2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 北海道3日目:釧路湿原・細岡展望台へ | トップページ | 北海道3日目:日本で一番東にある駅・東根室 »

北海道3日目:釧路からさらに東へ

  6月19日(土)

 北海道の旅 3日目。
 釧路に戻り、次に目指すのは根室。
 くしろ湿原ノロッコ1号が到着すると、向かい側にはすでに根室行が入線していた。
 札幌からのスーパーおおぞらが到着する前だったので、何とか座席を確保できた。
 車両は、ここもキハ54の単行。で、花咲線仕様のピンク色の帯を巻いていた。
 
C1006a161
(釧路から乗車した根室行普通列車)
 
 
 
 釧路を発車し、昼食の駅弁を食べることにしたのだが...
 購入したのは釧路駅で売られていた「たらば寿司」。
 最近、近所のスーパーなどの駅弁市でも売られ、人気になっているらしい商品。
 ただ、思いの外軽いなぁと観察すると、上げ底構造の器になっていて量が少なかった。
 これで1480円だと、材料がいいものを使っているにしても、少し高い気がした。
 確かに、味は悪くは無かったのだが、次回は手を出さないだろう。

C1006a162
(釧路駅で購入した「たらば寿司」)
 
 
 そして列車は、東を目指しひたすら走る。
 緩急車駅舎の尾幌を出ると牧場が点在する。
 日本有数の酪農地帯だけあるなと。

C1006a163
(尾幌駅駅舎は緩急車)

 門静。ホームの向かい側では昆布干し。
 そしてこの辺りから海岸沿いを走る。
 
 この後、お昼寝タイムに...
 乗りつぶしだって言うのに、気持ちよく寝てしまう。 

  
 目が覚めたのは、茶内~浜中間。
 まだ、旧釧路支庁エリアだったが、携帯電話を操作してみた。
 すると、国盗りの方は当然ながら「釧路」だったが、コロプラは「根室」拾い成功。
 釧網本線・川湯温泉駅付近での出来事とは、まったく逆の展開になった。
 ただ、成功というよりは、対岸盗り状態のような気が...
 そして、周囲は段々もやってくる。
 
 旧根室支庁エリアに入り、厚床。
 上り列車の待ち合わせのため、少し停車する。
 ここで携帯を操作すると、ようやく国盗りも「根室」盗りに成功する。
 これで国盗り北海道はあと一つ。長かった...
 
 
 さらに東に進み、別当賀を出ると、人家が全くない丘陵地帯をしばらく走り海岸線へ。
 久しぶりに太平洋沿いを走ることになるが、もやっていて何も見えない。
 大丈夫かなぁ?と思いつつ、先が思いやられる状態に。
 
 海岸沿いを走り、落石付近から根室を目指し、やや北を目指していく。
 そして数駅走り、東根室。
 日本で一番東にある駅として有名な駅。
 1面1線の小さい駅だったが、根室市中心部に近いようで、アパートのような住宅も見えた。
 ただ、さすがに停車時間が短いので、車内から駅名標を撮影するのが精一杯。

C1006a164
(東根室駅の駅名標)
 
 
 そして、東根室から一駅で終点の根室に到着。
 釧路から135.4Kmの距離を、2時間17分掛けて到達。
 ということで、表定速度を算出すると、60km/h弱と比較的足が速い列車だった。
 おそらく高速運行を妨げるような、カーブや勾配があまりないことも影響しているのだろう。
 
C1006a166
(根室駅に到着したキハ54)
 
 
 このあと、とある場所を目指すことにした。
 
 
(つづく)

« 北海道3日目:釧路湿原・細岡展望台へ | トップページ | 北海道3日目:日本で一番東にある駅・東根室 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR北」カテゴリの記事

鉄:北海道」カテゴリの記事

食:駅弁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/50203543

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道3日目:釧路からさらに東へ:

« 北海道3日目:釧路湿原・細岡展望台へ | トップページ | 北海道3日目:日本で一番東にある駅・東根室 »