2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« SL C61復活号を撮影(6月18日) | トップページ | SL C61復活号を撮影(6月19日) »

たまには乗り鉄で。上越国境越え...

 2011.6.18(土)
 
 SL C61復活号を撮影するためにやってきた水上。
 前の記事の通り、当初は午後の復路も撮影するつもりでいた。
 しかし、雨が降り出してやまなそう天候に。
 ならばと、乗り鉄に切り換え、上越国境を越えることにした。
 
 ということで、水上から乗車したのは、長岡行の普通列車。
 やって来たのは115系2両編成。短い編成だったので、座席は半分ほど埋まる。
 この日は土曜日ということで、旅行客が多くいたため、比較的賑やかだったのかもしれない。
 
C1106a047
(水上駅に進入する長岡行普通列車)
 
 
 で、下車したのは越後湯沢。
 隣のホームに「はくたか」が停車しており、これを撮影する。
 越後湯沢に来ると、恒例の如く撮影しているが、この光景を見られるのは、あと数年。
 北陸新幹線の開業と同時に、この「はくたか」の運行はおそらく終了してしまうだろう。
 そう考えると貴重かなと感じるが、車両としてはこれ以上新車が入らないだろうし...
 あとは、沿線でどれぐらい撮影できるかということになってくるのかもしれない。
 ただ、北越急行がメインの沿線撮影は、トンネル区間が多くなかなか難しかったりする。
 
C1106a048
(特急「はくたか」。越後湯沢駅にて)
 
 
 このあと、1時間ほどで折返しとなるため、駅舎の撮影やおみやげ物を眺めたり...
 
C1106a049
(越後湯沢駅の駅舎)
 
 
 帰りも各駅停車で。
 乗車したのは水上行。往路とは異なり比較的空いていた。
 せっかくなのでと、車端部のロングシートに腰掛け、窓を開けてのんびり乗車する。
 ということで土合を発車後、湯檜曽駅を眼下に見下ろすことが可能なポイントで...
 
C1106a050
(眼下に湯檜曽駅)
 
 
 久しぶりの上越国境越えを堪能したところで水上へ。
 このまま普通列車を乗り継ぎ帰途に。
 天候不良から旅に出る珍しいケースとなった。
 
 
※2011.10執筆

« SL C61復活号を撮影(6月18日) | トップページ | SL C61復活号を撮影(6月19日) »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東」カテゴリの記事

鉄:甲信越」カテゴリの記事

鉄:関東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/52385345

この記事へのトラックバック一覧です: たまには乗り鉄で。上越国境越え...:

« SL C61復活号を撮影(6月18日) | トップページ | SL C61復活号を撮影(6月19日) »