2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 2010年7月11日 - 2010年7月17日 | トップページ | 2010年7月25日 - 2010年7月31日 »

2010年7月18日 - 2010年7月24日

EF60がけん引するEL碓氷号

  7月17日(土)

 海の日がらみの3連休がスタートした17日。
 横川からのEL碓氷号を撮影するため、安中~群馬八幡間へ。
 午前中は別行動をしていた、後輩のOくんと合流する。
 申し合わせたわけではないが、結果的に鉢合わせすることに...

 で、3連休初日のEL碓氷号のけん引機はEF60 19。
 一灯化された前照灯が特徴的な機関車。
 なお、最後部に往路のけん引機 D51が連結されているため、ゆっくり通過していった。
 

C1007a030
(EL碓氷号。安中~群馬八幡間)

 望遠レンズを付けていなかったため、なんとなく遠目な画像になってしまった。
 なお、この日はこの後、数箇所で撮影しつつ、帰途についた。
 
 

横川駅にて

  7月17日(土)

 海の日がらみの3連休がスタートした17日。
 磯部駅付近でSL碓氷号を撮影後、向かったのは横川駅。
 ここで折返しを待つ編成を撮影することに。


 ということで、横川駅。

C1007a026
(横川駅駅舎)

 
 ホームに入場し、まずSL碓氷号の先頭、D51 498号機側から。
 春の運転から取り付けられた後藤デフ、集煙装置は相変わらず取り付けられていた。

C1007a027
(D51 498が先頭だったSL碓氷号)
 
 
 そして、EL碓氷号の先頭に立つ、EF60 19。
 前照灯が一灯化されている。

C1007a028
(EF60 19が先頭になるEL碓氷号)
 
 
 この後、所用のためここで一旦撮影を終了し、横川駅を後にした。
 
 
(つづく)

SL碓氷号を撮影

  7月17日(土)

 海の日がらみの3連休がスタートした17日。
 この日から運転を開始したSL碓氷号を撮影するため、磯部駅近くのポイントへ。
 なお、今シーズンもSL碓氷号は運転回数が少なく、この3連休のみの運転に。
 ただ、折返しとなるEL碓氷号のけん引機が日替わりになるとのこと。
 そういう意味では、いちおう変化がつく運転になることに。
 
 ということで、一村一山号を撮影した後、高速道路を利用し磯部駅近くへ。
 途中、群馬八幡~安中間の碓氷川橋りょうの撮影ポイントには、かなり人が出ていた。
 とすると、磯部駅付近も混んでいるのかなと思ったが...
 駅間があり、ポイントがいくつか分散されるせいか、なんとか場所は確保できた。

 1時間弱待ってやって来た、SL碓氷号。
 けん引機はいつも通りD51 498号機。
 来年になるとC61が復活するが、復活後はけん引機が変わったりするのだろうか?
 そして客車は、12系4両編成。
 横川駅のホーム長の関係があり、SLみなかみ号より2両短い編成に。
 後ろにぶら下がるのは、一灯化されたEF60 19。
 そんな編成をしっかり撮影することが出来た。

C1007a025
(SL碓氷号)
 
 
 列車が通過するまで時間があったが、ずっと外で待ったせいかすっかり日焼けしてしまった。
 また、車に置いておいたペットボトルのお茶はホットに。
 と、少し暑すぎる気もしたが、折返しシーンを撮影するため、横川を目指すことに。
 
 
(つづく)

快速一村一山号を撮影

  7月17日(土)

 海の日がらみの3連休がスタートした17日。
 マリンブルーくじらなみ号に続き、岩本駅付近で撮影したのは快速「一村一山号」。
 土合駅で開催された駅からハイキングに合わせて運転された臨時列車。
 今年の夏は、撮影した17日と 9月18日の2回だけ運転される。
 なお昨年は、9月に運転された同列車を往復ともに撮影した。
 ただ、OM102編成が充当されてしまい、復路は「足利藤まつり号」の表示だった。
 ということで、やって来たら「草津」の表示だったらどうしようなんて思いつつ待っていた。
 
 
 そんな、快速「一村一山号」。
 今年は両先頭車ともに特急マークが掲出されているOM103編成で運転された。
 ということで、ヘッドマークも組み込まれている正当なものが表示されていた。

C1007a023
(岩本駅付近を通過する快速「一村一山号」)
 
 
 ちなみに、前の記事が熊谷始発だったのに対し、こちらは上野始発だった。
 目的と目的地、乗車客のターゲットが異なるため、始発駅も異なるようだ。
 

 なお、この列車が来る少し前に、秋田貨物駅からの上り高速貨物2092列車も撮影した。
 前の記事の2083列車とは異なり、ISOタンクコンテナも積載されていて、賑やかだった。

C1007a024
(岩本駅付近を通過する2092列車)
 
 
 実は昨年9月、一村一山号を撮影に訪れた際にも岩本駅付近でこの列車を見ていた。
 ただ、撮影ポイントに到着する前に通過していったため、撮影が間に合わなかった。
 ということで、前回から10ヶ月。今回は無事に撮影することが出来た。
 
 
 そして、ここから南下することに。
 
 
(つづく)

マリンブルーくじらなみを撮影

 5月の旅は一旦ストップして、連休中に撮影した列車を...
~~~~~~~~~~~~~~~
  7月17日(土)

 海の日がらみの3連休がスタートした17日。
 群馬県内で臨時列車が運転されるため撮影に出掛けた。
 
 まず、最初に訪れたのは、岩本駅付近。
 撮影したのは、マリンブルーくじらなみ号。
 編成は183系6両編成で大宮総合車両センターのOM101編成。

C1007a021
(岩本駅付近を通過するマリンブルーくじらなみ号)
 
 
 以前は、165系で運転されていて、宮原や両毛線内を始発として運行されていた。
 なお、新潟県側の運転区間は、柿崎以外にも、潟町や直江津だったことも...
 そんな列車も、165系の引退により車両が183系に置き換えられた。
 そして運転区間は、数年前から熊谷~柿崎間の列車として固定されている。
 
 
 マリンブルーくじらなみ号の後を追うように、高速貨物の2083列車も。
 けん引機はEH200-1。トップナンバーだった。

C1007a022
(岩本駅付近を通過する2083列車)
 
 
 空コキがあまりなかったが、積載しているコンテナは、ほぼブドウ色の12ftコンテナ。
 東北線系統のように、積載しているコンテナがもう少し賑やかだといいんだが...
 それにしても、気付けば上越国境の貨物は、EHの天下に変わっていたんだなぁと。
 しかも、効率よく運用されるよう、一部の貨物列車が昼間にシフトしていたりする。
 にもかかわらず、まともに64重連を撮っていなかったのが今になっては悔やまれる。
 と、悩んでも仕方がないので、これからは機会があれば、貨物にも目を向けなくてはと。
 そんなことを思いつつ、もう少しこの場所に滞在することに。
 
 
(つづく)

コロ旅:東京再発見の旅(20)

  5月16日(日)

 コロプラ「東京再発見! 食べつくしキャンペーン 」の旅 2日目。

 2日目もいよいよ終盤戦。
 渋谷から副都心線に乗り換える。
 開業して随分話題になっていたが、実は訪れるのは初めて。
 渋谷以南が開通すると2面4線で運用出来るよう工事は完了していた。
 しかし、現在はそこまで必要ないようで、外側の2線のみを使用しており、
内側の2線は、渡し板が数箇所設置されていて両ホームを接続していた。

C1005a143
(使用されていない渋谷駅の内側の線路)
 
 なお、次の目的地は雑司ヶ谷。
 先に発車する急行は停車しないため見送って、後続の和光市行に乗車する。

 ■副都心線・渋谷→雑司ヶ谷(7.1Km)
  7130(メトロ車/和光市行)

 雑司ヶ谷。
 地下深いところから改札を抜けて地上へ向かう。
 新しい線ということが影響してなのか、かなり深い様に感じた。
 地上に出たところで26品目の「雑煮」を完成させる。

C1005a144
(雑司ヶ谷駅)

 雑司ヶ谷から食材狙いで、そのまま地下鉄赤塚を目指す。
 次に乗車したのもメトロ車。

 ■副都心線・雑司ヶ谷→地下鉄赤塚(9.5Km)
  7134(メトロ車/和光市行)

 地下鉄赤塚。
 料理の素材「米」を拾うためだけで下車。
 改札内のコンコースで「牛肉」とともに拾うことができたので、再びホームへ。
 3日目のフリー切符を入手するため、小竹向原に戻ることに。

 ■有楽町線・地下鉄赤塚→小竹向原(4.7Km)
  7401(メトロ車/渋谷行)
 
 小竹向原。
 改札前の定期券売場へ。そういえば昨日もここにきたような気が...。
 そんなことを思いつつ、3日目に利用するコロプラ一日乗車券を購入する。
 これでどこからスタートしても大丈夫に。
 
 そしてこの日は、このまま和光市経由で帰途についた。
 2日間でお腹いっぱいなんだが...

 ■有楽町線・小竹向原→和光市(8.3Km)
  10309(メトロ車/川越市行)

 

コロ旅:東京再発見の旅(19)

  5月16日(日)


 コロプラ「東京再発見! 食べつくしキャンペーン 」の旅 2日目。

 九段下。
 今度は半蔵門線に乗り換える。
 今回の旅では、半蔵門線は北千住や押上付近ではお世話になっていたが...
 ここは直通運転している東武車にお世話になり青山一丁目を目指す。

 ■半蔵門線・九段下→青山一丁目(4Km)
  58054(東武車/中央林間行)
 

 青山一丁目。
 地上に出て25品目の料理「黄身しぐれ」を完成させる。
 
C1005a141
(青山一丁目駅)
 
 場所柄なのか、なんとなく物々しい雰囲気を感じたりもしたが... 

C1005a142
(青山一丁目交差点)

 そして、メトロ車で渋谷を目指した。

 ■半蔵門線・青山一丁目→渋谷(2.7Km)
  08-204(メトロ車/中央林間行)
 
 
(つづく)

« 2010年7月11日 - 2010年7月17日 | トップページ | 2010年7月25日 - 2010年7月31日 »