車の名前は「みずほ」と「さくら」。
   一週前に運転を開始する東北新幹線の「はやぶさ」と、いい列車名は甦るなぁと。
   これに伴い、「つばめ」用の800系新幹線もロゴが変更になるそうだ。
 
   C1003a901
  (「つばめ」のロゴ)
 
 
 
 (2) 特急体系の一部見直し
   九州新幹線の開通により「リレーつばめ」の運転が終了する。
   捻出される787系が、他の特急に転用され、玉突きで485系の定期運行が終了。
   ダイヤ改正=「出会いと別れ」という図式はいつものこととはいえ、いよいよか。
   国鉄特急電車の花形だった485系電車も、いよいよ終焉が近づきあるのだろう。
   同じ改正で、JR西日本でも特急「雷鳥」が運行を終了するそうだし...
 
   C0909a077
   (特急「にちりん」。2009年9月、南宮崎駅で撮影)
 
 
   なお、特急街道だった、鹿児島本線の博多~鳥栖間も勢力図が変わる。
   今までは、「有明」や「リレーつばめ」が主力の一部だった。
   改正後は、佐賀への利便性向上のため「かもめ」「みどり」が増発されるとのこと。
   にしても、博多~佐賀間で1時間あたり最大3本とは、随分頑張った感じもする。
   もっとも、同区間は高速バスと争う区間だから、力を入れたのだろう。
   ということで、改正と同時に51キロ以上の在来線特急料金も見直しされるそうだ。
   (→プレスリリース)
 
   C1003a902
   (転用される787系)
 
 
   観光特急では、「指宿のたまて箱」「あそぼーい!」の運転開始が。
   すでに10月にプレスリリースはされていた列車。
   「指宿のたまて箱」は、鹿児島中央~指宿間を3往復運転する。
   データイムのみの運行となるが、少し欲張りな運行体制になっている。
   そのため、折返し時間で一番短いところでは、7分と忙しい。
   元々、特別快速「なのはなDX」として運行していた列車を格上げすることに。.
   1時間掛からない区間をわざわざ特急化する理由はあまり見当たらない。
   しかも使用する車両はキハ47。快速にキハ200を使用していることを考えると...
   観光特急ゆえ、足の速さは求めていないのだろうけど、またしてもキハ47が。
   昔の国鉄時代とやっていることが似ている気が。急行の格上げみたいな感じか?
   その車両のデザインは、内外ともに例によって水戸岡鋭治氏。
   またもや書棚が設置されるようで。どこかで見た気が。
   
   
   また、目立たないところでは、「ドリームにちりん」の廃止だろうか。
   九州島内では、唯一残存していた定期夜行列車も今回の改正で大分以南が廃止に。
   プレスリリースでは、大分~延岡間は利用が少ないと記載されていたが。
   なお、博多~宮崎間は夜行バスの設定もない。そのバスでも4時間弱。
   そう考えると、夜行を利用してまで向かうところではないと言うことなのだろうか...
   (京都発着では近鉄バス・宮崎交通の「おひさま号」はあるが...)
 
 
 (3) その他
   「リレーつばめ」廃止の救済として運行される快速「くまもとライナー」
   このところ、新幹線開業=並行在来線の第3セクター化という構図がよくあった。
   しかし今回は、JR九州が引き続き運行するだけでなく、快速列車の運行開始。
   運行区間は大牟田~熊本間ではあるが、上下ともに博多口の列車と接続するとのこと。
   今回の新幹線開業と直接関係しない沿線に対しても、利便性向上を図ったのだろう。
 
 
 
 この他でも、新幹線開業に伴う新作駅弁発売など、九州の鉄道は目が離せなそうだ。
 
 以上、JR九州のダイヤ改正を、思いつくまま書いてみた。
 JR西日本編に続く。
 
 

その他のカテゴリー

| 185系 | PC:VAIO | PC:周辺機器など | エキナカ | ココログ関連 | コロプラ | コンテナ | デジカメ | ドライブ | ネット系 | バスコレなど | バス:夜行バス | バス:定期観光 | バス:路線バス | バス:高速バス | パソコン | ユニクロ | 写真(風景) | 列車:JT | 列車:SL | 列車:客車 | 国盗り合戦 | 工場見学 | 旅行・地域 | 旅:北急詣 | 旅:岬めぐり | 日々のこと | 時事ネタ | 時刻表 | 海外 | 空港 | 船旅 | 記事更新のお知らせ | 鉄道 | 鉄道模型 | 鉄道記事 | 鉄道:上信 | 鉄道:上信・上毛・わたらせ | 鉄道:京急・京成 | 鉄道:京王 | 鉄道:公営鉄道 | 鉄道:北越急行 | 鉄道:名鉄・豊鉄 | 鉄道:小田急 | 鉄道:新交通 | 鉄道:東京メトロ・都交通局 | 鉄道:東急 | 鉄道:西武・東武・秩父 | 鉄道:路面電車 | 鉄道:銚子電鉄 | 鉄道:長電 | 鉄道:3セク | 鉄道:JR九 | 鉄道:JR北 | 鉄道:JR四 | 鉄道:JR東 | 鉄道:JR海 | 鉄道:JR西 | 鉄道:JR貨 | 鉄:イベント | 鉄:中部 | 鉄:九州 | 鉄:保存車両 | 鉄:北海道 | 鉄:北陸 | 鉄:博物館など | 鉄:四国 | 鉄:山陽山陰 | 鉄:新幹線 | 鉄:東北 | 鉄:甲信越 | 鉄:関東 | 鉄:関西 | 雪山 | 青春18 | 音楽:CDなど | 音楽:CMソング | 飛行機 | 食べもの | 食:そば・うどん | 食:駅弁 | | 駅舎 | 駅:土合&土樽 | 高速道路 | iPod