2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 水上にて:高速貨物2071列車 | トップページ | 青森11冬:②新青森にて。785系改造車など... »

青森11冬:①新青森へ...

 2011.2.20(日)
 
 職場の先輩K氏の誘いに乗り、青森まで日帰りの旅に出ることになった。
 しかも、E5系の試乗会にお付き合いすることに。
 ちなみに今回試乗するのは、盛岡~新青森間。
 同区間については、八戸以北の開業後、初乗りとなる。
 まさか、初乗りが試乗会列車になるとは...
 
 
 ということで、当日。
 盛岡駅で受付を済ませ、早速ホームへ。
 乗車するE5系はすでに停車しており、カメラを向けている人も多くいた。
 早速、混ざって撮影することに。
 
C1102a071
(E5系。東京方先頭車)
 
 そして、側面に描かれていたロゴマーク。
 おそらく、はやぶさをイメージしたものなんだろう...

C1102a072
(E5系。側面のロゴマーク)
 
 
 乗車したのは、普通指定の車両。
 残念ながら、目玉のグランクラスやグリーン車の見学は適わなかった。
 グランクラスはホーム上から見ることが出来たが、なんとも贅沢そうな感じ。
 一度は乗ってみたい気もするが、なかなか縁が無さそうな感じもした。
 なお、今回乗車した普通指定車両も、座席のモケットを含め、落ち着いた感じだった。
 座席はというと、枕部が上下移動し、座り心地もよかった。
 (新車だからと言われればそれまでだが...)

C1102a073
(車内の様子)
 
 また、仕切り扉上に設けられた表示器はN700系のような大型の物。
 これならば、車内後よりの席でも、なんとなく見ることが出来る。
 今回乗車したのは、一番端の席だったが、LED表示の判読は可能だった。

C1102a074
(車内表示...)
 
 そして、E3系2000番台(つばさ編成)の普通車と同様に、窓際下部にコンセントが。
 東京~新青森間が3時間10分で結ばれることを考えると、モバイル機器全盛ゆえ、
このような設備を標準仕様となっているのはありがたいと感じた。(画像省略)
 
 
 
 そんな試乗会列車は、八戸に停車し、1時間ほどで新青森へ。
 新青森到着直前、青森市内を北に見て、ぐるっと回っていく。
 遠くに、三角形の建物がかすかに見えてくる。青森駅近くの物産館アスパムだった。
 その近くには青森ベイブリッジの姿も。とすると、あの辺りが青森駅なのかなと。
 さらにその奥には、青森駅に隣接する陸奥湾も遠くに見ることが出来た。

 最後のトンネルを抜けると、三内丸山遺跡脇を三内丸山架道橋で掠めていく。
                                (→施工した錢高組のHPへ)
 
 乗り心地がよく、あまり観察することなく、終点の新青森に到着。
 ここまで来て、そのまま帰るのももったいないだろうと、青森市内へ向かうことにした。
 

« 水上にて:高速貨物2071列車 | トップページ | 青森11冬:②新青森にて。785系改造車など... »

鉄道:JR東」カテゴリの記事

鉄:新幹線」カテゴリの記事

鉄:東北」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/50937335

この記事へのトラックバック一覧です: 青森11冬:①新青森へ...:

« 水上にて:高速貨物2071列車 | トップページ | 青森11冬:②新青森にて。785系改造車など... »