2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

北海道4日目:帯広にて

  6月20日(日)

 北海道の旅 4日目。
 無事に帯広に到着すると、目の前には釧路から先行していた快速「狩勝」が停車していた。
 乗車したスーパーおおぞらより2時間早く釧路を出て、ここで22分停車後、「狩勝」に化ける。
 化けた後は、滝川を目指すため、釧路から乗車していれば、そのまま滝川にいける列車。
 しかも、ご丁寧に種別札指しには列車名を記した愛称札が指されていた。

C1006a204
(指されていた愛称札)
 
 せっかくなので、反対のホームに回り車両を撮影することにした。
 この列車、快速とはいえキハ40。しかも前日の晩に釧路駅で撮影したキハ40 1756。
 音別から帰ってきたところで、今度は滝川を目指しているとは...
 
C1006a205
(帯広駅で発車を待つ快速「狩勝」)
 
 
 そして、ここで一旦下車し、駅舎などを撮影することにした。
 ちなみにこの駅は、高架上に島式ホーム2本を設備した2面4線の構造になっている。
 その階下にある駅改札は、それぞれのホームごとに改札口が設置されていた。
 この構造は、昨年の夏訪れた宮崎駅と同じだった。
 複数設ける利点はあまり思いつかないが、高架下の再開発にはちょうどいいのかもしれない。

C1006a206
(階下の改札口は左右両方に...)
 
 
 その改札口を通り、駅前へ。
 高架式の駅ゆえ、何か特別に変わっている感じはなかった。
 ただ、駅前の温度計は、

C1006a207
(帯広駅。外から撮影)
 
 
 そして、帯広から再び西を目指すことに。
 ホームに戻ると、上下の普通列車が停車していた。
 しかも、下りの釧路行普通列車は首都圏色を纏ったキハ40だった。
 こんなコトだったら、もう少し早くホームに上がっていればと、やや後悔しつつ撮影した。
 
C1006a208
(帯広駅で発車を待つ上下の普通列車。左が滝川行、右側が釧路行)
 
 
 帯広から乗車したのは、スーパーおおぞら6号。
 釧路から乗車した4号の後続となる特急列車で札幌を目指すことにした。
 なお、話は前後するが、帯広で乗車前に遅い朝食を調達していた。
 街に出て名物の豚丼を食べたかったが、如何せん時間が早い。
 ということで、駅内にあったぶたはげの豚丼を購入することに。
 その豚丼も開店少し前だったが、お願いして作ってもらった。
 出来たてゆえ、まだ温かくいい匂いが。ただ、特急の車内では厳しいかなと...
 ただ、そんなことを気にしていても仕方がないので、早速味わうことに。
 次回は、是非とも街中のお店で味わいたいなぁと感じつつ、一気に平らげた。
 
C1006a209
(購入した「豚丼」)
 
 
 豚丼を食べているうちに、どんどん西を目指し駆けてゆく。
 途中、十勝清水~新得間でコロプラの「富良野」拾いに成功する。
 なお、すでに国盗り合戦の方は盗り終えているので、コロプラの補完作業のみとなる。

 そして新得を発車し、徐々に高度を上げていき、新狩勝トンネルを抜けると晴天だった。
 釧路~帯広と曇天だったが、どうやら峠の東西で天気が違っていたようだった。
 なお、新得~トマム間は、信号場がいくつも介在する駅間が長い区間。
 その途中にある、串内信号場では下りのスーパーおおぞらが停車して待っていた。
 こちらは通過。おそらく、南千歳での空港への接続を優先したダイヤ構成なのだろう。
 
 そんなことを観察しつつ、列車は札幌を目指しさらに快走していく...
  

(つづく)

札幌市内の国盗りへ

 北海道の話の続きを...
~~~~~~~~~~~~~~~
  6月17日(木)

 北海道の旅 1日目。 
 留萌本線乗りつぶしの旅を終え、一旦札幌に戻る。
 札幌駅構内の「北海道そば 蕎麦紀行」で夕食を。
 道内各地のそばの産地のものを出しているとのことで、この日は「岩見沢産」。
 なんとなく冷たいものを食べたいなということで「冷やしたぬき」を。

C1006a029
(冷やしたぬき)
 
 
 と、北海道産のそばを食べたところで、札幌市内の国盗り未踏破箇所に向かう。
 今回盗るのは、札幌市営地下鉄沿線の「豊平」と「真駒内・定山渓」。
 ただ、せっかくなのでと、乗りつぶしと国盗りを兼ねて南北線の乗りつぶしへ。
 まず、北に向かい麻生。「あざぶ」ではなく「あさぶ」と読むそうだ。

C1006a030
(麻生駅改札口)
 
 
 乗ってきた電車に乗車して、真駒内に向かう。
 札幌や大通では混み合うものの、終点真駒内に近づくと乗客もまばらに。
 給料日前の木曜日ということで、21時を回ればということなのかも。
 途中の南平岸で「豊平」を、終点の真駒内で「真駒内・定山渓」を盗る。
 これで、札幌市内の国盗りはすべて終了したことに...

C1006a031
(真駒内駅にて)
 
 
 ということで、乗りつぶしと国盗りの両方の目的を達成したところで、札幌市内へ。
 ここから次の目的地へ。この日の旅はまだ終わらなかったりする...
 
 
(つづく)

留萌本線乗りつぶしの旅

  6月17日(木)

 北海道の旅 1日目。
 深川駅で22分停車する増毛行に乗車し、留萌本線の乗りつぶしを目指す。
 
 
 定刻通り深川を発車し、北一已(きたいちやん)、秩父別(ちっぷべつ)と、難読駅名が続く。
 北海道の地名は、アイヌ語の発音に漢字を当てた所が多いのが特徴。
 知らないとどう読むのだろうと迷ってしまいそうな駅が続く。
 ちなみに、北一已の「いちゃん」とは、アイヌ語でサケやマスが産卵する場所とのこと。
 そして、秩父別は、アイヌ語の「チ、クシ、ペッ」(我々の越える川)からとのこと。
                               (→Wikipediaの各駅の項を参照)

 
 石狩沼田。
 ここで、乗客のほぼ半分以上下車していった。
 以前は、札沼線の分岐駅ということで、現在も沼田町の中心駅とのこと。
 ということで、車内はだいぶ余裕が出てきた。 
 
 
 恵比島。
 朝の連続ドラマ「すずらん」の撮影が行われた駅。
 今も、撮影に使われた木造駅舎が残る。
 が、実際の駅舎は隣にある車掌車改造の簡易駅舎とのこと。
 幾寅といい恵比島といい、撮影に使われたところがこう残ると面白い。

C1006a014
(ということで恵比島駅駅舎の隣にあった明日萌駅駅舎)
 
 
 その恵比島を出ると、恵比島峠を越えてゆく。
 峠を越えたところで、留萌市に入ったようだ。
 携帯の位置情報も【留萌市】を表示している。
 コロプラの「留萌」拾いと国盗りの「留萌」盗りを同時にこなす。
 これで、留萌本線での用事は乗りつぶしのみに。
 
 そして、峠を越え終えて、峠下。
 アイヌ語では「ルチシ・ポク(峠の下)」といい、そのまま意訳したもの。
 ここは、深川~留萌間で唯一の交換可能駅とのことで、深川行の列車と交換する。
 この後、幌糠、大和田と車掌車利用の駅舎の駅が続く。
 
C1006a015
(大和田駅駅舎)
 
 
 留萌川を渡り、留萌に到着する。
 以前は、石炭の積み出しを行っていたこともあり、広い構内だったようだ。
 しかも国鉄末期まで、留萌から羽幌に向け日本海側を北上する、羽幌線も運行されていた。
 その羽幌線も廃止となった現在、往来する列車が減り、構内はかなり整理されていた。
 列車密度から言えば、これでも十分なのかもしれないが...

 その留萌駅は、今年11月で100周年を迎えるとのこと。
 改札口の上にはそのことを示す看板が取り付けられていた。
 
C1006a016
(改札口付近に掲げられていた看板)
 
 
 このあと、さらに増毛を目指すことになるが...
 
 
(つづく)

長崎へ。そして折り返す

  3月13日(土)

 「青春18きっぷの旅」あらため「コロプラ★乗り放題切符」 2日目。
 783系のかもめで降り立ったのは長崎。

 まず、長崎駅内のケータイ国盗り合戦の「龍馬の足跡をゆく 旅立ち編」を...
 とりあえず拾っておく。

C1003a253
(長崎駅でも...)

 ちなみに長崎駅での帰りは1時間待ち。
 とりあえず駅舎を撮影して...

C1003a254
(長崎駅駅舎)


 市電に乗ったり、タクシーに乗ってみたりしたが、流石に1時間はあっと言う間だった。
 ということで長崎駅に戻り、帰りの「白いかもめ」に乗ろうとホームへ向かう。
 乗車しようとすると、なにやらホームが賑やかだった。
 ふと、見てみるとラッピングされたキハ200が。どうやらお披露目の式典をやっていたようだ。
 なんだかタイミング悪いなぁと思いつつ、サッと撮影する。

C1003a259
(龍馬のイラストなどがラッピングされたキハ200)
 

 「白いかもめ」に乗車し博多へ。
 そしてそのまま帰途についた。

C1003a260
(帰りは白いかもめ)


 なんとなく長かった旅がようやく終わった。
 それにしても、バスからはじまり、飛行機にフェリーと落ち着かない旅に...orz


(つづく)

五島福江空港にて

  3月11日(木)

 青春18きっぷの旅 2日目。
 青春18きっぷとは程遠い、飛行機の旅になり、降り立ったのは五島福江空港。
 しかも、目的は国盗り合戦のためだけ。なんとなくもったいない。

C1003a172
(五島福江空港)


 なお、五島福江空港に到着したまでは良かったのだが...
 この日の運行スケジュールでは、やって来た便は長崎に向かうとのこと。

 ※参考(運航スケジュール)
  ORC 35便 福岡 15:30 → 福江 16:10
  ORC 26便 福江 16:35 → 長崎 17:05

 と、飛行機が得意とする、出発地に引き返すのではない運航形態。
 そのまま折り返すことが出来ないため、しばらく待つことになる。
 ただ、福江の街まで行って、再び空港に戻るには時間が足らなかった。
 (というか、街に向かうバスは既に出発していた...orz)
 
 仕方がないので、まず搭乗してきたDHC-8-200の折返し便の撮影から。

C1003a173
(搭乗完了し、離陸を待つDHC-8-200。五島福江空港にて)


 「あ~あ、行っちゃった...」
 長崎行きの便をお見送りしたところで、搭乗する福岡行は2時間待ち。
 やることもないので、ターミナルビルの喫茶店へ。
 しかも、下関のふぐ刺し丼を食べた後で、まだ腹が空かない。
 ただ、2時間もコーヒーで粘る気もなかった。

 ということで、これなら別腹ねと注文したのはパフェ。
 はたして、この前に注文したのはいつのことだろうなんて思ってみたりして。

C1003a174
(別腹ならパフェ?)


 かなりゆっくり食べてはみたが、1時間掛からずに食べきってしまう。
 仕方がないので、コーヒーをおかわりし、なんとか時間を稼いだ。
 それにしても、「一体何をするために、ここに来たのだろう?」と...


(つづく)

一気に高飛び...

  3月11日(木)

 青春18きっぷの旅 2日目。
 博多駅で下車し、荷物の一部をコインロッカーに預け、さらに旅を続ける。


 次に向かったのは、福岡空港。
 この日の朝、携帯で予約したのは、とある島に向かう飛行機の搭乗券。
 国盗り合戦を始めなければ、絶対に行かなかったであろう島へ...
 
 まず搭乗の手続きということで訪れたのは、一番離れた第1ターミナル。
 「第1」というのは、地下鉄の駅から一番遠いという意味なのかなと...

C1003a169
(第1ターミナル)
 
 
 そんな第1ターミナルから搭乗したのは、オリエンタルエアブリッジの五島福江行。
 国盗り合戦で行かなくては行けない離島として、いくつか残っているうちの一つ。

 今回予約したのは、ANAの携帯サイトから。
 搭乗当日だったが、なんとか予約することが出来た。
 なお、ANAで予約したものの、今回搭乗したのはオリエンタルエアブリッジの便。
 実は、福岡からの五島福江便や対馬便について、一部をシェア運行しているとのこと。
 もっとも今回は、わざわざ同社が運行するこの便を選択して予約した。
 その同社の便は、双発ターボプロップエンジンを搭載したDHC-8-200型で運行している。
 一度はそんな航空機に搭乗してみたいと思っていた。
 その矢先、美祢線に行かなくなったことで、五島福江に行く便ならば搭乗出来ると判明。
 しかも、国盗りで向かう目的地と好条件が揃ったことが、今回の行程変更となった。


 ということで、早速搭乗することに。
 機体が小さいため、ブリッジを利用して搭乗するのではなく、当然地上から。
 
C1003a170
(オリエンタルエアブリッジのDHC-8-200。福岡空港にて)

 上の写真の通り機体が小さく、機内も2-2シートでかなり狭かった。
 なお、時間帯が良かったのか、座席は全て埋まっていた。
 ということで窓側に搭乗したかったが、予約したのが当日だったので、通路側に。
 まぁ、五島福江に向かう便は、福岡か長崎からしか無いので、搭乗率がいいのだろう。
 

 搭乗を終えると、程なく離陸する。
 あっと言う間に福岡の街並みが小さくなって行く。
 なんとなく、半年前に那覇を目指した時のことを思い出してしまう。
 離陸し飛行している間、プロペラの回転音は気動車のエンジン音に近い様に感じた。
 それゆえ、騒音は苦にならなかったし、機体が揺れることもあまり無かった。

 と、DHC-8-200型の乗り心地を味わう間もなく、離陸から40分ほどで五島福江に到着。
 搭乗時と同様に、地上に下りることに。
 
C1003a171
(五島福江空港に到着したDHC-8-200)

 ターミナルビルに入り、「五島」盗りに成功。
 これで、五島福江に来る目的は果たした...

 
(つづく)

ふぐを食べに、カモンワーフへ

  3月11日(木)

 青春18きっぷの旅 2日目。
 ケータイ国盗り合戦の「龍馬の足跡をゆく 旅立ち編」の下関市内のコースを巡る。
 第二の目的地は、唐戸市場に隣接した飲食施設の「カモンワーフ」。
 第一の目的地であった功山寺(こうざんじ)の最寄りのバス停から、下関駅方面ヘ
向かう路線バス(サンデン交通)に乗車すれば、たどり着けるとのことだった。

 
 ということで乗車したのは、下関駅に向かうバス。
 少し走ると対岸の門司がくっきり見えてくる。
 「あぁ九州まであと僅かの所まで来たんだなぁ」と思っていたら...

 バスは交差点を右折し、山を登り始める。
 「おや?」と思いつつ、様子をうかがう。
 乗車したバスが目指したのは、山の上にある分譲住宅街の「パルク浜浦台」。
 まさか、こんな裏技が隠されていたとは...
 そんな分譲住宅街を一巡りすると、登ってきた道を下り、国道2号線に戻る。

 再び、車窓に広がる関門海峡を眺めながら西へ。
 最寄りの「唐戸」バス停で下車。カモンワーフを目指した。

C1003a157
(カモンワーフ)

 目の前には、関門海峡が広がる。
 当然のことながら、船が行き交う。
 
C1003a158
(某社でコンテナが模型化された「COSCO」のコンテナ船)

 そして、海峡をバックに記念写真が撮影できるようにパネルも。

C1003a159
(記念写真用パネルは当然、龍馬とお達でした...)

 と、パネルの写真を撮っても仕方がない。
 目的のQRを探さなくてはと、辺りを見渡すと...

C1003a160
(ふぐ刺しの大皿とQR)

 早速QRを撮影。
 これで、ここの目的も果たす。
 なお、到着したのは、お昼頃。
 そろそろ昼食でもいいかなと。
 辺りを見渡すと、先程の記念写真パネルの近くに...

C1003a161
(ふぐ♪)

 上の写真のふぐを見て、折角下関に来たんだから、名物を食べた方が...
 と、辺りを見渡すと、ふぐ刺し丼の店が。

C1003a162
ふぐの河久

 なんのためらいもなく店内へ。
 財布の中身に余裕はなかったが、「ふぐ刺しぶっかけ丼セット」を注文。
 数分後、目の前に。

C1003a163
(ふぐ刺しぶっかけ丼セット)

 功山寺の往復など、しっかり腹ごなししておいたせいか、あっさり完食。
 実は、ふぐを意識して食べたことが無かったので、少しもったいない気もしたが...
 ただ、時間にあまり余裕がなかったので仕方ない。


 そして、店を後にする。
 東の方を見上げると、関門橋はトラックが渋滞していた。
 どうやら、ここも雪の影響のようだった。

C1003a164
(カモンワーフ付近から渋滞中の関門橋を)


 このまま下関駅へ。
 ここで「龍馬の足跡をゆく 旅立ち編」の下関市内のコース最後の国盗り。
 改札の外に設置されていたQRを撮影し、コースを巡り終えたところで、再び列車の旅に。
 まだまだ先は長い...
 

(つづく)

バスで功山寺を目指す

  3月11日(木)

 青春18きっぷの旅 2日目。
 当初の計画を断念したため、時間が余ってしまい下車したのは長府駅。
 本来ならば、明るい時間帯は美祢線を攻めて、そのまま九州上陸を企てていた。
 しかし、美祢線を攻める必要が無くなったため、時間調整するため、長府駅で下車した。
 前日の早朝、神戸市内を奔走したケータイ国盗り合戦の「龍馬の足跡をゆく 旅立ち編」は、
この長府駅を含めた下関市内にもコース(龍馬の夢、お龍の愛コース)が設定されていた。
 折角なので?巡ることにした。


 まず目指すのは、功山寺(こうざんじ)。中国観音霊場第19札所とのこと。
 その功山寺の近くまでは、路線バス(サンデン交通)で向かえるとのこと。
 そんなことを長府駅の改札で聞いてバス停へ向かってみたが...

 路線バスのバス停は、下関競艇場の目の前。国道2号線のバイパス上。
 国道2号線というと、前の記事にも書いたが、雪の影響なのか渋滞していた道路。
 ということで、埴生~小月間で見たのと同様に、バス停の前の道路も渋滞していた。
 これは定刻通りにはバスが来ないかと思っていたが...

 数分遅れでバスがやってきたので早速乗車し、最初に目指す「城下町長府」バス停へ。
 事前に仕入れていた情報では、バス停から徒歩15分とのこと。
 まぁなんとかなるだろうと、甘く見ていたが、実際は坂道の連続。
 なんとか上り坂を登り切り、さらに階段を上がり功山寺へ。

C1003a153
(功山寺の山門)


 境内には、高杉晋作挙兵像も。
 高杉晋作はこの地で「元治の内乱」の挙兵をしたとのこと(功山寺挙兵)。

C1003a154
(高杉晋作挙兵像)

 「へぇ、そうなのか。」と感心... って、そんなに余裕はない。
 とりあえず、目的のQRを探さなくてはと、境内を見渡すと...
 本堂横にある受処の前に貼られていた。

C1003a155
(功山寺受処前のQR)

 神戸、南京町の人影が無いQRをなんとなく寂しく感じたが、ここはなんとなく不釣り合い。
 お寺の境内に国盗り合戦かぁ...

 そんなことを思いつつ、来た道を早歩きで引き返す。
 時間調整とはいえ、この後の行程は制約があるので、のんびりは出来なかった。
 下り坂だったので、往きよりは少し速く「城下町長府」バス停に戻ることが出来た。
 国道の流れも穏やかになったところで、再びサンデンバスに乗り、さらに西を目指した。


(つづく)

早朝から南京町広場へ

  3月10日(水)

 無事に京都に到着できたので、早速JRに乗り換える。
 まず、京都から乗車したのは、快速姫路行。
 車両は、223系12両編成。おそらく姫路からは新快速にでもなるのだろう。
 ちなみに昨年、南紀乗りつぶしの旅の際にも、新大阪までお世話になった列車
 そんな列車で、まず目指したのは元町駅。
 国盗り合戦の「龍馬の足跡をゆく 旅立ち編」の神戸周辺のコースを目指した。

 今回のコースで巡るのは3つ。このコースは比較的攻略しやすかった。
 一つめは、灘駅付近通過中に「海軍操錬所跡碑」を。
 ここは、その場に向かわなくても、盗ることが出来た。
 そして残りの二つは、現地に向かわなくてはならなかった。
 ということで、まず「南京町広場」の最寄り駅、元町駅で下車した。
 駅前には、モダンな形をした交番も。歴史がある街だけあって、流石だなぁと。

C1003a107
(元町駅と、モダンな形をした交番)


 その元町駅から南に5分ほど歩き、南京町広場へ。
 こんなにすんなり到着できるとは...

 そんな南京町広場に到着したのは朝7時前。
 さすがに、人の姿は無かった。

C1003a108
(南京町広場)


 「こんな時間に何やってるんだろう?」なんて思ってみたりして。
 で、QRコードで盗ることに。

C1003a109
(電話ボックスに貼られていた)


 QRコードを取り込み、無事に盗り終えたところで、元町駅に戻った。
 このあと、もう一つのQRコードがある三ノ宮駅に向かうのだが、その前...
 もう少しだけ西を目指すことにした。
 
 
(つづく)

国盗り出陣弁当

 順序を変えて、もう一つ国盗り関係を。
~~~~~~~~~~~~~~~
 3月20日(土)
 
 国盗り合戦 春の宴に参加したこの日。
 会場でお土産をいただいたのは、「国盗り出陣弁当」というお弁当。
 近い将来、どこかで売り出す予定らしいとのこと。
 ちなみに製造は、JR東日本系列の駅弁業者、NRE大増。
 ということは、都内の駅弁売場に並ぶと言うことなのかなと。
 そんなわけで、普通の弁当ながら将来の駅弁候補なので、「駅弁」のジャンルに。


 早速開けてみると...

C1003a805
(お弁当の中身)

 弁当の中身は、おにぎりや巻き寿司といった、つまみやすいご飯類。
 そして、おかずとしては揚げ物なども入れられており、食べやすかった。
 てっきり、戦国時代を再現して、塩むすびが入っているだけかと(爆)

 なお、量についても、多からず少なからずといった感じだった。
 で、気になったのは容器。出陣という名前からか凝っているなと感じた。
 しかし、旅の途中で捨ててしまうのは少しもったいない容器だなとも。
 そんな余計なことを考えたりしつつ、あっさり弁当を平らげた。


 なお、お土産の弁当が入れられていたビニール袋には、おまけとして昨夏の
秋葉原イベントの際に配布された携帯クリーナーも入っていた。

C1003a804
(携帯クリーナーと、会場で行われたクイズの景品のピンバッジ)

 そういえば、この携帯クリーナーをもらうためだけに、甲府~秋葉原~佐原と
無理矢理行程を組んで、城盗りに出掛けたのもいい思い出だったりする。

 今年同じイベントが開催されても、おそらく100城は回れないだろうなと思うが、
間違いなく?出掛ける口実にはなるので、また楽しめればいいなぁと...

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

| 185系 | PC:VAIO | PC:周辺機器など | エキナカ | ココログ関連 | コロプラ | コンテナ | デジカメ | ドライブ | ネット系 | バスコレなど | バス:夜行バス | バス:定期観光 | バス:路線バス | バス:高速バス | パソコン | ユニクロ | 写真(風景) | 列車:JT | 列車:SL | 列車:客車 | 国盗り合戦 | 工場見学 | 旅行・地域 | 旅:北急詣 | 旅:岬めぐり | 日々のこと | 時事ネタ | 時刻表 | 海外 | 空港 | 船旅 | 記事更新のお知らせ | 鉄道 | 鉄道模型 | 鉄道記事 | 鉄道:上信 | 鉄道:上信・上毛・わたらせ | 鉄道:京急・京成 | 鉄道:京王 | 鉄道:公営鉄道 | 鉄道:北越急行 | 鉄道:名鉄・豊鉄 | 鉄道:小田急 | 鉄道:新交通 | 鉄道:東京メトロ・都交通局 | 鉄道:東急 | 鉄道:西武・東武・秩父 | 鉄道:路面電車 | 鉄道:銚子電鉄 | 鉄道:長電 | 鉄道:3セク | 鉄道:JR九 | 鉄道:JR北 | 鉄道:JR四 | 鉄道:JR東 | 鉄道:JR海 | 鉄道:JR西 | 鉄道:JR貨 | 鉄:イベント | 鉄:中部 | 鉄:九州 | 鉄:保存車両 | 鉄:北海道 | 鉄:北陸 | 鉄:博物館など | 鉄:四国 | 鉄:山陽山陰 | 鉄:新幹線 | 鉄:東北 | 鉄:甲信越 | 鉄:関東 | 鉄:関西 | 雪山 | 青春18 | 音楽:CDなど | 音楽:CMソング | 飛行機 | 食べもの | 食:そば・うどん | 食:駅弁 | | 駅舎 | 駅:土合&土樽 | 高速道路 | iPod