2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 北海道3日目:くしろ湿原ノロッコ号 | トップページ | 北海道3日目:釧路からさらに東へ »

北海道3日目:釧路湿原・細岡展望台へ

  6月19日(土)

 北海道の旅 3日目。

 くしろ湿原ノロッコ2号で下車したのは釧路湿原駅。
 木造でロッジ風の駅舎だった。

C1006a150
(釧路湿原駅駅舎)
 
 ただ、この釧路湿原駅自体は、湿原の真ん前というわけではなかった。
 ホーム自体は木々に囲まれているところだった。

C1006a151
(ホームから東釧路方を望む) 
 
 
 帰りの列車が発車するまでの約1時間。
 あまりのんびりしている間はない。早速周辺を探索することにした。
 で、今回目指したのは、釧路湿原駅から徒歩10分ほどの細岡展望台。
 ここは2007年、SL冬の湿原号撮影の際、K先輩と訪れたことがあった。
 ということで約3年ぶりとなる再訪。
 
 ただ、前回は車で直づけしたが、今回は徒歩。
 釧路湿原駅は、目指す細岡展望台のほぼ真下にあり、まずは階段を上る。

C1006a153
(階段を登っていく)
 
 さらに獣道のようなところを少し通り、ビジターズラウンジ前の車道に出て数分。
 お目当ての細岡展望台に到着する。
 前回は雪が積もる冬景色で、全体が白かったことが印象に残っていたのだが...
 
C1006a155
(細岡展望台からの眺め)
 
 
 そして、さすがに前回の積雪時とは異なり、観光客の姿も多かった。 

C1006a156
(ということで、もう1枚)
 
 
 早歩きで展望台に到着したため、まだ少し余裕があった。
 ならばと、途中にあったビジターズラウンジにも立ち寄ってみることにした。

C1006a157
(細岡ビジターズラウンジ)
 
 
 ビジターズラウンジ内では、釧路湿原のことについての展示などがあった。
 そんな展示を見たり、売られていたおみやげ物を見たりして時間をつぶす。
 
 ここまで見学したところで、駅に戻る時間に。
 もう一度だけ駅舎を撮影し、釧路湿原を後にした。
 
C1006a159
(釧路湿原駅をもう一度...)
 
 
(つづく)

« 北海道3日目:くしろ湿原ノロッコ号 | トップページ | 北海道3日目:釧路からさらに東へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR北」カテゴリの記事

鉄:北海道」カテゴリの記事

駅舎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/50203539

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道3日目:釧路湿原・細岡展望台へ:

« 北海道3日目:くしろ湿原ノロッコ号 | トップページ | 北海道3日目:釧路からさらに東へ »