2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

長電ぶらり旅(3) 長野駅にて

 2011.6.26(日)
 
 長野電鉄・乗り鉄の旅を終え、長野新幹線で帰途に着くことに。
 乗車予定の新幹線が入線するまで時間があったので、おやつを...
 食べたのは、ホーム上の立ち食い蕎麦。意外と本格的な感じだった。
 
C1106a221
 
 
 食後。
 乗車予定の列車が入線したところで、車両に貼られた震災復興のステッカーを撮影する。
 まず、長野方先頭車。白地の「つなげよう、日本。」と貼られていた。
 
C1106a223
 
 そして、東京方先頭車。こちらは、赤地の「がんばろう日本!がんばろう東北!」が。
 
C1106a224
 
 
 おまけ。
 今は「長野」止まりの駅名標。
 数年後には、下の写真の右側にも駅名が記載されているのかなと。
 
C1106a225
 
 
 と、今回の旅の記録はここまで。
 
※2011.10執筆

長電ぶらり旅(2) 「ゆけむり」で楓の湯へ

 2011.6.26(日)
 
 長野電鉄・乗り鉄の旅、午後の部。
 腹を満たしたところで小布施駅に戻り、構内に展示されている車両を見学して回る。
 
C1106a207
 
 なお、車両展示コーナーに向かうために、そのためだけに設置された構内踏切を横断。
 その側線の線路内に通路が設けられているため、構内踏切の片側は線路を遮断する形に。
 なんとなく不思議な踏切になっていた。
 
C1106a208
 
 車両展示コーナーで見学していると、元成田エクスプレスの2100系がやってくる。
 
C1106a209
 
 せっかくなのでと、猿の写真を...
 
C1106a210
 
 
 展示車両を見学後、小布施から湯田中を目指す。
 乗車したのは元小田急HiSEの「ゆけむり」。
 
C1106a211
 
  
 さすがに先頭車は混雑していたので、最後部の展望車へ。
 なお、湯田中付近では40‰の急な勾配が続く。
 確かに最後部から見ていても、急坂を登っていることが判る。
 もっとも車で訪れても、夜間瀬から先は比較的勾配がきつくなる。
 
 終点・湯田中。
 そのまま折り返してもよかったが、駅前の日帰り温泉「楓の湯」で一息つくことにした。
 ちなみにこの日の「楓の湯」は、「バラ風呂」とのこと。
 さすがに湯船を撮影するわけには行かないので...
 
C1106a215
 
 
 帰り。
 湯田中から乗車したのは元日比谷線の3000系。
 
C1106a217
 
 
 そして、信州中野から再び2000系D編成。
 この日、二度目の乗車となる。
 ひとっ風呂浴びて疲れたせいか、さすがに行程に小細工する気が起きないまま長野へ。
 
C1106a218
 
 
 こうして長電ぶらり旅・長電の部は終了。
 帰りも新幹線を利用することに...
 
 
(つづく)
 
※2011.10執筆

長電ぶらり旅(1) 2000系D編成に乗車

 2011.6.26(日)
 
 6月最後の週末。
 いつも上越線沿線に出掛けるのもと思い、少し遠出することにした。
 が、どこに出掛けようかと迷うことに。
 今回は、一緒に出掛ける先輩のYさんのリクエストを聞く。
 今回は5月につづき長野電鉄で2000系D編成の運転を行う、長野電鉄を目指すことに。
 なお、今年に入り、2月、5月と2000系は撮影していたが、乗車する機会は無かった。
 
 
 当日。
 長野新幹線で長野入りする。
 避暑目的なのか、軽井沢までは混雑していた。
 
 長野から乗車したのは、2000系の須坂行。
 とりあえず、これで須坂を目指すことに。
 特急運用から撤退したものの代走で普通電車に充当される機会が多いようだ。
 ただ、この電車を目的に乗車している人はあまりいなかった。
 
C1106a201
 
 
 ということで、須坂。
 乗車してきた電車は長野へ折り返していく。
 
C1106a202
 
 
 須坂駅の構内には既に運用から離脱している2000系A編成(茶)が留置されていた。
 長野電鉄は、こういったメモリアル的要素の強い車両は解体せず留置しているようだ。
 後ろには、OSカーなども留置されていた。
 
C1106a203
(留置されていたA編成。後ろにOSカーも)
 
 
 このあと、長野からやって来た後続電車で小布施へ。
 昼食を摂るため途中下車。
 今年三度目となる竹風堂のお世話に。
 
C1106a204
(竹風堂の栗おこわ)
 
 
 そして、午後の部へ...
 
 
(つづく)
 
※2011.10執筆

SL C61復活号を撮影(6月19日)

 2011.6.19(日)
 
 前日に続いて、営業運転を行うC61を撮影すべく、上越線沿線へ。

 まずは先行列車で練習。
 この日も非ラッピング車だった。
 当たるときは続けて当たるのだが...
 
C1106a055
(水上行普通列車)
 
 
 続いて「SL C61復活号」の往路。
 この日もヘッドマーク無し。
 
C1106a056
(SL C61復活号)
 
 と、午前中の撮影はここまで。
 この後は、いつも通り水上に向かう。 
 
 
 そして午後。転車台の広場へ。
 C61は既に給水整備を終えており、折り返しの出区を待つばかりといった感じだった。
 
C1106a057
 
 
 このあと、再び復路のSLを撮影するため移動。
 到着し準備をしていると、上り列車がやって来るので、カメラを構えた。
 やって来たのは、幕張車両センターの183系。(【32】編成)
 なお、正面の表示は「回送」だった。
 
C1106a058
 
 
 最後は「SL C61復活号」。
 
C1106a059
 
 
 と、この日も往復のSLを撮影したところで撮影終了。
  
 
※2011.10執筆

たまには乗り鉄で。上越国境越え...

 2011.6.18(土)
 
 SL C61復活号を撮影するためにやってきた水上。
 前の記事の通り、当初は午後の復路も撮影するつもりでいた。
 しかし、雨が降り出してやまなそう天候に。
 ならばと、乗り鉄に切り換え、上越国境を越えることにした。
 
 ということで、水上から乗車したのは、長岡行の普通列車。
 やって来たのは115系2両編成。短い編成だったので、座席は半分ほど埋まる。
 この日は土曜日ということで、旅行客が多くいたため、比較的賑やかだったのかもしれない。
 
C1106a047
(水上駅に進入する長岡行普通列車)
 
 
 で、下車したのは越後湯沢。
 隣のホームに「はくたか」が停車しており、これを撮影する。
 越後湯沢に来ると、恒例の如く撮影しているが、この光景を見られるのは、あと数年。
 北陸新幹線の開業と同時に、この「はくたか」の運行はおそらく終了してしまうだろう。
 そう考えると貴重かなと感じるが、車両としてはこれ以上新車が入らないだろうし...
 あとは、沿線でどれぐらい撮影できるかということになってくるのかもしれない。
 ただ、北越急行がメインの沿線撮影は、トンネル区間が多くなかなか難しかったりする。
 
C1106a048
(特急「はくたか」。越後湯沢駅にて)
 
 
 このあと、1時間ほどで折返しとなるため、駅舎の撮影やおみやげ物を眺めたり...
 
C1106a049
(越後湯沢駅の駅舎)
 
 
 帰りも各駅停車で。
 乗車したのは水上行。往路とは異なり比較的空いていた。
 せっかくなのでと、車端部のロングシートに腰掛け、窓を開けてのんびり乗車する。
 ということで土合を発車後、湯檜曽駅を眼下に見下ろすことが可能なポイントで...
 
C1106a050
(眼下に湯檜曽駅)
 
 
 久しぶりの上越国境越えを堪能したところで水上へ。
 このまま普通列車を乗り継ぎ帰途に。
 天候不良から旅に出る珍しいケースとなった。
 
 
※2011.10執筆

SL C61復活号を撮影(6月18日)

 2011.6.18(土)
 
 復活したC61 20が運転開始して3週目の週末。
 最初の2週間の運転ではヘッドマークが取り付けられていた。
 しかし、最後の2週はヘッドマークが無くなるため、撮影に出掛けることにした。
 なお、前週までの人出を考え、少し早めに出掛けることにした。
  
 
 早めに到着したことで、上りの高速貨物から。
 SL用に陣取ったポイントから少しだけ南に移動したところで。
 なお、貨物列車はEH200ばかりになったことで、あまり見向きされないような感じ。
 もっとも、EH200も無くなる頃には注目されるようになるんだろうな...
 
C1106a041
(2092列車) 
 
 
 直前の水上行普通列車。
 この日はラッピング車ではなかった。
 
C1106a042
(先行の水上行)
 
 
 そして、「SL C61復活号」。
 事前のプレス通り、ヘッドマークは無し。
 旧型客車との組み合わせを考えると、ヘッドマークはなくてもいいような感じに。
 なお、2~3号車にはやはり写り込みが。

C1106a043
(SL C61復活号。ヘッドマーク無し)
 
 
 沿線での撮影はここまで。
 このあと、いつも通り水上へ。
 水上に到着する頃には、雨が降り出しそうな天気に。
 それでも、転車台の周辺はかなり賑わっていた。

C1106a044
(整備中のC61 20)
 
 
 この日のSL撮影はここまで。
 天気が崩れそうなので、上りはパスすることにした。
 
 
(つづく)
 
 
※2011.10執筆

SL C61復活号を撮影(6月11日)

 2011.6.11(土)
 
 C61の営業運転開始2週目。
 前週につづき、ヘッドマークが付けられるとのこと。
 ということで、5日と同じポイントで撮影することにした。
 
 先行列車数本で練習後、「SL C61復活号」。
 取り付けられていたヘッドマークは、前週とは異なり朱色ベースのものだった。
 朱色ということで「ゆうづる」辺りを意識したのだろう。
 で、デザイン自体はあまり変わらないようにも感じた。
 
C1106a024
 
 
 このあと、前週と同様に「なごみ」が水上まで運転していたので、そのまま待つことに。
 その間にやってくる、上りの高速貨物(2082列車)を撮影。
 この日のけん引機は、EH200-8。
 後ろのコンテナはぶどう色の物が連なっていた。 
 
C1106a025
  
 
 そして、団体専用列車として、上野~水上間で運転された「なごみ」。
 
C1106a026
   
 
 ここまで撮影したところで、水上駅へ向かった。
 当初は、水上駅前で昼食を摂り、折返し待ちのC61は撮影せずに帰る予定だった。
 しかし、前週とは異なるヘッドマークが取り付けられていたので、撮影して帰ることにした。
 ただ、なごみの回送を撮影したため、すでに13時半。
 ということで、先に昼食を摂ることにした。
 今回は夏らしく、冷やしピリ辛つけ麺を。
 
C1106a028
(冷やしピリ辛つけ麺)
 
 
 午後の部。
 転車台の広場へ。
 さすがに14時過ぎで、かなり落ち着いていた。
 C61は整備を終え、復路の入換を待っていた。
 
C1106a030
  
 
 せっかくなので、このまま水上で発車するところを撮影することに。
 この場所での撮影は昨夏以来。既に先客が多くおり、間に入れて撮影させてもらう。
 
C1106a032
 
 
 この日は水上で力尽き、帰途についた。
 撮ろうと思えば、渋川以南でも撮影できなくはなかったのだが...
 
 

リゾートやまどりの回送を撮影

 2011.6.11(土)
 
 C61復活号運転2週目となる週末。
 この日は、上野駅で「リゾートやまどり」の展示会があった。
 その送り込み回送を撮影するため、井野駅を目指した。
 
 で、カメラを構えて準備をしていると、特急「あかぎ」が。
 運良く湘南色編成を連結していたので、記録しておく。

C1106a021
(上野方の7両は現行の塗色)
 
C1106a022
(後追いで。後ろの7両が湘南色の編成)
 
 
 そして「リゾートやまどり」の回送。
 雨が降ったりする天気で少し暗い感じに。
 比較的落ち着いた色(地味?)だったこともマイナス側に働いてしまったようだ。
 要リベンジということで...orz
 
C1106a023
 
 
 と、井野での撮影はここまで。
 このあと、C61の撮影に向かうことに。
 
 
(つづく)

SL C61復活号を撮影(6月5日)

 2011.6.5(日)
 
 6月最初の週末。
 C61が復活営業運転を開始して2日目。
 2日連続で「SL C61復活号」を撮影に出掛けることにした。
 なお、前日とは少し気分を変えるため、別のポイントへ。
 到着した時には、既に先に訪れた方がおり、その脇に入れてもらう。
 
 いつもどおり、先行列車で練習する。
 今回は直前の水上行普通列車。残念ながらラッピング車ではなかった。
 出くわす頻度は、他の列車より多いように感じていたのだが...
 
C1106a011
 
 
 そして、「SL C61復活号」。
 前日と同じ紺地のヘッドマークだった。
 
C1106a012
 
 
 
 このあと、いつもどおり水上へ。
 ラーメンきむらで昼食を食べてから転車台がある広場へ。
 前日と同じような構図の写真を撮影し、復路の撮影に向かった。
 
C1106a013
 
 
 復路は前日と全く同じような構図で...
 少しは工夫した方がいいのかもしれないが...
 
C1106a014
 
 
 なお、この日は後輩のO君が途中から同行していた。
 その彼は、復路の列車の指定を運良く入手できたとのこと。
 ということで、渋川まで後続列車で追いかけ、お見送り。
 
C1106a016
 
 
 と、この日はここまで。
 前日の酒が残ることなく、一日行動できたのが救いだったのかもしれない...
 
 

SL C61復活号を撮影(6月4日)

 2011.6.4(土)
 
 6月最初の週末。
 4月から試運転を始めたC61の営業運転が開始されることになった。
 そのC61というと、5月5日(水上)と7日(高崎)にお披露目イベントがあった。
 そして5月下旬、6月4日から快速「SL C61 復活号」として運転することが報じられた。
 なお、運転開始を報じたJR高崎支社のプレスPDFによれば、最初の2週間の運行のみ、
復活を記念するヘッドマークを掲出するとのことだった。
 
 
 当日。
 いつも通り、高崎~水上間での運転となるので、岩本へ向かうことにした。
 運転開始初日で賑わうだろうと思い、少し早めに出掛けたところ、既に多くの人が。
 なお、ゴールデンウィーク中には無かった、線路脇にロープが張られていた。
 かなり低い位置なので、見上げるアングルで撮影しない限りは影響は無さそうだった。
 そういえば最近、臨時列車が運転されるたびに警察の方が巡回していたことを思い出す。
 それだけマナーを守らない撮影者が増えているということなのかなぁと感じた。

 なんとなく寂しさを感じつつ、先行列車で練習しながらC61を待つことに。
 撮影したのは、いずれも下り列車で高速貨物と普通列車。
 そのうち、高速貨物は下の写真。けん引機はEH200-5だった。
 気がつけば、EH200の独壇場になっていたんだなと思いつつシャッターを切った。
 
C1106a001
 
 
 そして、快速「SL C61 復活号」。
 C61 20+旧客6両編成。ヘッドマークは紺地のものが取り付けられていた。
 御披露目イベントの際に取り付けられた「はつかり」のような印象だった。
 そして、旧型客車。微妙に沿線の建物だろうか編成後部の車両側面に写り込んでいた。
 で、こういったものを写り込むことを嫌がる人が居るのは承知している。
 しかし撮影している私は、所詮アマチュア。プロの方には適うはずがない。
 (実際に、下の写真について「プロ」と自称されている方から指摘されたので...)
 
 ちなみにこの日は、途中区間で線路内に人がいたため列車が遅れていた。
 昨年のように特急「水上」が運転されていたら、ヒヤヒヤしたのかもしれないが...
 
C1106a003
 
 
 
 このあと、後続の普通列車で水上へ。
 岩本を通過する際に遅れが出ていたせいで、C61の入換も遅れていた。
 ということで、普段はあまり間に合わない転車台上のC61を撮影することが出来た。
 
C1106a004
 
 なお、この日は記念入場券の発売もあり、転車台の広場周辺はいつも以上に賑わっていた。
 並べば買えたのかもしれないが、時間が掛かりそうだったので、購入は諦めることにした。
  
 また、この日はE655系「なごみ」の団体臨時列車が水上まで運行されていた。
 ということで混雑しているC61から離れ、水上駅のホームから「なごみ」を撮影した。
 さすがにこの日はC61が主役と言うことで、「なごみ」はひっそり折り返していった。
 
C1106a005
 
 
 「なごみ」を撮影後、再び転車台の広場に戻り、給水作業が終了したC61を撮影。
 
C1106a006
 
 
 
 この後、C61の復路を撮影するため移動することに。
 時間の都合もあり、以前にも訪れたことがあるポイントへ。
 
C1106a009
 
 
 復路は、往路と同様、渋川を挟んで2回撮影することが可能だったが...
 この数日前から、安中貨物が運転を再開していたので、信越線沿線へ移動。
 やって来た安中貨物は、北斗星色のEF510-503がけん引していた。
 カシオペア色の登板を期待したのだが、そもそもどちらも撮影していないから構わないが...
 
C1106a010
 
  
 と、この日の行動はここまで。
 このあと、とある人に誘われ飲みに行くことになるが...(以下自粛)
 
 

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »