2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 木曽福島へ③(辰野経由で塩尻へ) | トップページ | 久しぶりに... »

木曽福島へ④(塩尻から木曽福島へ)

 2012.5.12(土)
 
 無事に塩尻まで到着し、あとは目的地の木曽福島を目指すだけ。
 乗り継ぐ列車まで少し時間があるので、乗車してきた「ミニエコー」を撮影したりする。
 模型化されても手出しする気がないにもかかわらず、細部の観察などをして過ごす。
 それにしても、以前は白と緑でなんとなく地味なイメージだったが、現在は少し派手な感じ。
 最近は、少し派手目なぐらいで当たり前ということからか、こんな感じになってしまうのかなと。
 
C1205a0526
(塩尻駅で折返しを待つ「ミニエコー」)
 
 
 塩尻で1時間ほど待って乗車したのは、木曽福島行きの普通列車。
 313系2両編成で、塩尻までのJR東日本区間は車掌が乗務していたが、JR東海区間は、
ワンマン列車として運行される。こういったところは、同じ列車であっても、会社によりやり方が
違うんだなと感じさせる一コマだった。
 
C1205a0527
(塩尻から乗車した木曽福島行き普通列車)
 
 
 途中、奈良井駅で特急「しなの」の通過待ち。
 せっかくなので、通過するところを撮影する。
 
C1205a0528
(奈良井駅を通過する特急「しなの」)
 
 

  
 木曽福島。
 みどりの窓口で用事を済ませ、この旅の目的は完了。
 後は帰途につくだけ...
 
 帰りの列車が来るまで、駅舎を撮影したり、近くの店に土産を買いに行ったりする。
 実は、田ぐちの朴葉巻が食べたかったが、まだ発売開始前だった。
 
C1205a0529
(木曽福島駅の駅舎)
  
 
 ちなみに乗車してきた列車は、すぐ折り返すようではなかった。
 というより、折返しになりそうな列車が無いが、時刻表によると上松始発が...
 どうも、乗車してきた列車が回送で送り込まれてこの列車になるのだろう。
 そのためか、側線で「回送」の表示を出して停車していた。
 理由は不明だが、木曽福島~上松間で旅客運転をしないのが、不思議なところ。
 おそらく乗る人がいないから、こういう設定になっているのかもしれないが。
 
C1205a0530 
(木曽福島まで乗車してきた313系...)
 
 
(つづく)

« 木曽福島へ③(辰野経由で塩尻へ) | トップページ | 久しぶりに... »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道:JR東」カテゴリの記事

鉄道:JR海」カテゴリの記事

鉄:甲信越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/55115513

この記事へのトラックバック一覧です: 木曽福島へ④(塩尻から木曽福島へ):

« 木曽福島へ③(辰野経由で塩尻へ) | トップページ | 久しぶりに... »