2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 185系を撮影'12(5) … 湘南色の「草津」を撮影 | トップページ | 木曽福島へ②(八ヶ岳高原列車と元気甲斐) »

木曽福島へ①(小海線で野辺山へ)

 2012.5.12(土)


 ゴールデンウィークの翌週。とある目的を果たすため、木曽福島へ。
 長野新幹線~篠ノ井線~中央西線経由で向かうのが一番スムーズだった。
 しかし、昼のうちに到着できれば目的を果たすことが出来ることがわかったため、
 あえて小海線を利用して、小淵沢回りで向かうことにした。
 
 
 スタートは佐久平駅。
 小海線の列車を待つ間、長野新幹線「あさま」が通過していく。
 小海線ホームから狙ってみることに。
 手前が駐車場、背後にパチンコ店と思しき建物と、なんとなく残念な結果に。
 
C1205a0501 
(佐久平駅・小海線ホームから)
 
 
 佐久平から乗車したのは、小淵沢行。
 小海線営業所がある中込から、ワンマン列車になる。
 おそらく、中込までは通勤・通学時間帯ということで、車掌が乗務していたようだ。
 
 
C1205a0502
(佐久平駅にて)
 
 
 
 途中、八千穂で小諸行を待ち合わせる。
 停車時間が数分あったのは、ワンマン列車に変わった中込の他、途中下車した
野辺山までの間、八千穂だけだった。データイムは運転本数が少ないこともあり、
行き違いの停車はあまりないようだ。
 
C1205a0503
(八千穂にて)
 
  

 
 野辺山。
 この日は、野辺山始発の臨時列車が運転しており、臨時列車に乗り継いでも、
この後の行程はなんとかなると判り途中下車。野辺山駅というと、JRで一番標高が
高い駅として知られており、その標高は1,345.67m。
 「2抜けの野辺山」と憶えると憶えやすいとのこと。
 
C1205a0506
(野辺山駅の駅舎)
 
 
 なお、野辺山駅前の歴史民俗自然公園には、小海線でも活躍した蒸気機関車
「C56 96」が展示されていた。
 
C1205a0509
(野辺山駅近くの公園に展示されていた「C56 96」)
 
 機関車近くの碑に歴史が刻まれていたが、昭和12年3月に稲沢機関区を振り出しに、
その年の9月に渡道し道内を転々とする。本州に戻ってから、中込機関区に配属となり、
小海線でも活躍する。
 その後は、長野県内の機関区を転々とし、国鉄時代の昭和50年に払い下げられ、
高原列車SLホテルの機関車として転用される。しかし、そのホテルも昭和62年3月に
廃業し、平成元年9月に現在の場所に移転保存されたとのこと。
 
 そんなC56を撮影・観察し、駅に戻った。 
 この後、野辺山からさらに南下することに。
 
 
(つづく)

« 185系を撮影'12(5) … 湘南色の「草津」を撮影 | トップページ | 木曽福島へ②(八ヶ岳高原列車と元気甲斐) »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄:保存車両」カテゴリの記事

駅舎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/55006615

この記事へのトラックバック一覧です: 木曽福島へ①(小海線で野辺山へ):

« 185系を撮影'12(5) … 湘南色の「草津」を撮影 | トップページ | 木曽福島へ②(八ヶ岳高原列車と元気甲斐) »