2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

平成23年3月ダイヤ改正など(1)

 
 平成23年3月に実施されるダイヤ改正について、南から順に...
 今更感があるものの、とりあえずプレスリリースを読んで感じたものを。
 
 
JR九州編
 
 (1) 九州新幹線開業
   まず、いよいよ九州新幹線が開業する。
   これで、1時間に1本ずつ、新大阪乗り入れも開始となるとのこと。
   乗り入れ先の山陽新幹線は、昭和50年3月の博多開業以来の区間延長に。
   新大阪以東には乗り入れないのが残念なところではあるが...
 
   また、九州島内の移動時間が大幅に短縮されることにもなる。
   最速列車では、博多~鹿児島中央間が79分と、東京~長野間といい勝負に。
   ところで、直通列車の名前は「みずほ」と「さくら」。
   一週前に運転を開始する東北新幹線の「はやぶさ」と、いい列車名は甦るなぁと。
   これに伴い、「つばめ」用の800系新幹線もロゴが変更になるそうだ。
 
   C1003a901
  (「つばめ」のロゴ)
 
 
 
 (2) 特急体系の一部見直し
   九州新幹線の開通により「リレーつばめ」の運転が終了する。
   捻出される787系が、他の特急に転用され、玉突きで485系の定期運行が終了。
   ダイヤ改正=「出会いと別れ」という図式はいつものこととはいえ、いよいよか。
   国鉄特急電車の花形だった485系電車も、いよいよ終焉が近づきあるのだろう。
   同じ改正で、JR西日本でも特急「雷鳥」が運行を終了するそうだし...
 
   C0909a077
   (特急「にちりん」。2009年9月、南宮崎駅で撮影)
 
 
   なお、特急街道だった、鹿児島本線の博多~鳥栖間も勢力図が変わる。
   今までは、「有明」や「リレーつばめ」が主力の一部だった。
   改正後は、佐賀への利便性向上のため「かもめ」「みどり」が増発されるとのこと。
   にしても、博多~佐賀間で1時間あたり最大3本とは、随分頑張った感じもする。
   もっとも、同区間は高速バスと争う区間だから、力を入れたのだろう。
   ということで、改正と同時に51キロ以上の在来線特急料金も見直しされるそうだ。
   (→プレスリリース)
 
   C1003a902
   (転用される787系)
 
 
   観光特急では、「指宿のたまて箱」「あそぼーい!」の運転開始が。
   すでに10月にプレスリリースはされていた列車。
   「指宿のたまて箱」は、鹿児島中央~指宿間を3往復運転する。
   データイムのみの運行となるが、少し欲張りな運行体制になっている。
   そのため、折返し時間で一番短いところでは、7分と忙しい。
   元々、特別快速「なのはなDX」として運行していた列車を格上げすることに。.
   1時間掛からない区間をわざわざ特急化する理由はあまり見当たらない。
   しかも使用する車両はキハ47。快速にキハ200を使用していることを考えると...
   観光特急ゆえ、足の速さは求めていないのだろうけど、またしてもキハ47が。
   昔の国鉄時代とやっていることが似ている気が。急行の格上げみたいな感じか?
   その車両のデザインは、内外ともに例によって水戸岡鋭治氏。
   またもや書棚が設置されるようで。どこかで見た気が。
   
   
   また、目立たないところでは、「ドリームにちりん」の廃止だろうか。
   九州島内では、唯一残存していた定期夜行列車も今回の改正で大分以南が廃止に。
   プレスリリースでは、大分~延岡間は利用が少ないと記載されていたが。
   なお、博多~宮崎間は夜行バスの設定もない。そのバスでも4時間弱。
   そう考えると、夜行を利用してまで向かうところではないと言うことなのだろうか...
   (京都発着では近鉄バス・宮崎交通の「おひさま号」はあるが...)
 
 
 (3) その他
   「リレーつばめ」廃止の救済として運行される快速「くまもとライナー」
   このところ、新幹線開業=並行在来線の第3セクター化という構図がよくあった。
   しかし今回は、JR九州が引き続き運行するだけでなく、快速列車の運行開始。
   運行区間は大牟田~熊本間ではあるが、上下ともに博多口の列車と接続するとのこと。
   今回の新幹線開業と直接関係しない沿線に対しても、利便性向上を図ったのだろう。
 
 
 
 この他でも、新幹線開業に伴う新作駅弁発売など、九州の鉄道は目が離せなそうだ。
 
 以上、JR九州のダイヤ改正を、思いつくまま書いてみた。
 JR西日本編に続く。
 
 

九州横断特急5号

  3月12日(金)

 「青春18きっぷの旅」あらため「コロプラ★乗り放題切符」 1日目。

 大分駅から乗車したのは、九州横断特急5号。
 車両はキハ185系2両編成。指定席は満席だった。

C1003a210
(九州横断特急5号。立野駅にて)

 この列車で今度は新八代を目指す。
 折角なら座っていきたいと思い、大分駅で立野までの指定券を購入しておいた。
 立野までになったのは、その先は空席がなかったため。熊本まで購入したかったが...
 入線してくると自由席は通学の学生が乗車し、デッキにも学生の姿が。
 そういえば、大分駅に特急で通学って書かれたチラシを見たような...
 贅沢な気もするが、列車の本数が少ないことなどを考えればこうなるのかなと。

 ということで、乗車したのは指定席車両。
 南向きの窓側に座ったため、陽射しが暖かく気付けばウトウトしてしまう。
 気付けば、すでに三重町の近くを走行していた。
 やはり、対馬への1往復で疲れが蓄積されていたのだろう。
 もっとも、そんな暖かさに周りの人も皆ウトウトといい気持ちそうだった。

 
 列車は、阿蘇の外輪山目指して勾配を登り続け、波野を出ると今度は一気に下る。
 いよいよ外輪山の内側へ。宮地に到着する。
 そろそろ指定券を購入した立野に到着するので自由席に移ろうかと思ったが...
 大分を発車した時点とほぼ顔ぶれが変わらない。2両とも満席のまま西を目指していた。
 流石にこの調子では、自由席で席を確保するのは無理だろうと諦め、最後部のデッキへ。
 平日の午後にもかかわらず、随分人気がある列車なんだなと感心してしまった。


 そして立野。
 手前の赤水から90m下ってくるとのこと。
 それゆえスイッチバックも規模が大きい。
 ここで熊本方面からの列車の到着を待ち、熊本へ向けさらに下っていく。


 2つ隣の肥後大津からは電化区間。
 ホームには、折返し待ちの電車が停車していた。
 1999年に肥後大津~熊本間が電化されほぼ10年経過しているが、これより東へは、
輸送量が段落ちとなることもあり、手をつけないのかな...
 そして架線の下をひたすら西に進み、熊本に到着する。

 列車はここで方向転換し、全車自由席となり、人吉を目指していく。
 
 
(つづく)

ゆふいんの森3号で大分へ

  3月12日(金)

 「青春18きっぷの旅」あらため「コロプラ★乗り放題切符」 1日目。
 博多から乗車した特急「ゆふいんの森3号」は久大本線へ。
 このまま大分を目指すことに。

 なお、昨年の国盗り100城巡りの際に、日豊本線や肥薩線は乗車していた。
 しかし、この久大本線やその南を東西に貫く豊肥本線は乗車したことがなかった。
 どちらの線区も普通列車で横断するには、本数があまり多くなく厳しい。
 そんなことも「コロプラ★乗り放題切符」を利用するきっかけになっていた。


 ということで、特急「ゆふいんの森3号」は久大本線を東に進んでいく。
 しばらくは右手に山、左手には筑後川沿いに平野が広がる。
 ここでようやく遅い朝食を摂る。
 食べたのは、ビュッフェで売られていた「ゆふ味弁当」。
 この他にも、お弁当やスイーツなどの食料だけでなく、グッズなども売られていた。
 なんとなく散財してしまうことに。

C1003a200
(ゆふ味弁当)

 ということでスイーツも。

C1003a201
(車内ではスイーツも...)
 
  
 久大本線に入り単調な風景が続いたが、筑後大石を境に山中を分け入っていく。
 そして県境を越える。大分県の最初の駅は夜明駅。ここは日田彦山線との分岐駅。
 分岐駅であるものの、日田彦山線の列車は路線名の通り、全列車が日田まで向かう。
 なお、日田彦山線はまだ乗りつぶせていない。次回こそは... 
 
 
 日田を発車し、さらに東へ進んでいく。
 絶景と言うほどではないが、川沿いを走りその変化を眺めていて飽きない。
 都会に住んでいる人であれば、旅に来たなぁという気持ちになるんだろうなと。
 
 お次の停車駅、天ヶ瀬駅を発車し、トンネルを2つ抜けると、進行右側に「慈恩の滝」が。
 ここも観光地のようで、乗客が眺めやすいよう速度を落として運転していた。
 さらにアテンダントさんが「慈恩の滝」と大きく書かれた紙を持ち案内していた。
 最近はこういった観光客向けのサービスを行う列車が増えてきている。
 それがまた旅を楽しくさせてくれるのかもしれない。
 
 
 そして、童話の里として有名な豊後森。
 駅の手前では、進行右側に伐株山(きりかぶさん=台形の山)が。
 そんな豊後森には、構内に機関区があった。
 現在は廃止されてしまっているが、転車台の跡などが残されており車窓から確認できた。

C1003a202
(確認できたが写真の出来は...)

 
 豊後森を出ると再び山あいへ。
 しばらく走り長いトンネルを抜け、勾配を下っていくと由布院駅。
 その前後、車窓から由布岳を楽しむことが出来た(が、撮影を失念...orz)
 由布院温泉の最寄り駅ということで、ほとんどの乗客が下車していった。
 やはり列車名の通り、由布院を目指す乗客が多いようだ。

 すっかりガラガラになった列車は、さらに40分ほど走り、終点の大分へ。
 初めて乗車した「ゆふいんの森」はとても充実したものになった。
 
C1003a203
(大分駅に到着した特急「ゆふいんの森3号」)


(つづく)

コロプラ★乗り放題切符で...

  3月12日(金)

 青春18きっぷの旅 3日目。
 と、ここから使用したのは、JR九州が3月まで発売していた「コロプラ★乗り放題切符」。
 JR九州エリア内の特急列車が乗り放題という切符。
 この手の切符としては珍しく、九州新幹線の利用制限もなかった。
 ※周遊きっぷ(九州ゾーン)は対象外だし、他のフリーきっぷでも片道のみというものも。

 切符を購入した時点では、コロプラ(コロニーな生活☆PLUS)はやっていなかった。
 今回、この切符を購入したことをきっかけに、コロプラも始めてみることにした。
 もっとも、国盗り合戦の方が中だるみになりつつあったので、いい刺激になるかなと。
 切符は前日の晩、対馬に向かう前に博多駅で購入しておいた。
 そんな切符を使いたかったため、対馬からの帰りが飛行機利用となったのだった。


 当日。
 博多から乗車したのは、特急「ゆふいんの森3号」。
 JR九州のリゾート特急として人気がある列車で、一度は乗車してみたかった。
 しかもタイミング良く、対馬から飛行機で帰ってくるとなんとか間に合うことが判っていた。
 これが海路利用だとなかなか厳しい状態だった。

C1003a197
(博多駅に発車を待つ「ゆふいんの森3号」)
 
 
 乗車したのは3号車。
 隣(2号車)にはビュッフェが連結されており、二日市から営業開始とのことだった。

C1003a198
(営業準備中のビュッフェ)
 
 
 列車は博多を出発すると、二日市、鳥栖、久留米と停車していく。
 博多発車時点では空席があったが、二日市、鳥栖からも乗車があり、気付けば満席。
 由布院という観光地に向かう特急は、博多(もしくは本州)からの乗客だけではかった。
 沿線からも利用しやすい特急列車なんだなぁと感じることが出来た。

 なお、列車は南福岡から「リレーつばめ7号」の後を追いかけるため、スムーズに南下する。
 久留米からは久大本線へ。鹿児島本線と少し並走した後、左にカーブを切っていく。
 そして列車は東へ。終点の大分までまだ先は長い...


(つづく)

博多で500系を...

  3月 9日(月)

 寝台特急「はやぶさ」号を撮影した後、この日の目的地である広島を目指すため、新幹線ホームへ。
 乗車するのはまもなく「のぞみ」から撤退となる500系のぞみ。
 せっかく新幹線に乗車するのならばと、今回はこの列車を選んだ。

 ホームにあがり、16号車側先頭車を撮影する。
 さすがにホームの先端で柵もあり、何とも撮影しづらかった。

C0903a059
(乗車したのぞみ号。博多駅発車前)

 発車間際。隣のホームに小倉行のこだま762号の入線を知らせるアナウンスが流れる。
 よく聞けば、500系8両編成とのこと。しかも運良くその先頭は、自分が乗車するのぞみの11号車の
ほぼ真横。編成が短いため、柵に邪魔されず撮影することが出来た。

C0903a060
(博多駅に到着したこだま762号)


 博多を発車し、今度は一路広島を目指す。
 せっかく青春18きっぷの旅なので、帰りも各駅停車という選択もあったのだが、国盗り合戦の都合を
考えると短時間に効率よくに取得していかなくてはならない。しかも今回は、仕事の都合で4連休しか
取れなかったため、そろそろ関東を目指して東に向かわないと木曜日の仕事に間に合わなくなる。
 そんな新幹線もただでは転ばない。鹿児島本線では盗れない国盗り合戦の「飯塚・田川」をしっかりと。

 ということで、この日の朝出発した松江から広島へは、高速バスを利用すれば3時間弱で到達できる
ようだが、今回は新幹線利用も含めて約12時間掛かった。ちなみに2008年春の青春18きっぷの
旅では、広島~松江間を、芸備線、三江線と乗り継ぎ、やはり同じぐらいの時間が掛かっている。
 結局、2年連続でのんびりした陰陽縦断をしているのだなと。

 そして、1時間ほどの乗車で広島に到着。
 ホッとしてホームに降り立つと、向かい側にも500系...
 ということで、先行していたこだま668号も500系だった。

C0903a061
(広島駅で見掛けたこだま668号)

 続くときは、こうも続くものだなと...

 この日は広島泊まり。
 いったん宿へ。
 

博多で「はやぶさ」を...

  3月 9日(月)

 無事に博多に到着した。
 ただ、松江を発って、既に10時間以上。益田と門司港の乗り継ぎ時間以外、ほぼ乗りっぱなし。
 流石にここまで乗りっぱなしが続くと、正直なところ飽きてくる。
 しかも、博多からは新幹線で広島にとんぼ返りすることになる。そんな博多駅での滞在時間は
40分弱。ここでもノンビリする暇もないし、飽きている場合ではない。ということで、少ない時間を
活かして、下車した際に隣に停車していたリレーつばめなどを撮影する。

C0903a056
(博多駅で発車を待つ、リレーつばめ)

 リレーつばめの発車を追うように進入してきた羽犬塚行普通列車。

C0903a057
(博多駅に進入する羽犬塚行普通列車)

 撮影を終え、改札に向かおうと階段を降りると、発車案内に「はやぶさ」の文字が。
 しかも発車時刻と時計を見比べると、まもなく入線してくることがわかった。
 反対側から撮影しようとホームに上がると、進入してくるところだった。
 なんとかホーム先端に到達し、先客の隙間から撮影することができた。

C0903a058
(ED76 90がけん引する「はやぶさ」。博多駅にて)

 偶然とはいえ、ED76がけん引する「はやぶさ」を撮影できて本当にラッキーだった。
 今回、廃止が決まってからというもの、一度も「はやぶさ」は撮影していなかった。

 それにしても、博多入りの行程が決まったのは数日前。
 しかも、自分が乗車する列車を決めるのに何度も行程を引き直したので、撮影できる列車まで
気が回らなかった。そして、博多への快速列車の車中、国盗り合戦が目的ならば、今回取得を
諦めた「柳井」を取るのに、門司で降りずに小倉まで行き、新幹線で徳山に戻れば柳井に向かう
ことが出来た。
 しかし、そんな迷いや博多までの疲れをこの「はやぶさ」が全て払拭してくれた。
 そしてここから、今度は進路を東に...
 

門司港から博多へ

  3月 9日(月)

 門司港駅を駆け足ながら、一通り見終えたところで、次の目的地である博多に向かうことに。
 当初の計画では快速でストレートに向かうつもりだったが、時間に余裕があったため、1本早い
折尾行の普通列車で折尾まで先回りすることにした。
 車両は811系4両編成。15年前に訪れたときはまだ新車ってイメージがあったのだが。
 さすがに月日が経ち、少しくたびれているかなという感じも否めなかった。

C0903a053
(乗車した折尾行普通列車。門司港にて)

 門司港を発車し、再び門司へ。
 さらに西を目指す。それにしてもここから折尾までの間は、鹿児島本線の複線だけで終わらず、
様々な線路が付いたり離れたりして、構内も広かったりとなんとも賑やかだなと思った。こういった
線路もどれがどういう役割を持った線なのかをもう少し事前学習してくれば、より楽しめたのかなと
少し後悔した。

 途中、ワールドスペース駅で後続の特急ソニック38号の通過待ち。
 やって来たのは、白いソニック885系だった。

C0903a054
(ワールドスペース駅に進入する特急ソニック38号)

 あっという間に通過していき、こちらも後を追うように発車する。
 高速列車の待避を前提に設計された配線なのか、通過してから間髪置かずに発車した。
 さらに、筑豊本線直通の折返し列車なども見ることができた。
 そして列車は折尾へ。計画どおり快速・荒尾行に乗り継いだ。

 途中、古賀で特急ソニック40号の通過待ち。
 今度は青いソニック883系だった。

C0903a055
(古賀駅を通過する特急ソニック40号)

 流石に17時近くとなり、天候もあまり良くなかったため、感度を上げて撮影したが...
 古賀を発車後、開業間近のししぶ駅や香椎駅に進入する香椎線などを観察することができた。
 香椎線は、16年前に訪れた際に全線乗車していたが、今回は行程の都合もあり、その車両を
眺めるのみに。
 やがて、乗車していた列車は高架へ上がっていく。風景もだんだん変わり、博多の市街地が
近づいてきたなと感じているうちに新幹線や篠栗線も合流してくる。
 松江を発って10時間半。ようやく博多に到着した。
 

九州の玄関口、門司港へ

  3月 9日(月)

 無事九州に上陸し、門司駅から快速くずれの普通列車で門司港を目指す。

 九州の最初の目的地・門司港駅といえば九州の鉄道の起点駅というイメージが強い。
 是非とも訪れるべきと考え、今回は九州に上陸することを計画した時点で、最初の目的地に。

 乗り継いだのは813系6両編成。乗り継ぎ時間が短く少し忙しかった。
 そして813系は初めて見たが、見慣れていないためなんだか違和感があった。
 ただ、乗り心地はよかったが...

C0903a048
(乗車した門司港行普通列車。門司港到着後に撮影)

 列車は門司港に到着する。
 折り返す時間を利用して、駅の内外を観察して回る。
 まず駅舎から。歴史があるとても重厚な駅舎。
 関門トンネルの貫通前は、下関から連絡船で関門海峡を渡り、ここが九州の鉄道の玄関口だった。

C0903a049
(門司港駅駅舎)

 実は今回、昨年の四国上陸の時のように時間があれば往路は船でとも思ったが、松江からずっと
普通列車や快速列車を乗り続けてくると流石に船で海峡を渡っている時間に余裕が無かった。
 ただ、ここまで来たのだから、駅からすぐの関門海峡を望める場所へ。
 この海峡は船以外は鉄道、道路ともトンネルを用いて海峡を越えているが、高速道路のみ
トンネルではなく、関門橋で一気に越えてしまう。

C0903a050
(関門自動車道の関門橋)

 それにしても一番狭いところでは、1キロ以下という海峡にもかかわらず、高速道路として橋が
架かるまでトンネルを掘り続けたのは、船が行き交う海峡という場所ゆえ、橋脚を途中に建て
られなかったからなのだろうか?なんて、橋を眺めながら考えていたのだが、その真相はいかに...

 再び駅内に戻り、切符売り場へ。
 駅舎外側と同様に、駅舎内の切符売り場もレトロチックな佇まいを醸し出していた。
 維持していくのはとても大変なことだと思うが、これからも頑張って維持して欲しいと思った。

C0903a051
(レトロチックな佇まいの切符売り場)

 そして、この切符売り場で先日発売が開始となった、スゴカを購入する。
 流石に記念カードは無かったので、普通のカードを購入する。そのスゴカのキャラクターはカエル。
IC乗車券といえば、ペンギン、アヒル、ひよこ、モモンガと各社とも工夫しているが、次はどんな
キャラクターが誕生してくるのだろう。

 改札を通り構内へ。
 正面には、九州の鉄道の起点を記念して建てられた「0哩」の石碑も。

C0903a052
(構内には0哩の石碑が)

 この石碑を見て、今回九州を訪れるにあたり、この門司港にも立ち寄って良かったと感じた。
 その後も構内で昼寝中の編成などを撮影し終えたところで、次の目的地・博多に向かうことに。
 

下関から九州へ

  3月 9日(月)

 今回の青春18きっぷの旅。気づけば本州最西端である下関駅へ。
 みすゞ潮彩号から降り立ち、次に乗車するのは新田原行普通列車。
 新田原行の列車が発車するホームには、みすゞ潮彩号にあわせて、金子みすゞが描かれた
駅名標と詩が設置されていた。

C0903a046
(金子みすゞが描かれた駅名標)

 当初は、国盗り合戦の関係もあり、下関から山陽本線を揺られて東を目指すつもりでいた。
 ただ、ここまで来れば九州に行かないで帰るのももったいない。計画を立てる際、九州に渡る
パターンと、九州に渡らないパターンの2通りを考えた。その結果、九州に渡った場合、この日の
目的地である広島に向かうためには山陽新幹線を利用することとなり、結果的に国盗り合戦の
「柳井」を盗りこぼすことになる。しかしながら昨年、いろいろな場所を訪れたが、九州だけは
訪れることができなかった。とすれば、「柳井」盗りは宇部線などの乗りつぶしを兼ねて訪れた
際にすればいいかと判断した。(と、自分に言い訳を...)

 下関から乗車したのは415系4両編成。
 まずは関門トンネルをくぐり門司へ向かうことに。

C0903a047
(下関から乗車した新田原行)

 前回、関門トンネルをくぐり九州への上陸を果たしたのは1993年の春だった。
 その時は、今回のダイヤ改正で廃止となった「はやぶさ」だった。その頃は、単独運転だった。
 それ以来、会社の先輩Kさんと旅行で九州を訪れたが、その時は飛行機とバスのみと、
JR九州は一度も利用することがなかった。

 ということで、関門トンネルから実感しなくてはと考えていたのだが...
 発車直前に隣の座席に来た初老の男性と話し込んでしまい、気がつけば門司に到着する
ところだった。ちなみにその方は、京都から八幡に向かっているジャズ奏者とのこと。普通列車を
乗り継ぎ様々なところで演奏しているそうだ。
 そんなことを喋っているうちに、気づけば九州に上陸。
 肝心の関門トンネルは、あっさり通過してしまった...

 そして、門司から門司港行に乗り継ぎ、九州の玄関口である門司港駅を目指すことに。
 

その他のカテゴリー

| 185系 | PC:VAIO | PC:周辺機器など | エキナカ | ココログ関連 | コロプラ | コンテナ | デジカメ | ドライブ | ネット系 | バスコレなど | バス:夜行バス | バス:定期観光 | バス:路線バス | バス:高速バス | パソコン | ユニクロ | 写真(風景) | 列車:JT | 列車:SL | 列車:客車 | 国盗り合戦 | 工場見学 | 旅行・地域 | 旅:北急詣 | 旅:岬めぐり | 日々のこと | 時事ネタ | 時刻表 | 海外 | 空港 | 船旅 | 記事更新のお知らせ | 鉄道 | 鉄道模型 | 鉄道記事 | 鉄道:上信 | 鉄道:上信・上毛・わたらせ | 鉄道:京急・京成 | 鉄道:京王 | 鉄道:公営鉄道 | 鉄道:北越急行 | 鉄道:名鉄・豊鉄 | 鉄道:小田急 | 鉄道:新交通 | 鉄道:東京メトロ・都交通局 | 鉄道:東急 | 鉄道:西武・東武・秩父 | 鉄道:路面電車 | 鉄道:銚子電鉄 | 鉄道:長電 | 鉄道:3セク | 鉄道:JR九 | 鉄道:JR北 | 鉄道:JR四 | 鉄道:JR東 | 鉄道:JR海 | 鉄道:JR西 | 鉄道:JR貨 | 鉄:イベント | 鉄:中部 | 鉄:九州 | 鉄:保存車両 | 鉄:北海道 | 鉄:北陸 | 鉄:博物館など | 鉄:四国 | 鉄:山陽山陰 | 鉄:新幹線 | 鉄:東北 | 鉄:甲信越 | 鉄:関東 | 鉄:関西 | 雪山 | 青春18 | 音楽:CDなど | 音楽:CMソング | 飛行機 | 食べもの | 食:そば・うどん | 食:駅弁 | | 駅舎 | 駅:土合&土樽 | 高速道路 | iPod