2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 2011初鉄:タンクコンテナとタキ38001 | トップページ | 上電・デハ101臨時運行を撮影 »

大胡駅行きのバスに揺られて...

  1月 3日(月)
 
 三が日最終日の3日。
 今年も上毛電鉄でイベントが行われ、出掛けることにした。

 で、当日。
 軽く?寝坊してしまい、乗車予定の列車に間に合わないことが判明する。
 今回のイベントでは、吊り掛け電車デハ101が臨時電車として運行することになっていた。
 走行シーンを撮影するためには後続列車だと少し忙しいかなと判断し、高崎駅東口から
大胡駅に向かう路線バスを利用することにした。
 この路線バスを運行するのは、夜行バス「シルクライナー」を運行する日本中央バス。
 数年前に運転を開始した路線で、変わった区間を運行しており前から興味があった。
 
 
 ということで、高崎駅東口へ。
 バスの発着場は駅から若干離れたところにあり、判りにくい場所にあった。
 すでにバスは発車を待つ状態で停車していたが、ほかに乗客はいなかった。
 

C1101a011
(高崎駅東口近くのバス停で発車を待つ大胡行の路線バス)
 
 
 結局、発車するまでほかに乗客は現れなかった。
 もっとも、三が日の9時頃に大胡方面に向かう人はいないのかもしれないが...
 なお、発車前に運転手に伺った話だと、速度40Km/hで設定されているとのこと。
 そのため、比較的ゆっくり走り、途中で時間調整することもあるとのことだった。
 実際に走行を開始すると、50Km/hの道路を走ることも少なくなかった。
 どうも力を持て余しているようで、途中にある日本中央バスの前橋営業所に併設されている
前橋バスセンターのバス停では、時間調整ということで2分ほど停車した。
 
 さらに前橋市内を走り、駅舎の橋上化工事が行われていた駒形駅のバス停へ。
 ここでようやく乗客が1人増える。しかし、途中か乗車したのもこの人だけだった。
 そんな、なんとなく寂しい路線バスの旅は、終点の大胡駅で幕を閉じた。
 

C1101a012
(終点は大胡駅の駅前。ということで、大胡駅の駅舎)  
 
 
(つづく)

« 2011初鉄:タンクコンテナとタキ38001 | トップページ | 上電・デハ101臨時運行を撮影 »

バス:路線バス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/50505316

この記事へのトラックバック一覧です: 大胡駅行きのバスに揺られて...:

« 2011初鉄:タンクコンテナとタキ38001 | トップページ | 上電・デハ101臨時運行を撮影 »