2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

北海道3日目:納沙布岬にて

  6月19日(土)

 北海道の旅 3日目。
 寄り道しつつ到着したのは、納沙布岬。
 日本の実効支配下では、一番東にある岬。
 
 その岬に到着したのは、17時近く。
 夏至が近いこともあり、まだ明るかったが、帰りもあるので、足早に見学する。

C1006a177
(納沙布岬の標柱)
 
 
 ここには、「四島(しま)のかけはし」という大きな構造物が。
 北方領土の早期返還を願い、1980年に設置されている。
 構造物の下では、火も焚かれていた。

C1006a179
(四島(しま)のかけはし)
 
 
 また、その近くには、北方館という資料館が建っていた。
 しかし、ここの開館時間は17時まで。到着した時には、すでに閉館していた。
 なんともタイミングが悪いなぁと思いつつ、岬近くの灯台にも行ってみることにした。
 
C1006a178
(北方館) 


 ということで、納沙布岬で最後に訪れたのは、納沙布岬灯台。
 すでに1998年に無人化されていることもあり、周囲に人の姿はない。
 岬に続いて、ここもまた静寂に包まれていた。
 この奥の崖下には、座礁したロシアの船が未だに残されていたりする。
 
C1006a180
(納沙布岬灯台と今回利用したレンタカー)
 
 
 納沙布岬への旅はこれで終了。
 そして、根室市内を目指し、来た道をひたすら戻ることになる。
 
 
(つづく)

北海道2日目:宗谷岬へ

  6月18日(金)
 
 腹を満たしたところで、駅前で宗谷岬に向かうバスを待つことに。
 ただ、バスを待つ人の姿は全くなかった。
 やはり訪れたのは、6月の金曜日ということも影響しているのかもしれない。
 以前のように、宗谷本線を走る夜行列車があれば違ったのかもしれないが。
 
 少し待っていると、宗谷岬に向かうバスがやってくる。
 予想通りであったが、通常の路線タイプのバスだった。

C1006a062
(乗車した宗谷岬行のバス)
 
 
 
 途中、南稚内駅付近を走った後、海沿いへ。
 少し走ると、陸側には寂しげな感じの稚内空港が。
 まだ、航空機の着発が無い時間帯だったことも影響しているのかもしれない。
 一番早い札幌・丘珠からの便でも到着は11時前だったりする。
 
 なお、今回乗車したバスの路線は、この稚内空港には立ち寄らない。
 ターミナルとは反対側を通る国道を走行していることも影響しているのかもしれない。
 あくまでも、この系統は宗谷岬付近の集落と市街地とを結ぶ生活路線のようだった。
 確かに、稚内駅への帰りのバスの乗客の半数以上がシルバー層だった。
 
C1006a063
(車窓から稚内空港)
 
 
 
 そして、しばらく海沿いを走り、宗谷岬にたどり着く。
 まず、向かったのは、日本最北端の地の碑。
 国盗りやコロプラを始めたことにより、来ることが出来たのかなぁと思ってみたりする。
 乗りつぶしだけでは、なかなか駅から離れたこういう場所には来ないからなぁ...

C1006a064
(日本最北端の地の碑)
 
 
 さらに、その近くには、間宮林蔵の銅像も。
 その後ろに、かすかに見えるのが弁天島。
 宗谷岬から約1キロほどのにあり、あの場所が日本で実質的に最北端に当たるとのこと。

C1006a065
(間宮林蔵の銅像とその背後に弁天島)
 
 
 この付近には、サハリンなどの位置を示した石碑なども設置されていた。
 しかし、上の写真を見ても判るとおり、この日はあまり天気がよくなかった。
 ということで、せっかくの海辺もあまり遠くまで見渡すことが出来なかった。
 見えたと言えば、上の写真の弁天島ぐらいだろうか?
 
C1006a067
(とりあえず、宗谷海峡方面)
 
 
 
 そうこうしているうちに、帰りのバスの時刻が近づく。
 なんとなく「やり残した感」が強いまま、バス停へ。
 たぶんリベンジすることになるんだろうななんて思ってみたりした。 
 そして、その稚内方面に戻るバス停には、待合所(休憩所?)が設置されていた。

C1006a070
(稚内方面のバス停に設置されていた待合所)
 
 
 やって来たのは、往路に乗車したバスの折返し。
 宗谷岬の少し先にある大岬小学校で折り返してきたバスだった。
 このバスに乗車して、稚内駅に戻ることにした。
 
C1006a069
(ということで、帰りも同じバス)
 
 
(つづく)

北海道2日目:野寒布岬

  6月18日(金)
 
 北海道の旅 2日目。
 北防波堤ドームを見学後、次に目指したのは、野寒布岬。
 通常はカタカナで記載されていて、「ノシャップ岬」とのこと。
 根室市内にある北海道最東端の「納沙布岬」とはあくまでも別物。
 
 
 ということで、その岬に向かうため、稚内駅から少し歩いた稚内郵便局前のバス停へ。
 朝早い時間帯(といっても、7時台)は、稚内駅前から出るバスが無かったりする。
 そのバス停(駅前通バス停)に向かう途中にあった道路標識には、ロシア語の文字も。
 地域性とはいえ、ロシア語が書かれた標識って、独特だよなと感じた。

C1006a050
(バス停に向かう途中の道路標識)
 
 
 乗車したバスは、宗谷バスの路線タイプのもの。
 これから乗客を迎えに行くバスということなのか、ガラガラだった。
 10分ほどで、ノシャップ岬バス停の転回場に到着する。

C1006a051
(乗車してきたバスノシャップ岬バス停にて)
 
 
 なお、「バス停=岬の目の前」ではなく、あくまでもその近くという形だった。
 ということで、ここから徒歩で向かうことになる。
 その途中には水族館(稚内市立ノシャップ寒流水族館)もあったが、さすがに7時台。
 まだ人影はなかった。

C1006a052
(人影がなかった水族館。)
 
 
 そして、ノシャップ岬。
 晴れていれば、利尻富士が見えるらしいのだが...
 視界は数十メートルといったところ。何も見えなかったりする...orz
 何しに来たんだろうと思いつつ、「ノシャップ岬」と書かれた碑を撮影して戻ることに。

C1006a054
(ノシャップ岬...)
 
 
 ということで、転回場まで戻ると、ちょうど路線バスが発車するところだった。
 発車を待ってくれたので、そのバスに飛び乗り、稚内駅へ戻った。
 
 
(つづく)

沖縄本島を一気に北上

  9月13日(日)

 九州の旅4日目。
 ゆいレール・おもろまち駅前のDFSへ。
 ここは沖縄の免税店で、この建物内に各レンタカー会社のカウンターが並ぶ。

 で借りたレンタカーに乗り、沖縄本島最北端に位置する辺戸岬へ。
 辺戸岬から目と鼻の先に与論島があり、国盗りの「奄美」を対岸盗りするためだった。

 まず、「浦添」を盗ってから、西原ICから沖縄道を経由して名護市内の許田ICへ。
 しかし、ここから名護市内を抜け、辺戸岬までは一般道・国道58号線を通行する。
 名護市内で「名護・今帰仁」を盗り、名護市街を抜ける。

 しばらく走ると、宮城島辺りからきれいな海沿いが続く。
 そして、道の駅おおぎみで「国頭」盗りも成功し、さらに北上する。

 
 沖縄本島最北端の辺戸岬。
 確かに海の向こう側には与論島が。
 3月に訪れたマリンゲート多古鼻から見た隠岐より近くに感じた。

C0909a190
(対岸は与論島)

 もっとも、天候がよかったことも影響しているのかもしれないが...
 さっそく「奄美」盗りを。

 しかし、ネットで書かれていたトイレ裏ではダメ。
 与論島が見えるところでも盗れなかった。
 しかも、雨が降りだしダメかなと思っていたところで、対岸盗り成功。


 そして、来た道を戻ることに。
 途中、道の駅おおぎみに立ち寄る。

C0909a191
(道の駅おおぎみ)

 国道を挟んで、反対側は海水浴場。砂浜が広がっていた。

C0909a192
(道の駅おおぎみ付近にて)


 さらに南下し、許田ICから沖縄道へ。
 帰りは西原ICで降りず、そのまま南風原南ICへ向かった。
 ここで、ゆいレールでは盗れなかった「豊見城・糸満」を盗り、那覇市内へ。

 これで沖縄本島は全て盗ったことに。
 しかし、時間の都合で離島が残ってしまった。
 これで4日目の行程は終了。


(つづく)

室戸岬に到達

  8月24日(月)

 途中、食事をするために寄り道をしたものの、無事に室戸岬に到着。
 昨年訪れた襟裳岬が観光地化されていたのと比べ、何とも地味だった。

C0908a205
(室戸岬の標識)


 既にお昼は回ってしまっていて、次の甲浦岸壁行のバスまで、1時間弱。
 あまり余裕があるわけではないので、さっそく海岸に出てみた。
 それほど観光地化されていないということもあるのだろうけど、海岸自体も
どこを指して室戸岬なのか、少し判りづらかった。

C0908a206
(室戸岬...)

 せっかくなので、近づいてみる。
 岬と云うことで?岩場だった。

C0908a207
(海岸を...)


 とりあえず海岸を見たが、甲浦岸壁行バスが発車するまで、まだ40分あり、
このままブラブラしていても仕方が無いので、国道を挟んだ反対側にあった、
室戸岬観光案内所の展望台へ。
 構造は、3月に訪れたマリンパーク多古鼻の展望台を小さくしたような感じだった。

C0908a208
(観光案内所と展望台)

 入場は無料ということなので、早速上って展望台から太平洋を見渡す。

C0908a209
(展望台から国道と太平洋)

 展望台からの方が当然のことながら眺めがよかった。
 上手く写真に収めることが出来なかったが、紺色をした海がとても綺麗だった。

C0908a210
(展望台から太平洋)

 そして、この展望台で、スクーターで日本一周しているという方に出会う。
 こちらの国盗り・城めぐりの旅のレベルとは格段の違いだった。
 なんだかすごく気合いが入っているなぁと感心してしまう。

C0908a211
湘南爺遊人さんのスクーター)


 ここまで、見学したところで時間切れ。 
 バス停に向かおうとすると、展望台の近くの一段高いところに中岡慎太郎の
銅像が建てられていた、中岡慎太郎といえば、前の記事でも書いているが、
土佐くろしお鉄道の「しんたろう号」の「しんたろう」だ。
 その中岡慎太郎の銅像は、太平洋に向かって建てられていた。

C0908a212
(室戸岬に建てられた。中岡慎太郎の銅像)

 そのずっと先にある、桂浜の坂本龍馬像を向いているとのこと。

 それから数分後。
 やって来た甲浦岸壁行バスに揺られることになる。

(つづく)

◆関連記事(岬関係)
 2008年9月の襟裳岬(しっかり観光)
 2009年7月の白神岬(松前行バスで通過)
 

路線バスで松前城を目指す

  7月20日(月)

 青函トンネルを抜け、北海道に渡り、木古内で下車。
 ここからバスに乗り換え、松前を目指す。

C0907a123
(木古内駅駅舎)

 今回の国盗り合戦のキャンペーン「決戦!関ヶ原」では、
北海道は松前と静内の2カ所が指定されていた。
 今回はそのうちの松前を拾いに行くことにした。

 松前を目指すため、木古内駅から松前バスターミナル行のバスに乗車する。
 運行しているのは函館バス
 ただ、同社のHP上では、函館市内の路線は大々的に出ているのだが、
その他の路線(松前、江差など)については、ほとんど取り上げられておらず、
その運行実態がいまいちわからない路線だった。

C0907a124
(松前バスターミナル行。木古内駅前で撮影)

 なお、津軽海峡線が開通する1988年(昭和63年)までは、松前線が営業して
いたため、松前まで列車で向かうことが出来たのだが...
 今となっては、函館バスの路線バスを利用するしか手段はない。
 
 発車を待っていると、松前と函館を結ぶ、快速松前号がやってくる。
 なんとなく乗り心地がよさそうなバスだった。
 松前号は看板バスということで、幾分いい車両が使用されているのかもしれない。
 なお、車体広告は福島町にある「横綱の里」。
 ただし、このバスも、函館バスのHPでは全くと言っていいほど記載がない。
 
C0907a125
(木古内駅前に停車中の松前号)

 
 木古内を発車すると、海岸線を南下し知内町に入り、一旦内陸部を進んでいく。
 やがて、津軽海峡線の高架橋が見えてくると、知内駅。

C0907a126
(バスの車内から、津軽海峡線の高架橋を)

 知内から先は峠越え。
 緩やかながらもアップダウンはあった。
 
 峠を越え、福島町。
 福島町立青函トンネル記念館の脇を通過する。
 なお、この福島町は千代の富士の出身地ということで、横綱の里を銘打って、
横綱記念館なるものもあるそうだ。そういえば、木古内で撮影した松前号の
車体にも...
 
 そして、吉岡漁港付近からは、再び海沿いへ。
 対岸の本州もよく見えてくる。
 前日とはうって変わっていい天気になったようだ。

C0907a127
(吉岡漁港付近。車窓から)

 松前町に入り、白神岬。
 本州が本当によく見える。
 それもそのはず。国盗りの方は「北津軽郡中津軽町」の電波を拾っていたり...
 とすれば、対岸盗りも出来なくなかったということだったのか?
 ただし、竜飛岬を訪れるのは、松前を訪れるのと同じぐらい大変なようにも思う。

C0907a128
(白神岬付近。車窓から)

 そして、白神岬から少し行った横潤バス停でようやく福山館を拾う。
 これで、今回のバス旅行の目的は果たしたので、あっさり引き返したいなと
思いつつ、松前バスターミナルへ向かった。

 なお、このあと、バスターミナルに到着する手前で、松前線の遺構とおぼしき
橋脚の跡などがあった。旅に出る前に廃線跡についてしっかりリサーチすれば
よかったかなと思った。

 松前の街の中に入り、松前城近くを通ったので、バスの中から撮影する。
 本来であれば、ここで下車して見学したかったのだが、後の行程を考えると
下車するわけにもいかなかった。

C0907a129
(車内から松前城)
 
 そして、1時間40分ほどで松前バスターミナルに到着。
 長いバス旅だった。

 それにしても、同じ目的の人がいてもおかしくないような気はしたが...
 さすがに連休とはいえ、ここまで足を伸ばすのは物好きなのだろうか?

 
(つづく)

青春18きっぷ2日目~襟裳岬

 折り返して苫小牧に帰らなくてはいけないのだが、それに間に合うのは、
1時間後に広尾からやって来るバス。あまりのんびりしている時間は無い。
 しかも、この時間で昼食を取らないと、苫小牧に到着する18時頃まで
食事にありつけないことになる。


 早速、周辺探索を開始する。
 まず灯台。犬吠埼(銚子市)とは異なり、内部の公開などはされていなかった。

C0809h065
(襟裳岬灯台)


 そして岬。
 この日は天気がよかったせいか、風も強くなかった。
 前の記事に書いた森進一。同名の異なる歌を島倉千代子も唄ったそうで、
岬に向かう途中に仲良く歌碑が建てられていた。

C0809h066
(襟裳岬の歌碑。左が森進一、右が島倉千代子。)


 岬の展望スペースに行ってみると、北海道を逆にした図が書かれた石碑が。
 確かにここから見れば、逆向きが正しいのかなと感じた。

C0809h068
(襟裳岬が上に書かれた地図の石碑)

 そして、襟裳岬と判る看板を撮影。

C0809h069
(襟裳岬)


 なお、この襟裳岬には風の館という、後輩Oくんがおすすめの施設もあったが、
今回は時間の都合でパスし昼食を取ることに。ここで食べなければ、苫小牧まで
食事にありつけない可能性が高かったからだ。
 ただ、昼食を選択するに辺り、襟裳岬名物という決定打が何処にもなかったため、
土産物店に併設されていた食堂に入り、いくら丼を食べることにした。味噌ラーメンの
値段と対比すれば、この程度かなと言う量だった。

C0809h072
(昼食はいくら丼)

 量が多くないことが丁度よかったのかもしれない。このあと4時間揺られるのだから...
 食べ終えたところで時計を見たら、バスの時間まであと20分弱。
 土産物店を見て時間をつぶした。


 様似駅に向かう帰りのバス。
 さすがに広尾から来たバスは、中長距離タイプの大型バスだった。

C0809h073
(様似営業所行きのバス)

 様似まで戻る約40分間。
 車窓から広がる海を眺めつつ、次回ここを訪れるのはいつになるのだろう?
なんて考えていた。いずれにせよ襟裳岬を訪れるとしたら、1日掛かりの大仕事
って感じの行程になるのだろう。苫小牧に戻るとしても、広尾に抜けるにしても...

 そしてえりも駅。
 鉄道の駅ではないが、待合室が完備されていた。

C0809h074
(えりも駅待合室)
 

その他のカテゴリー

| 185系 | PC:VAIO | PC:周辺機器など | エキナカ | ココログ関連 | コロプラ | コンテナ | デジカメ | ドライブ | ネット系 | バスコレなど | バス:夜行バス | バス:定期観光 | バス:路線バス | バス:高速バス | パソコン | ユニクロ | 写真(風景) | 列車:JT | 列車:SL | 列車:客車 | 国盗り合戦 | 工場見学 | 旅行・地域 | 旅:北急詣 | 旅:岬めぐり | 日々のこと | 時事ネタ | 時刻表 | 海外 | 空港 | 船旅 | 記事更新のお知らせ | 鉄道 | 鉄道模型 | 鉄道記事 | 鉄道:上信 | 鉄道:上信・上毛・わたらせ | 鉄道:京急・京成 | 鉄道:京王 | 鉄道:公営鉄道 | 鉄道:北越急行 | 鉄道:名鉄・豊鉄 | 鉄道:小田急 | 鉄道:新交通 | 鉄道:東京メトロ・都交通局 | 鉄道:東急 | 鉄道:西武・東武・秩父 | 鉄道:路面電車 | 鉄道:銚子電鉄 | 鉄道:長電 | 鉄道:3セク | 鉄道:JR九 | 鉄道:JR北 | 鉄道:JR四 | 鉄道:JR東 | 鉄道:JR海 | 鉄道:JR西 | 鉄道:JR貨 | 鉄:イベント | 鉄:中部 | 鉄:九州 | 鉄:保存車両 | 鉄:北海道 | 鉄:北陸 | 鉄:博物館など | 鉄:四国 | 鉄:山陽山陰 | 鉄:新幹線 | 鉄:東北 | 鉄:甲信越 | 鉄:関東 | 鉄:関西 | 雪山 | 青春18 | 音楽:CDなど | 音楽:CMソング | 飛行機 | 食べもの | 食:そば・うどん | 食:駅弁 | | 駅舎 | 駅:土合&土樽 | 高速道路 | iPod