2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

札幌市内の国盗りへ

 北海道の話の続きを...
~~~~~~~~~~~~~~~
  6月17日(木)

 北海道の旅 1日目。 
 留萌本線乗りつぶしの旅を終え、一旦札幌に戻る。
 札幌駅構内の「北海道そば 蕎麦紀行」で夕食を。
 道内各地のそばの産地のものを出しているとのことで、この日は「岩見沢産」。
 なんとなく冷たいものを食べたいなということで「冷やしたぬき」を。

C1006a029
(冷やしたぬき)
 
 
 と、北海道産のそばを食べたところで、札幌市内の国盗り未踏破箇所に向かう。
 今回盗るのは、札幌市営地下鉄沿線の「豊平」と「真駒内・定山渓」。
 ただ、せっかくなのでと、乗りつぶしと国盗りを兼ねて南北線の乗りつぶしへ。
 まず、北に向かい麻生。「あざぶ」ではなく「あさぶ」と読むそうだ。

C1006a030
(麻生駅改札口)
 
 
 乗ってきた電車に乗車して、真駒内に向かう。
 札幌や大通では混み合うものの、終点真駒内に近づくと乗客もまばらに。
 給料日前の木曜日ということで、21時を回ればということなのかも。
 途中の南平岸で「豊平」を、終点の真駒内で「真駒内・定山渓」を盗る。
 これで、札幌市内の国盗りはすべて終了したことに...

C1006a031
(真駒内駅にて)
 
 
 ということで、乗りつぶしと国盗りの両方の目的を達成したところで、札幌市内へ。
 ここから次の目的地へ。この日の旅はまだ終わらなかったりする...
 
 
(つづく)

コロ旅:矢場とんで小休止

  4月11日(日)
 
 名鉄の「まる乗り1DAYフリーきっぷ」の旅。
 一旦終了し、名古屋市内で所用を済ます。
 その所用も実は、大須の某模型店
 当然のことながら、ここで売られている塗料を購入するため。
 最近36番に出くわさず、ある目的のものが作れないため探していた。

 そんな某模型店が開店するまで時間があり、数箇所を巡ることに。
 まず訪れたのは八事。ここでようやく地下鉄分の運賃を精算する。
 金額を聞いて、地下鉄乗り放題のドニチエコきっぷ(600円)を購入しておけばと...。
 ここでコロプラのお土産を拾う。

 そして、鶴舞線で上前津へ。
 某模型店からもそう遠くなく、その途中にはみそカツの「矢場とん」の本店が。
 ここで、昼食を食べてから向かうことにした。
 まだ昼前だったので、並ぶことなく店にはいることが出来た。
 それにしても、流れ作業っぷりが、しっかりしているなぁと。

C1004a169
(矢場とんのみそカツ)

 こんな感じで昼食を摂り、腹を満たす。
 そして、ここからほど近い某模型店へ。
 36番を入手したところで、帰途につくため名古屋駅へ。
 ただ、素直には帰らなかったりして...
 
 
(つづく)

土佐電ではりまや橋へ

  8月24日(月)
 
 四国入りして2日目となったこの日。
 最初の目的地は、高知市の観光名所である桂浜。
 桂浜の近くに「決戦!関ヶ原」のポイントである浦戸城趾があるとのこと。
 その、桂浜に行くバスは、はりまや橋電停近くの堺町というバス停から
路線バスを利用することになる。

 短い区間ではあったが、せっかくなので土佐電に乗車してみることに。
 高知駅前から乗車したのは、202。

C0908a171
(高知駅前から乗車した桟橋通五丁目行)

 この200形は、1950年に製造され、都電6000形のコピー車とのこと(Wikipedia参照)。
 確かに云われてみると、そんな感じはしなくもなかった。


 乗車すると、車内にはICカードの宣伝が出ていたので、早速購入する。
 デポジットの500円分を含んで2000円とのこと。
 土佐電だけでなく、このあと利用することになる高知県交通のバスでも
利用できるとのことで、小銭を用意しておかなくて済むことも、今回購入
する理由となった。
 ちなみに。このICカードの名称は「ですか」。
 名称は電車の「で」、バスの「す」、カードの「か」から取ったものとのこと。
 スイカとかイコカの頃はよかったが、後発になるにつれて、かぶらないよう
命名するのって、結構大変なんだろうなと思ってしまった。


 そして予定通り、桂浜に向かうバスに乗り継ぐため、はりまや橋で下車した。

C0908a172
(乗車してきた202と、後免行631。はりまや橋電停にて)
 
(つづく)

仙台市営地下鉄で国盗りへ

  6月20日(土)

 仙台で下車して、市営地下鉄に乗り継ぐ。
 今度は、国盗りの「泉」を盗りに、泉中央を目指す。

 ここは仙台関係では唯一JRから盗りにくいところ。
 せっかく時間があり、仙台の地下鉄は一度も利用したことが無かったため、
終点の泉中央へ向かうことにした。
 ただ、仙台の地下鉄について全く知識がなかったため、乗り場が何処なのかすら
全くわからず、たどり着いてJRの駅から意外と離れているを知ることに。

 なんとか地下鉄に乗車し、泉中央を目指す。
 黒松付近で地下から地上へ。しかも高架だったりする。
 そして、八乙女で「泉」が盗ることが出来たが、乗りつぶしを兼ねているので、
そのまま、終点の泉中央へ。
 

 泉中央。
 地下構造のホームに到着する。
 折り返すため、切符を買っている間に乗車してきた電車に逃げられてしまう。
 仕方がないので、1本後の電車で帰ることにした。

C0906a136
(泉中央駅に進入する1602)

 
 帰りに乗車したのは1102。
 運転室との仕切板の上には、ローレル賞受賞のプレートが取り付けられていた。

C0906a137
(乗車した1102。ローレル賞のプレートが)

 一本待っても、たまにはいいこともあるもんだなと思いつつ、仙台に戻った。

 
 仙台に到着後、少し遅めの昼食を摂ることに。
 今回は駅内の利久で牛たん丼を食べ、このあと乗り継ぐ列車に備えた。

C0906a138
(利久で食べた牛たん丼)

 
(つづく)

京都の地下鉄で国盗り

  4月 1日(水)

 新大阪から新快速で京都に到着し、そのまま京都市営地下鉄烏丸線へ。
 京都市内において、JRでは盗ることが出来ない、国盗り合戦の「洛北」(丸太町駅付近)と
「左京・大原」(北山駅付近)を盗りに向かう。
 なお、この日の宿は、同じ烏丸線の四条駅近く。翌日の行程を考えて、京都駅から近い
ところに宿を確保していた。せっかくなので、終点の国際会館まで乗りつぶすことにした。
 なお、京都市営地下鉄では手持ちのSuicaが使えないので、スルッとKANSAI都カードを
券売機で購入し、駅内に入場した。

 乗車したのは国際会館行。車両は京都市交通局の10系だった。
 アルミ合金製の車体のため、車体は銀色。そして車体上部に緑色の帯を巻いている。
 進入してきた電車には、なにやらヘッドマークが取り付けられていたが確認できなかった。

 20分弱の乗車で終点の国際会館に到着。国盗りの方も予定通り盗ることが出来た。
 当初はここで少し時間をおいて折り返す予定だったが、さすがに21時を回り翌日の予定も
あるので、一旦改札を出て再び入場する。

 ホームに降りると、国際会館まで乗車してきた電車に間に合ったので、京都駅で気づいた
ヘッドマークを撮影することに。「京・春らんまん」と書かれたものが取り付けられていた。

C0904a044
(ヘッドマークを付けた京都市交10系電車)

 撮影後。この日の宿の最寄り駅である四条駅まで乗車。
 到着したのは21時半。ようやく国盗り合戦4月第1回戦の初日の行程が終了した。
 やはり、湖西線の徐行運転の影響が大きかった...
 

たまには「みかど」で...

  4月 1日(水)

 国盗り合戦の旅4月編第1弾・その4。
 「渥美」(三河田原)、「豊田」(三河豊田)、「足助・香嵐渓」(猿投)と、今回の旅の第1の目的を
果たしたところで、猿投駅へ。
 猿投駅には検車区が隣接されていて、昨年運用離脱した7000系も留置されていた。

C0904a017
(猿投に留置されていた7000系)

 乗車したのは知立行。7700系2両編成。
 車内はクロスシートとロングシートが混在し、ある意味では乗り得のようにも思えたが、
既にくたびれているところを見ると、果たして乗り得だろうかと少し迷うところではあった。

C0904a018
(猿投から乗車した知立行・7700系)

 猿投から3駅目の梅坪で豊田線へ。
 ここで乗り換えると、一気に名古屋の近くまで行けると言うことで、今回の行程を組むにあたり
ネットでいろいろと検索したが、結局梅坪乗り継ぎ、名鉄豊田線~名古屋市営地下鉄鶴舞線で
伏見に出て、東山線に乗り換えるというルートが一番速かった。

 ということで、梅坪から乗車したのは上小田井行。
 名古屋市交通局の3000系だったが、こちらも何となくくたびれた感じだった。
 整備が行き届いていないわけではないのだろうけど...

 なお、この日は4月1日という事で入社式が多いのか、着慣れないスーツ姿の若者が多く、
車内は賑やかだった。
 40分ほどで伏見に到着。東山線に乗り継ぎ名古屋へ。猿投からちょうど1時間で到着した。
 
 この日はここまで食事を摂っていなかったので、次の列車まで乗り継ぎ待ち時間がある名古屋で
食事を摂ることにした。なお、このところ名古屋というと「矢場とん」「コメダ」の組み合わせが多かったが、
この日は東山線からあがってきたため、地下街にある喫茶店「みかど」を訪ねてみた。
 11時近くだったが空席があり、早速「あんかけパスタ」を注文する。
 「あんかけパスタ」というと名古屋の名物だとは知っていたが、今まで食べる機会がなかった。

C0904a019
(みかどのあんかけパスタ)

 で、実際に食べてみたところ、太い麺にあんが絡み初めての組み合わせだったが、
なんだか懐かしい味に感じられた。しかも空腹だったことも手伝って、あっという間に平らげてしまった。
 そして懲りずに、今度は「小倉トースト」も注文する。
 「小倉トースト」については以前、みかどで何度か食べたことがあり、是非もう一度と思っていた。

C0904a020
(みかどの小倉トースト)

 こちらもあっさり完食。
 しっかり腹を満たしたところで次の目的地に向かうため、今度はJRの名古屋駅に向かった。
 

東山線で藤が丘へ

 再び、10月の旅の続きを...
~~~~~~~~~~~~~~~
 10月19日(日)

 旅行最終日。
 既に乗り放題きっぷは使い切っているので、名古屋近郊の私鉄に乗車することに。

 まず乗車したのは、高畑と藤が丘を結ぶ名古屋市営地下鉄東山線。
 3年前、愛・地球博を見学に訪れた際に乗車していた。
 それ以来ご無沙汰だったので、久しぶりに乗車することにした。

 当日。エスカのコメダ珈琲店でモーニングを食べてから、地下鉄乗り場へ。
 さすがに日曜日ということもあり、9時前だったが比較的空いていた。
 特に星ヶ丘を過ぎてからは、一車両あたり数名ずつしか乗車していなかった。
 また、一社を出ると地上区間へ。地下から出てくると差し込む光がとても眩しかった。

 藤が丘に到着。
 折角地上区間なので、電車の撮影を試みたが、来た電車は3本とも同じタイプだった。

0810w141
(藤が丘駅に進入する東山線)

 なお、上の写真でも判るとおり、高畑方は駅を出てすぐカーブになっているせいか、
渡り線が設けられていない。そのため、乗車してきた電車は一旦引き上げる。

0810w142
(到着した電車は一旦引き上げる)

 3年前と同じく、ここからリニモに乗り換えることに。
 

青春18きっぷ5日目~南平岸へ

 9月 8日(月)

 青春18きっぷ最後の目的地は、JRではなく札幌市営地下鉄の南平岸駅。
 ここは、昨年5月に訪れる予定で宿や航空券の手配をしていたが、職場で食べた
唐揚げ弁当で胃を痛めてしまい、直前回避していた。その後、旅は西を目指す旅や
北を目指しても津軽海峡を越えない旅が続いていた。
 なお、今回の旅に出る前、最終日の行程は南平岸だけと考えていたが、先述した
とおりSL夕張応援号の指定席券確保で、当初の予定では3日目に乗車するはず
だった札沼線と留萌本線は回避する格好になってしまった。しかしながら、札幌に
到着した前日の晩、道内時刻表で調べてみたら、新十津川往復と南平岸往復の
行程を組んでも、何とか新千歳に間に合うことが判明したため、駆け足で巡る形と
なったが、昨年5月に果たせなかった南平岸詣でを果たすことが出来た。


 当日。札幌から乗車した地下鉄南北線は、ゴムタイヤの地下鉄。加速が速いように
感じた。なお、目的地である南平岸の手前から地上に出てくる。この辺りは以前存在
した、定山渓鉄道の線路跡を利用しているとのこと。
 本当ならば終点の真駒内まで乗り通したかったが、そこまでの余裕は無かった。

C0809h220
(地下鉄南北線。南平岸駅にて)


 で、南平岸駅。
 以前は霊園前駅だったそうだ。

C0809h221
(南平岸駅駅舎)


 既にタイトルでネタばれしてる感があるが...
 この駅から徒歩数分の所にある北海道のTV局「HTB」へ。
 このところ地元のTV局でも放映している「水曜どうでしょう」が製作されたTV局。
 一度ぐらい訪れたいと思っていた。

C0809h222
(電柱に貼られた広告)

 HTBを目指して坂を上がっていくと、屋上にキャラクターの「onちゃん」が設置されて
いるので一目でわかる。

C0809h223
(屋上に設置されたonちゃん)

 程なく到着。さっそくエントランス部分に入って、展示物などを見学する。
 それにしても「水曜どうでしょう」が無ければ、一地方局がここまで脚光を浴びる
こともなかったのだろうと感じた。

C0809h224
(エントランスに展示?されていたonちゃん)

 そして、このonちゃんも水曜どうでしょうが無ければ、ここまで有名なゆるキャラには
ならなかったのかもしれない。


 ここに寄れば、当然もう一つ行く場所が。
 HTBの裏手にある平岸高台公園。
 「水曜どうでしょう」のオープニングを撮影していた公園。

C0809h225
(平岸高台公園)

 かなり駆け足になったが、最終日の最終目的地を巡礼?し、札幌へ。
 もう、さすがに寄り道している余裕は無い...
 

その他のカテゴリー

| 185系 | PC:VAIO | PC:周辺機器など | エキナカ | ココログ関連 | コロプラ | コンテナ | デジカメ | ドライブ | ネット系 | バスコレなど | バス:夜行バス | バス:定期観光 | バス:路線バス | バス:高速バス | パソコン | ユニクロ | 写真(風景) | 列車:JT | 列車:SL | 列車:客車 | 国盗り合戦 | 工場見学 | 旅行・地域 | 旅:北急詣 | 旅:岬めぐり | 日々のこと | 時事ネタ | 時刻表 | 海外 | 空港 | 船旅 | 記事更新のお知らせ | 鉄道 | 鉄道模型 | 鉄道記事 | 鉄道:上信 | 鉄道:上信・上毛・わたらせ | 鉄道:京急・京成 | 鉄道:京王 | 鉄道:公営鉄道 | 鉄道:北越急行 | 鉄道:名鉄・豊鉄 | 鉄道:小田急 | 鉄道:新交通 | 鉄道:東京メトロ・都交通局 | 鉄道:東急 | 鉄道:西武・東武・秩父 | 鉄道:路面電車 | 鉄道:銚子電鉄 | 鉄道:長電 | 鉄道:3セク | 鉄道:JR九 | 鉄道:JR北 | 鉄道:JR四 | 鉄道:JR東 | 鉄道:JR海 | 鉄道:JR西 | 鉄道:JR貨 | 鉄:イベント | 鉄:中部 | 鉄:九州 | 鉄:保存車両 | 鉄:北海道 | 鉄:北陸 | 鉄:博物館など | 鉄:四国 | 鉄:山陽山陰 | 鉄:新幹線 | 鉄:東北 | 鉄:甲信越 | 鉄:関東 | 鉄:関西 | 雪山 | 青春18 | 音楽:CDなど | 音楽:CMソング | 飛行機 | 食べもの | 食:そば・うどん | 食:駅弁 | | 駅舎 | 駅:土合&土樽 | 高速道路 | iPod