2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

北へ'13冬 SL冬の湿原号を撮影①

 2013.1.27(日)
 
 
 北の旅、2日目。
 網走の方は天気があまり良くないと言っていたが、釧路は至って順調だった。
 窓の外を見て、晴れ渡っているのを確認し、ホッとする。
 そして、前日は運休となった「SL冬の湿原号」もこの日は運転するとのこと。
 
C1301276430lm4c
(宿の部屋から...)
 
 
 
 ということで、まずは国道391号線を北上して、塘路駅付近へ。
 クチョロ原野塘路線(道道1060号線)の踏切付近で、快速「しれとこ」を撮影する。
 キハ54の単行が雪を巻き上げやって来る。
 
C1301276457lm4c
(快速「しれとこ」)
 
 
 快速「しれとこ」を撮影後、列車が来るまで時間があり、塘路駅へ。
 これからSL撮影に出掛けそうな人が多数訪れていた。
 
C1301276464lm4c
(塘路駅駅舎)
 

続きを読む "北へ'13冬 SL冬の湿原号を撮影①" »

北へ'13冬 根室本線で撮影①

 2013.1.26(土)
 
 
 年があけて、最初の長距離旅は北へ...
 いつも通り、後輩のO氏からお誘いが掛かる。
 そのO氏。北海道に行き慣れていることもあり、いつも通り頼ることにした。
 そして今回は、旅の日程を「SL冬の湿原号」が重連運転日にあわせることにした。
 しかしながら、C11 207の車輪に不具合があるとのことで、C11 171の単独運転になったりと、
 旅立ち前から波乱を予感が...
 
 
 
 ということで、当日。
 少し早起きをして羽田空港を目指す。
 その途中、浜松町で185系の普通列車を撮影。
 既に高崎線系統では消滅した列車種別。
 普通列車にグリーン車が導入されたことで、こういう運用は徐々に減っていくのだろう。
 
C1301266244lm4c
(浜松町にて)
 
 
 そんな朝練をした後、羽田空港へ。
 今回は、道東メインの行程となるため、釧路行きの便に搭乗した。
 機体は、エアバスA320-200(機体番号JA8390)。
 エアバス機というと、シンガポールに向かう際に搭乗したA380以来。
 あまり縁がないというか、運用されている路線に乗らないだけということか...  
 
C13012615507lm4b
(窓から見えたのは、ポケモンだった...)
 
 

続きを読む "北へ'13冬 根室本線で撮影①" »

木曽福島へ②(八ヶ岳高原列車と元気甲斐)

 2012.5.12(土)
 
 野辺山駅前のC56を見学後、野辺山から乗車したのは「八ヶ岳高原列車」。
 小淵沢と野辺山を結ぶ臨時列車で上下4往復設定されており、土曜・休日運転とのこと。
 この列車が運転されていたことから、野辺山駅で途中下車することが出来た。
 
 さっそく入場し、列車を撮影する。
 車両は、他の列車と同様に、キハ110を使用している(2両編成)。
 
C1205a0511 
(八ヶ岳高原列車)
 
 
 助士側の窓の上部には、小さいながらも列車名を表示していた。
 ささやかながら、列車名をアピールしているようだった。
 
C1205a0512
(前面・助士側上部の列車名表示)
 
 
 
 今回乗車したのは、土曜日の午前中かつ清里や野辺山に向かう観光客とは逆方向の
せいなのか、乗客は数人のみだった。もっとも、回送として小淵沢に戻ってもおかしくない
列車であり、営業運転されていることが逆にラッキーだったのかもしれない...
 
 
 野辺山を発車すると数分で「JR鉄道最高地点」を通過する。
 車窓から確認できる大きな柱が立てられており、これを撮影。
 これとは別に記念碑も存在しているとのこと。
 一度は現地を訪れてみたいと思っているが...
 
C1205a0513
(JR鉄道最高地点にある柱)
 
 
 最高地点を越え、清里。
 ここで小諸行きの待ち合わせ。こちらが臨時列車ということで、小諸行きを待つ。
 ただ、停車時間は数分と、途中下車する程の時間はなかった。
 ということで、ホーム上から、駅舎脇に展示されている「C56 149」を撮影する。
 
C1205a0514
(清里駅ホームから「C56 149」)
 
 

続きを読む "木曽福島へ②(八ヶ岳高原列車と元気甲斐)" »

木曽福島へ①(小海線で野辺山へ)

 2012.5.12(土)


 ゴールデンウィークの翌週。とある目的を果たすため、木曽福島へ。
 長野新幹線~篠ノ井線~中央西線経由で向かうのが一番スムーズだった。
 しかし、昼のうちに到着できれば目的を果たすことが出来ることがわかったため、
 あえて小海線を利用して、小淵沢回りで向かうことにした。
 
 
 スタートは佐久平駅。
 小海線の列車を待つ間、長野新幹線「あさま」が通過していく。
 小海線ホームから狙ってみることに。
 手前が駐車場、背後にパチンコ店と思しき建物と、なんとなく残念な結果に。
 
C1205a0501 
(佐久平駅・小海線ホームから)
 
 
 佐久平から乗車したのは、小淵沢行。
 小海線営業所がある中込から、ワンマン列車になる。
 おそらく、中込までは通勤・通学時間帯ということで、車掌が乗務していたようだ。
 
 
C1205a0502
(佐久平駅にて)
 
 
 
 途中、八千穂で小諸行を待ち合わせる。
 停車時間が数分あったのは、ワンマン列車に変わった中込の他、途中下車した
野辺山までの間、八千穂だけだった。データイムは運転本数が少ないこともあり、
行き違いの停車はあまりないようだ。
 
C1205a0503
(八千穂にて)
 
  

続きを読む "木曽福島へ①(小海線で野辺山へ)" »

11春 長電(5) 湯田中駅へ

 2011.5.15(日)

 電車の撮影を終え、湯田中駅へ。
 湯田中を訪れるのは久しぶりだった。
 草津方面から志賀高原を抜けてドライブした際に訪れて以来で、数年ぶり。
 その湯田中駅の駅舎はなんとなくくたびれた感じがする。
 せめて、駅名がしっかり表示されていればいいのだが...
 志賀高原への玄関口としては少々寂しい気もした。

C1105a229
(湯田中駅駅舎)
 
 
 隣には、長電バスの営業所。
 志賀高原への玄関口ということで、窓口もしっかり設置されていた。
 そして、ちょうど奥志賀高原に向かうバスが発車するところだった。

C1105a230
(長電バスの駅舎と奥志賀高原行バス)
 
 さらに、その奥には出番を待つバスが留め置かれていた。
 そして、関西方面に向かう夜行バスで使用される南海車も一緒に...
 
C1105a231
(湯田中営業所にて)
 
 
 
 なお、湯田中駅の裏には、日帰り温泉施設の「楓の湯」(山ノ内町のHP)がある。
 施設の向かいに足湯もあるが、一日駆け回ったんだし、せっかくだから浸かって行こうと。
 ということで、短い時間ではあったが、ゆっくりすることが出来た。

C1105a232
(楓の湯とその前にある足湯)
 
 
 この後、小布施の街に立ち寄り、お土産を購入したりして帰途についた。
 その小布施。街中をふらついていると、NAGADEN EXPRESSのバス停も。
 小布施は駅前ではなく、街中で乗降するのかなんて観察した。
 
C1105a235
(NAGADEN EXPRESSのバス停)
 
 
 意外なきっかけから、2000系D編成の活躍を撮影することが出来た。
 もう一度ぐらい真昼の時間帯に走って欲しいと思うのだが...
 
 

11GW(23) 新栃木へ

 2011.5.8(日)
  
 新大平下~栃木間での撮影後、目的もないまま新栃木駅へ。
 とりあえず、いつも通りではあるが、駅舎を撮影する。
 ただ、今回は車での移動だったので、長居することは出来なかった。
 
110508024
 
 
 このあと、東武日光線と東武宇都宮線の分岐近くにある留置線へ。
 入口の門柱には「南栗橋車両管区新栃木出張所」と。
 ちなみに以前は、新栃木検修区を名乗っていたとのこと。
 敷地外から内部を見ると、奥のほうに直通運転を行なう253系が留め置かれていた。
 本来であれば、既に営業開始していた時期であったのだが...
 
110508026
 
 
 せっかくなので、反対側の陸橋上からも。
 隣には350系が並んで留め置かれていた。
 
110508031
  
 
 
 なお、先述の通り、この出張所付近は東武宇都宮線が走っている。
 そして、検車区近くの畑に菜の花が咲いていたので、東武宇都宮線の電車とともに...
 
110508027
 
 
 と、新栃木での撮影はここまで。
 少し北上してみることにした。
 
 
(つづく)

11GW(10) EL重連レトロみなかみ号(復路)を撮影

 2011.5.1(日)
 
 ゴールデンウィーク3日目の撮影、午後の部。
 別の列車で来ていた後輩のO君と合流し、上牧へ向かった。

C1105a007
(上牧駅駅舎)
 
 
 このところよく訪れる撮影ポイントへ。
 ただ、上牧駅で上の写真(駅舎)を撮影して、ゆっくりしていたため、
ポイント到着直前、臨時特急「水上4号」に逃げられてしまう。

 ということで、このポイントで撮影したのは、「EL重連レトロみなかみ号」の復路のみ。
 その復路は、EF64 1001が先頭に立つ。

C1105a008
(「EL重連レトロみなかみ号」)
 
 
 なお、このポイントから北の方角を見ると、まだ雪が残る谷川岳が...
 谷川岳を背景に入れた写真を撮ってみたいなと思ったりしたが...

C1105a009
(上牧~水上間から谷川岳)
 
 
 この日の撮影はここまで。
 3日連続で出歩き、さすがに疲れたのか、素直に帰宅した。
 
 

11GW(3) 下仁田駅にて

 2011.4.29(金)

 ゴールデンウィーク1日目。
 富岡市内を経由して目指したのは下仁田の街。
 一緒に出掛けたOくんのリクエストで、昼食は下仁田のかつ丼を食べる予定だった。
 なお、前の記事でも書いているが、上信電鉄ではデキ復活の記念列車が運行されていた。
 その記念列車の目的地は下仁田駅。ということで、下仁田駅に向かった。
 
 
 下仁田駅南側から、下仁田駅で発車を待つデキなどを撮影する。
 デキの隣には、マンナンライフのラッピング車(クモハ155-クモハ156)も留置されていた。
 おそらく、データイムは下仁田で昼寝と言うことなのだろう。

C1104a812
(「マンナンライフ」ラッピング車とデキ)
 
 
 さらに構内の踏切から駅方向を撮影してみる。
 上の写真のラッピング車の他、日野自動車のラッピング電車も昼寝中。
 なお、駅の向こうには、少し高い山がそびえていた。
 上信電鉄の社名は上州と信州を結ぶ鉄道と言うことで命名された。
 しかし、その高い山により下仁田が終点のまま、現在に至っている。
 このような壮大な構想を持った中小私鉄は、他にもあるようだ。

C1104a813
(構内踏切から下仁田駅を望む)
 
 
 
 と、ここまで来たのだから、デキの記念列車の復路も撮影しようと言うことに。
 ただ、発車時刻まで少し時間があったので、下仁田駅の駅舎などを見に行く。
 その駅舎内は、記念列車に乗車してきた人なのか、弁当を食べている人の姿も。
 いつもより利用客が多いのかななんて思ったりもした。

C1104a814
(下仁田駅駅舎)
 
 
 このあと、デキの記念列車を撮影すべく、少し高崎方に戻ることにした。
 
 
(つづく)

11冬 長電(5) 屋代線松代駅へ

 2011. 2.11(金)
 
 2000系撮影の後、訪れたのは屋代線の松代駅。
 屋代線というと、利用客減少に伴う収支が改善されない状況が続いていた。
 地元では活性化の協議を進めていたようだったが、結局廃止の方向で進む。
 そして、訪れた1ヶ月後、平成23年度末をもって廃止する旨の届出を行った。
 ただ、今回は時間の都合で乗車することが出来ないので、撮影のみとなった。
 
 まずは駅舎から。
 趣がある少し古い駅舎。
 
C1102a224
(松代駅駅舎)
 
 
 駅舎の脇には、同様「汽車ポッポ」の歌碑が。
 wikipediaによれば、この歌の作曲家「草川 信」の出身地が松代とのこと。
 
C1102a225
(「汽車ポッポ」の歌碑)
 
 
 入場券を購入し、駅の中に入ってみることにした。
 ホームを見回すと、ちょっと不思議な番線表示に気がつく。
 たいていは、駅の本屋(駅舎)側が1番線となるが、なぜか本屋側が3番線。
 そして、駅舎の向かいにある島式ホームが、1・2番線となっていた。
  
C1102a226
(1・2番ホーム)
 
 
 また、やって来た電車を撮影しようとして、別のことに気がつく。
 というのも、午前中撮影した柳原駅など、左側通行となっている。
 しかし、この駅は逆の右側通行になっていた。
 ということで、3番線にやって来たのは、須坂行の電車。
 
C1102a227
(O5編成の須坂行)
  
 
 そして、屋代行。
 こちらも 3500系2両編成だった。
 
C1102a228
(O6編成の屋代行)
 
  
 雪の中の松代駅に電車が来るのは、次の冬が最後になるんだなと。
 経営が成り立たない以上、廃止になるはやむを得ないのかもしれない。
 ただ、鉄道路線は一度廃止すると、そう簡単には復活することは出来ない。
 そう考えると、このまま廃止になってしまうのは惜しい気もするのだが...
 そんなことを思いつつ、この日の撮影を終えた。
 
 
※2011.6執筆

岩原にて①ほくほく十日町雪まつり号

 2011.2.19(土)

 越後湯沢から乗車した普通列車で目指したのは、お隣の岩原スキー場前駅。
 お昼時ということもあり、下車したのは数人だけだった。

C1102a057
(岩原スキー場前駅)


 せっかくなので、雪景色で撮影したいと思い、今回の目的地となった。
 なお、周りは雪が積もっていたが、思っていた以上に道路は除雪が進んでいた。
 そのため、撮影ポイント近くまで普通に歩いていくことが出来た。
 ポイントに向かっている最中に、下り列車が走り去っていく。
 もう少し早く到着できていれば、間に合ったのかもしれないが...

C1102a058
(走り去ってゆく下り普通列車)
 

 で、今回のポイントは、雪の上。
 最初に訪れた人がポイントまでの雪を踏み固めてくれてはいた。
 しかし、気を抜くと一気に膝ぐらいまで埋もれてしまう状態だった。
 もっとも、積雪量を考慮すれば、当たり前なのかもしれないが...
 到着すると先客がおり、さらに三脚も数本置かれていた。
 
 
 それから約1時間程。
 雪国とは思えない陽射しの強さで、2月とは思えない暖かさだった。

C1102a059
(1時間ほど列車を待つ...)
 
 
 お目当ての臨時特急「ほくほく十日町雪まつり」号。
 昨年は485系新潟車・T18編成が充当されたが、今年は183系大宮車。
 しかも、ステッカーながら、絵入りのヘッドマークが付けられていた。
 光線状態もよかったが、直前でシャッターが切れない状態になってしまう。
 ということで、残念ながら引き付けることはできなかった。
 しかもピントも甘かったりする...

C1102a060
(ほくほく十日町雪まつり号。拡大しません...)
 
 
 このあと、もう少しこのポイントに留まることにした。
 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

| 185系 | PC:VAIO | PC:周辺機器など | エキナカ | ココログ関連 | コロプラ | コンテナ | デジカメ | ドライブ | ネット系 | バスコレなど | バス:夜行バス | バス:定期観光 | バス:路線バス | バス:高速バス | パソコン | ユニクロ | 写真(風景) | 列車:JT | 列車:SL | 列車:客車 | 国盗り合戦 | 工場見学 | 旅行・地域 | 旅:北急詣 | 旅:岬めぐり | 日々のこと | 時事ネタ | 時刻表 | 海外 | 空港 | 船旅 | 記事更新のお知らせ | 鉄道 | 鉄道模型 | 鉄道記事 | 鉄道:上信 | 鉄道:上信・上毛・わたらせ | 鉄道:京急・京成 | 鉄道:京王 | 鉄道:公営鉄道 | 鉄道:北越急行 | 鉄道:名鉄・豊鉄 | 鉄道:小田急 | 鉄道:新交通 | 鉄道:東京メトロ・都交通局 | 鉄道:東急 | 鉄道:西武・東武・秩父 | 鉄道:路面電車 | 鉄道:銚子電鉄 | 鉄道:長電 | 鉄道:3セク | 鉄道:JR九 | 鉄道:JR北 | 鉄道:JR四 | 鉄道:JR東 | 鉄道:JR海 | 鉄道:JR西 | 鉄道:JR貨 | 鉄:イベント | 鉄:中部 | 鉄:九州 | 鉄:保存車両 | 鉄:北海道 | 鉄:北陸 | 鉄:博物館など | 鉄:四国 | 鉄:山陽山陰 | 鉄:新幹線 | 鉄:東北 | 鉄:甲信越 | 鉄:関東 | 鉄:関西 | 雪山 | 青春18 | 音楽:CDなど | 音楽:CMソング | 飛行機 | 食べもの | 食:そば・うどん | 食:駅弁 | | 駅舎 | 駅:土合&土樽 | 高速道路 | iPod