2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 北海道2日目:野寒布岬 | トップページ | 北海道2日目:宗谷岬へ »

北海道2日目:日本最北端の駅そば

  6月18日(金)
 
 北海道の旅 2日目。
 稚内駅に戻ってきて一息つく。
 ということで、オープンしたばかりのバスターミナルへ。

C1006a056
(稚内駅前のバスターミナル)
 
 
 そして、通りを挟んだ反対側に、訪れた1週間前まで使用されていたバスターミナルが。
 まだ整理されていない感じもしたが、次回訪れるときには、跡形もなくなっているのだろう。
 (って、次回がいつなんだか...)

C1006a057
(以前のバスターミナル)


 ということで、新しいバスターミナルへ。
 中には、地元の宗谷バスのカウンターが構えている。
 ここで、次の目的地・宗谷岬への往復バス乗車券を購入する。
 写真入りの往復乗車券は、2430円。
 片道1350円のところが1215円と、往復割引が適用され、1割引になる。
 それにしても、割引適用とはいえ、5円単位とは珍しい気もするのだが...

C1006a058
(バスターミナルで購入した往復乗車券)

 
 なお、バスターミナル内には、JR稚内駅と接合した後の完成予想が展示されていた。
 完成すれば、寒い冬の時期など、直結することで利便性が向上するのだろう。
 ただ、下の写真の模型だと、完成後も稚内駅は1面1線のままになってしまうようだ。
 列車本数からすれば十分なのかもしれないが...

C1006a059
(完成予想模型)
 
 
 と、完成予想などの展示品を見て回ったが、まだ7時半。
 宗谷岬に向かう始発のバスは8時10分発。意外と朝が遅い路線だったりする。
 ということで、まだ時間があるので朝食を摂ることに。
 せっかくなので、稚内駅の中にある日本最北端の駅そば屋「そば処宗谷」へ。
 とはいうものの、下の写真の通り「日本最北端」ってPRが無く、至って普通の店構え。
 
C1006a060
(日本最北端の駅の立ち食いそば屋「宗谷」)
 
 
 何を食べようかと迷ったが、まだ頭が回転していなかったため「たぬきそば」を。
 もっとも、下の写真にもあるとおり、いかにも「稚内」というメニューはなかったりする。
 それにしても、稚内駅の列車本数を考えると、駅そば屋があること自体不思議な気も。
 はたして商売が成り立つのかなと。流石に、そんなことは聞けなかったが...
 
C1006a061
(「そば処宗谷」のたぬきそば)

 
 平らげたところで、宗谷岬行きバスを待つことに。
 

(つづく)

« 北海道2日目:野寒布岬 | トップページ | 北海道2日目:宗谷岬へ »

バス:路線バス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/49930254

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道2日目:日本最北端の駅そば:

« 北海道2日目:野寒布岬 | トップページ | 北海道2日目:宗谷岬へ »