2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 北海道3日目:「ふらり」というバス停 | トップページ | 北海道3日目:エスカロップを食す »

北海道3日目:納沙布岬にて

  6月19日(土)

 北海道の旅 3日目。
 寄り道しつつ到着したのは、納沙布岬。
 日本の実効支配下では、一番東にある岬。
 
 その岬に到着したのは、17時近く。
 夏至が近いこともあり、まだ明るかったが、帰りもあるので、足早に見学する。

C1006a177
(納沙布岬の標柱)
 
 
 ここには、「四島(しま)のかけはし」という大きな構造物が。
 北方領土の早期返還を願い、1980年に設置されている。
 構造物の下では、火も焚かれていた。

C1006a179
(四島(しま)のかけはし)
 
 
 また、その近くには、北方館という資料館が建っていた。
 しかし、ここの開館時間は17時まで。到着した時には、すでに閉館していた。
 なんともタイミングが悪いなぁと思いつつ、岬近くの灯台にも行ってみることにした。
 
C1006a178
(北方館) 


 ということで、納沙布岬で最後に訪れたのは、納沙布岬灯台。
 すでに1998年に無人化されていることもあり、周囲に人の姿はない。
 岬に続いて、ここもまた静寂に包まれていた。
 この奥の崖下には、座礁したロシアの船が未だに残されていたりする。
 
C1006a180
(納沙布岬灯台と今回利用したレンタカー)
 
 
 納沙布岬への旅はこれで終了。
 そして、根室市内を目指し、来た道をひたすら戻ることになる。
 
 
(つづく)

« 北海道3日目:「ふらり」というバス停 | トップページ | 北海道3日目:エスカロップを食す »

ドライブ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

旅:岬めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/50381209

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道3日目:納沙布岬にて:

« 北海道3日目:「ふらり」というバス停 | トップページ | 北海道3日目:エスカロップを食す »