2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 新宿から草津温泉へ~草津号50周年記念列車運転 | トップページ | 湘南色の草津号で長野原へ »

3連休初日の撮影。午後の部...

 10月 9日(土)

 あまり気の利いた「タイトル」にならないなぁ...orz

 10月3連休の初日。
 翌日、東新潟機関区でのイベントに展示する機関車が送り込まれることに。
 調べてみると、通常は貨物列車の6789列車の時刻で運行されるとのこと。
 ということで、所用を終え再び井野駅に向かった。
 
 流石に少し早めに到着したため、先客はいなかった。
 しかし、列車の通過時刻が近づくと、数人がカメラを構える状態に。
  
 まず、先行する高速貨物の2071列車。
 EH200-7号機がけん引するコンテナ列車で、隅田川発富山貨物行。
 昼間の列車にシフトされたことにより、撮影機会が増えた気がする。
 そのため先日も、沼田~後閑間で撮影している。

C1010a023
(井野駅に進入する2071列車)
 
 
 そして、お目当ての回送列車。
 EH200-6号機がけん引し、その後ろにEF65 535とDD51 822が連結されていた。
 普段は見掛けない編成ということもあり、なんとなく違和感が...
 
 それにしても、このところEF65 535のイベント出現率が高くなりつつあるような...
 EF65の500番台は、定期使用されることが無くなり、残存機はかなり少ない。
 というのも、鉄道車両は用途が無くなれば廃車されてしまう。
 そう考えれば、現状で保存しているJR貨物に感謝すべきなのかもしれない。
 そんな機関車について、一部では署名運動をして残そうという動きもあるようだ。
 おそらく、「残存機が少ない」=「貴重」という図式なのかもしれないが...
 確かに世界遺産や産業遺産のように、残すことが大事なこともあるかもしれない。
 しかし「残すこと」は、そのモノの維持に莫大な金が掛かり、途中で止められない。
 で、その車両を所有しているのは、あくまでも一企業であるJR貨物。
 しかも、JRの本州三社と比較すれば、まだまだ経営が順調とは言えない。
 ということで、あくまでも成り行きに任せ、静かに見守りたいと感じた。
 
C1010a024
(ということで、送り込み列車)
 
 
 その送り込み列車。
 せっかくなので、後追いでも撮影しておく。

C1010a025
(送り込み列車の後追い)
 
  
 
 この後、185系湘南色編成を撮影するため、お隣の新前橋へ向かった。
 昼頃、臨時特急「草津51号」として長野原草津口に向かったが、帰りは回送列車。
 このまま井野駅でも撮影することは出来たが、雨が降っており通過の撮影は辛い。
 となれば、停車する新前橋駅で撮影する方がいいのかなと、移動することにした。
  
 ということで、新前橋。
 すでに雨は本降りに。
 雨に濡れつつ、なんとか記録してみた...
 
C1010a026
(新前橋駅に停車中の185系湘南色編成)
 
 
 この日の撮影はここまで。
 湘南色編成の晴れ舞台となるべく日だったが、残念ながら雨。
 翌日以降に賭けてみることにして、新前橋駅を後にした...
 
 

« 新宿から草津温泉へ~草津号50周年記念列車運転 | トップページ | 湘南色の草津号で長野原へ »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東」カテゴリの記事

鉄道:JR貨」カテゴリの記事

鉄:関東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/49801309

この記事へのトラックバック一覧です: 3連休初日の撮影。午後の部...:

« 新宿から草津温泉へ~草津号50周年記念列車運転 | トップページ | 湘南色の草津号で長野原へ »