2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

高崎車両まつりへ

  7月24日(土)

 岩本付近でたんばらラベンダー号などを撮影した後、高崎へ。
 この日は、高崎駅構内では「高崎車両まつり」が開催された。
 高崎での公開イベントというと数年ぶりだったと思われる。
 以前は、高崎第二機関区や高崎機関区で何回もイベントが開催されていたが、
ここ数年はパック商品としてクローズドで開催される撮影会ぐらいしかなかった。
 ということで、そんなイベントへ。
  
 今回のイベントの会場は、高崎駅南側の客車が留置されているエリア。
 10時から開催されていたが、到着したのは昼過ぎ。しかも炎天下。
 長い時間滞在するのは難しそうなので、短時間で勝負することに。
  
 
 ということで、会場。
 会場の入口付近では受付があり、専用のパンフレットが配布されていた。
 そして、そのパンフレットに押せるようにと特製のスタンプも。
 
 
 会場内は保守用車両の体験乗車があったり、旧型客車の休憩スペースなどが。
 そして車両展示。入口から少し遠いところに。
 今回、事前にプレスされていたのは4両。
 EF55 1、EF60 19、EF65 501、DD51 842。
 ところが、展示されているのは5両。
 追加されたのか、EF65 535も展示されていた。
 
C1007a041
(展示されていたのは5両)


 ということで、少し近づいて撮影することに。
 まず、EF55とDD51。
 EF55は昨年1月にさよなら運転の際に撮影して以来となる。
 
C1007a042
(EF55とDD51)
 

 そして、EF65が2両。
 500番台のP型・501号機とF型・535号機。
 535号機は引退しているため、大宮のイベントぐらいでしか見る機会がない。
 
C1007a043
(EF65 501とEF65 535) 
 
 
 と、ここまで撮影したところで、体力を消耗しきったので、会場を後にした。
 

SLみなかみ号を撮影

  7月24日(土)
 
 たんばらラベンダー号を撮影したところで移動。
 次に向かったのは、津久田~岩本間の津久田より。
 以前は農協の倉庫があった、農協踏切の近くへ。
 すでに先客の三脚が並ぶので、その後ろから撮影することに。
 
 
 到着して最初に撮影したのは、たんばらラベンダー号の折返し回送。
 たんばらラベンダー号として沼田に到着した「彩(いろどり)」。
 夕方の上り列車までの時間、昼寝(車両留置)の関係で新前橋へ向かう。

C1007a038
(たんばらラベンダー号の折返し回送)
 
 
 SLみなかみ号の前に115系の水上行。
 以前は、この列車で岩本に向かい、SLを撮影していたが...
 最近は、岩本駅付近で撮影することが多いせいか、この列車にはあまり乗っていない。

C1007a039
(115系水上行)
 
 
 そして、SLみなかみ号。
 上り勾配を颯爽と通過してゆく。

C1007a040
(津久田~岩本間を走行するSLみなかみ号)

 客車側の一番前の車両で、なにやら撮影していたようでビデオカメラが...orz
 
 
 ここまで撮影したところで、この日の上越線の撮影は終了。
 次の目的地、高崎市内を目指した。
 
 
(つづく)

たんばらラベンダー号を撮影

  7月24日(土)

 SL碓氷号を撮影に出掛けて、体調を崩した翌週の24日。
 この日から運転を開始する、臨時快速「たんばらラベンダー号」を撮影するため岩本へ。
 よく考えれば、他にも撮影しやすいポイントはあるはずだが、毎回同じ場所に。
 
 先週と同様に岩本駅付近へ。
 
 車両は485系6両編成の「彩(いろどり)」。
 ヘッドマークはディスプレイが埋め込まれている。
 周囲が明るかったため、あまりよくは見えなかった。
 ただ、なにやら絵入りのヘッドマークが表示されていた。

C1007a037
(岩本駅付近を通過するたんばらラベンダー号)
 
 
 たんばらラベンダー号を撮影し終えたところで、次のポイントへ。
 
 
(つづく)

う回カシオペアを撮影

  7月18日(日)

 海の日がらみの3連休の中日となった18日。
 EL碓氷号を撮影し終え、帰途につく予定だった。
 しかし、後輩Oくんからのメールで予定を変更し、高崎操車場付近に向かった。
 というのも、IGRいわて銀河鉄道線内で線路に異常があったとのこと。
 そして、その列車がう回運転して、高崎線・上越線を経由するとのことだった。

 ということで、高崎操車場付近。
 すでに、カメラを構える先客の脇に入れてもらい撮影することに。

C1007a036
(高崎操車場付近を通過する、う回カシオペア)


 やって来た「う回カシオペア」はEF81の星釜・98号機がけん引していた。
 7月に入り、EF510がけん引するようになっていたので、高崎線でもと思った。
 ただ、高崎線内ではEF510で運転している列車は、まだ1本もない。
 とすると、運転できる乗務員もいないだろうからなぁと思っていた。
 もっとも、今後はう回列車をEF510がけん引する日が来るのかもしれない。
 でも、「う回=何か事情があって」という図式になるので、あまりうれしくはないが...
   
 
 そして、この日の撮影はここまで。
 流石に2日続けて、炎天下での撮影のため、体力を消耗しきりダウン。
 3日目は自宅療養するハメに。
 
 

EF64 1001けん引のEL碓氷号

  7月18日(日)

 海の日がらみの3連休の中日となった18日。
 所用を済ませた後、EL碓氷号を撮影するために再び信越線沿線へ。
 訪れたのは、前日と同じ、安中~群馬八幡間。

 まず、撮影したのは、EL碓氷号。
 この日のけん引機は、すでに前の記事で、横川駅での写真を掲載したEF64 1001。
 列車が通過する直前になると、カメラを構える人は10人以上に。
 けん引機が日替わりで運転するせいなのか、前日と同じ感じに。

C1007a034
(EF64 1001がけん引するEL碓氷号。安中~群馬八幡間)


 ここで、ほとんどの人が撤収していったが、もう少し待って後続の普通列車も撮影した。
 やって来たのは、115系4両編成で、群馬デスティネーションキャンペーンのラッピング電車。
 ただ、夕暮れ時で、車体が輝いてしまい、いまいちな画像になってしまった。

C1007a035
(夕暮れの信越線を行く、ラッピング電車。安中~群馬八幡間)


 この日はここまで撮影して撤収する予定だった。
 しかし、前日ここで一緒に撮影した後輩Oくんからのメールで予定を変更することに...
 
 
(つづく)

横川駅にて。2日目...

  7月18日(日)

 海の日がらみの3連休の中日となった18日。
 この日も前日に続き、磯部駅付近でSL碓氷号を撮影後、横川に移動した。

 ということで、撮影したのは、前日と同様に両側の先頭車を。
 まず、下りの「SL碓氷号」の先頭に立ってきたD51 498。

C1007a032
(横川駅で小休止中のD51 498)

 
 そして、上りの「EL碓氷号」の先頭に立つ、茶色のEF64 1001。

C1007a033
(横川駅で発車を待つEL碓氷号)


 ここまで撮影したところで、この日も一旦撮影は終了。
 所用のため、横川駅を後にした。


(つづく)

SL碓氷号。2日目...

  7月18日(日)

 海の日がらみの3連休の中日となった18日。
 この日も前日に続き、SL碓氷号を撮影するため、出掛けることにした。
 で、出掛けたのは、前日と全く同じ磯部駅近くのポイント。
 最後部に連結された電気機関車が変わるぐらいで、あまり変化はなかった。
 ちなみに、この日連結されていたのは、EF64 1001。
 旧型客車などにあわせ、茶色に塗装変更されてかなり経つ。
 そんなSL碓氷号を撮影した。

C1007a031
(SL碓氷号。磯部駅手前にて)
 
 
 それにしても、2日続けての炎天下での撮影。
 確実に体力を消耗していく状態で、この日も横川駅に向かうことにした。
 
 
(つづく)

EF60がけん引するEL碓氷号

  7月17日(土)

 海の日がらみの3連休がスタートした17日。
 横川からのEL碓氷号を撮影するため、安中~群馬八幡間へ。
 午前中は別行動をしていた、後輩のOくんと合流する。
 申し合わせたわけではないが、結果的に鉢合わせすることに...

 で、3連休初日のEL碓氷号のけん引機はEF60 19。
 一灯化された前照灯が特徴的な機関車。
 なお、最後部に往路のけん引機 D51が連結されているため、ゆっくり通過していった。
 

C1007a030
(EL碓氷号。安中~群馬八幡間)

 望遠レンズを付けていなかったため、なんとなく遠目な画像になってしまった。
 なお、この日はこの後、数箇所で撮影しつつ、帰途についた。
 
 

横川駅にて

  7月17日(土)

 海の日がらみの3連休がスタートした17日。
 磯部駅付近でSL碓氷号を撮影後、向かったのは横川駅。
 ここで折返しを待つ編成を撮影することに。


 ということで、横川駅。

C1007a026
(横川駅駅舎)

 
 ホームに入場し、まずSL碓氷号の先頭、D51 498号機側から。
 春の運転から取り付けられた後藤デフ、集煙装置は相変わらず取り付けられていた。

C1007a027
(D51 498が先頭だったSL碓氷号)
 
 
 そして、EL碓氷号の先頭に立つ、EF60 19。
 前照灯が一灯化されている。

C1007a028
(EF60 19が先頭になるEL碓氷号)
 
 
 この後、所用のためここで一旦撮影を終了し、横川駅を後にした。
 
 
(つづく)

SL碓氷号を撮影

  7月17日(土)

 海の日がらみの3連休がスタートした17日。
 この日から運転を開始したSL碓氷号を撮影するため、磯部駅近くのポイントへ。
 なお、今シーズンもSL碓氷号は運転回数が少なく、この3連休のみの運転に。
 ただ、折返しとなるEL碓氷号のけん引機が日替わりになるとのこと。
 そういう意味では、いちおう変化がつく運転になることに。
 
 ということで、一村一山号を撮影した後、高速道路を利用し磯部駅近くへ。
 途中、群馬八幡~安中間の碓氷川橋りょうの撮影ポイントには、かなり人が出ていた。
 とすると、磯部駅付近も混んでいるのかなと思ったが...
 駅間があり、ポイントがいくつか分散されるせいか、なんとか場所は確保できた。

 1時間弱待ってやって来た、SL碓氷号。
 けん引機はいつも通りD51 498号機。
 来年になるとC61が復活するが、復活後はけん引機が変わったりするのだろうか?
 そして客車は、12系4両編成。
 横川駅のホーム長の関係があり、SLみなかみ号より2両短い編成に。
 後ろにぶら下がるのは、一灯化されたEF60 19。
 そんな編成をしっかり撮影することが出来た。

C1007a025
(SL碓氷号)
 
 
 列車が通過するまで時間があったが、ずっと外で待ったせいかすっかり日焼けしてしまった。
 また、車に置いておいたペットボトルのお茶はホットに。
 と、少し暑すぎる気もしたが、折返しシーンを撮影するため、横川を目指すことに。
 
 
(つづく)

快速一村一山号を撮影

  7月17日(土)

 海の日がらみの3連休がスタートした17日。
 マリンブルーくじらなみ号に続き、岩本駅付近で撮影したのは快速「一村一山号」。
 土合駅で開催された駅からハイキングに合わせて運転された臨時列車。
 今年の夏は、撮影した17日と 9月18日の2回だけ運転される。
 なお昨年は、9月に運転された同列車を往復ともに撮影した。
 ただ、OM102編成が充当されてしまい、復路は「足利藤まつり号」の表示だった。
 ということで、やって来たら「草津」の表示だったらどうしようなんて思いつつ待っていた。
 
 
 そんな、快速「一村一山号」。
 今年は両先頭車ともに特急マークが掲出されているOM103編成で運転された。
 ということで、ヘッドマークも組み込まれている正当なものが表示されていた。

C1007a023
(岩本駅付近を通過する快速「一村一山号」)
 
 
 ちなみに、前の記事が熊谷始発だったのに対し、こちらは上野始発だった。
 目的と目的地、乗車客のターゲットが異なるため、始発駅も異なるようだ。
 

 なお、この列車が来る少し前に、秋田貨物駅からの上り高速貨物2092列車も撮影した。
 前の記事の2083列車とは異なり、ISOタンクコンテナも積載されていて、賑やかだった。

C1007a024
(岩本駅付近を通過する2092列車)
 
 
 実は昨年9月、一村一山号を撮影に訪れた際にも岩本駅付近でこの列車を見ていた。
 ただ、撮影ポイントに到着する前に通過していったため、撮影が間に合わなかった。
 ということで、前回から10ヶ月。今回は無事に撮影することが出来た。
 
 
 そして、ここから南下することに。
 
 
(つづく)

マリンブルーくじらなみを撮影

 5月の旅は一旦ストップして、連休中に撮影した列車を...
~~~~~~~~~~~~~~~
  7月17日(土)

 海の日がらみの3連休がスタートした17日。
 群馬県内で臨時列車が運転されるため撮影に出掛けた。
 
 まず、最初に訪れたのは、岩本駅付近。
 撮影したのは、マリンブルーくじらなみ号。
 編成は183系6両編成で大宮総合車両センターのOM101編成。

C1007a021
(岩本駅付近を通過するマリンブルーくじらなみ号)
 
 
 以前は、165系で運転されていて、宮原や両毛線内を始発として運行されていた。
 なお、新潟県側の運転区間は、柿崎以外にも、潟町や直江津だったことも...
 そんな列車も、165系の引退により車両が183系に置き換えられた。
 そして運転区間は、数年前から熊谷~柿崎間の列車として固定されている。
 
 
 マリンブルーくじらなみ号の後を追うように、高速貨物の2083列車も。
 けん引機はEH200-1。トップナンバーだった。

C1007a022
(岩本駅付近を通過する2083列車)
 
 
 空コキがあまりなかったが、積載しているコンテナは、ほぼブドウ色の12ftコンテナ。
 東北線系統のように、積載しているコンテナがもう少し賑やかだといいんだが...
 それにしても、気付けば上越国境の貨物は、EHの天下に変わっていたんだなぁと。
 しかも、効率よく運用されるよう、一部の貨物列車が昼間にシフトしていたりする。
 にもかかわらず、まともに64重連を撮っていなかったのが今になっては悔やまれる。
 と、悩んでも仕方がないので、これからは機会があれば、貨物にも目を向けなくてはと。
 そんなことを思いつつ、もう少しこの場所に滞在することに。
 
 
(つづく)

コロ旅:東京再発見の旅(20)

  5月16日(日)

 コロプラ「東京再発見! 食べつくしキャンペーン 」の旅 2日目。

 2日目もいよいよ終盤戦。
 渋谷から副都心線に乗り換える。
 開業して随分話題になっていたが、実は訪れるのは初めて。
 渋谷以南が開通すると2面4線で運用出来るよう工事は完了していた。
 しかし、現在はそこまで必要ないようで、外側の2線のみを使用しており、
内側の2線は、渡し板が数箇所設置されていて両ホームを接続していた。

C1005a143
(使用されていない渋谷駅の内側の線路)
 
 なお、次の目的地は雑司ヶ谷。
 先に発車する急行は停車しないため見送って、後続の和光市行に乗車する。

 ■副都心線・渋谷→雑司ヶ谷(7.1Km)
  7130(メトロ車/和光市行)

 雑司ヶ谷。
 地下深いところから改札を抜けて地上へ向かう。
 新しい線ということが影響してなのか、かなり深い様に感じた。
 地上に出たところで26品目の「雑煮」を完成させる。

C1005a144
(雑司ヶ谷駅)

 雑司ヶ谷から食材狙いで、そのまま地下鉄赤塚を目指す。
 次に乗車したのもメトロ車。

 ■副都心線・雑司ヶ谷→地下鉄赤塚(9.5Km)
  7134(メトロ車/和光市行)

 地下鉄赤塚。
 料理の素材「米」を拾うためだけで下車。
 改札内のコンコースで「牛肉」とともに拾うことができたので、再びホームへ。
 3日目のフリー切符を入手するため、小竹向原に戻ることに。

 ■有楽町線・地下鉄赤塚→小竹向原(4.7Km)
  7401(メトロ車/渋谷行)
 
 小竹向原。
 改札前の定期券売場へ。そういえば昨日もここにきたような気が...。
 そんなことを思いつつ、3日目に利用するコロプラ一日乗車券を購入する。
 これでどこからスタートしても大丈夫に。
 
 そしてこの日は、このまま和光市経由で帰途についた。
 2日間でお腹いっぱいなんだが...

 ■有楽町線・小竹向原→和光市(8.3Km)
  10309(メトロ車/川越市行)

 

コロ旅:東京再発見の旅(19)

  5月16日(日)


 コロプラ「東京再発見! 食べつくしキャンペーン 」の旅 2日目。

 九段下。
 今度は半蔵門線に乗り換える。
 今回の旅では、半蔵門線は北千住や押上付近ではお世話になっていたが...
 ここは直通運転している東武車にお世話になり青山一丁目を目指す。

 ■半蔵門線・九段下→青山一丁目(4Km)
  58054(東武車/中央林間行)
 

 青山一丁目。
 地上に出て25品目の料理「黄身しぐれ」を完成させる。
 
C1005a141
(青山一丁目駅)
 
 場所柄なのか、なんとなく物々しい雰囲気を感じたりもしたが... 

C1005a142
(青山一丁目交差点)

 そして、メトロ車で渋谷を目指した。

 ■半蔵門線・青山一丁目→渋谷(2.7Km)
  08-204(メトロ車/中央林間行)
 
 
(つづく)

コロ旅:東京再発見の旅(18)

  5月16日(日)


 コロプラ「東京再発見! 食べつくしキャンペーン 」の旅 2日目。

 中野から東西線で東を目指す。
 ただし、前日のような西船橋への全区間乗車ではないので気は楽だった。

 ■東西線・中野→落合(2Km)
  05-333(メトロ車/快速・東葉勝田台行)

 まず、落合。
 22品目の季節料理「天ぷら」を完成させる。

C1005a138
(落合駅)

 ■東西線・落合→高田馬場(1.9Km)
  05-721(メトロ車/西船橋行)
 
 続いて、高田馬場。
 23品目の「がんもどき」を完成させる。

C1005a139
(高田馬場駅)

 そして、高田馬場から乗車したのは、前日乗車した東葉勝田台行の快速電車。
 また同じ時間の電車に乗車するとは...
 
 ■東西線・高田馬場→神楽坂(2.9Km)
  05-735(メトロ車/快速・東葉勝田台行)
 
 神楽坂。
 24品目の「くずきり」を完成させる。
 駅前の神楽坂は歩行者天国だった。
 そんな賑わいを横目に、もう少し東西線に揺られることに。

C1005a140
(神楽坂は歩行者天国)

 ■東西線・神楽坂→九段下(1.9Km)
  05-109(メトロ車/西船橋行)
 
 
(つづく)

コロ旅:東京再発見の旅(17)

  5月16日(日)


 コロプラ「東京再発見! 食べつくしキャンペーン 」の旅 2日目。

 お昼を回り、少し疲れてくる時間帯。
 国会議事堂前で丸ノ内線に乗り換える。

 ■丸ノ内線・国会議事堂前→四ッ谷(2.2Km)
  02-351(メトロ車/荻窪行)
 
 
 そして訪れたのは四ツ谷。
 前日のうな丼のリベンジ。前日は駅舎の前でやったが「赤坂」でダメだった。
 ではと、ホーム上(中央線が見えるあたり)で携帯を操作してみると...

C1005a135
(2日目はホーム上で操作してみる)

 すんなり、20品目の「うな丼」が完成する。
 流石に2日続けてでは、辛い気分になってしまう(笑)

C1005a136
(地上を走る丸ノ内線。四ッ谷駅にて)
 
 
 
 気が楽になったところで、丸ノ内線で西を目指す。
 
 ■丸ノ内線・四ッ谷→南阿佐ヶ谷(9Km)
  02-644(メトロ車/荻窪行)
 
 目指したのは、南阿佐ヶ谷。
 駅前は青梅街道だった。

C1005a137
(南阿佐ヶ谷駅前)

 ここで、21品目の「あんみつ」が完成。
 そして、南阿佐ヶ谷から乗車したのは、前日と中野坂上から乗車した電車。
 前日の同じ時間帯は、「うな丼」で失敗したり、食材が揃わず苦労してたような。
 
 ■丸ノ内線・南阿佐ヶ谷→荻窪(1.5Km)
  02-419(メトロ車/荻窪行)

 荻窪。丸ノ内線から中央線に乗り換え。
 
 ■JR中央線・荻窪→中野(4Km)
  サハ233-521(JR車/東京行)

 そして、前日と同様に中野から再び東京メトロの旅へ。
 まだ終わらない...orz
 
 
(つづく)

コロ旅:東京再発見の旅(16)

  5月16日(日)

 コロプラ「東京再発見! 食べつくしキャンペーン 」の旅 2日目。

 大手町から千代田線へ。
 今回の旅で、ここまでは千代田線というと、町屋~綾瀬間のみの利用だった。
 ようやく、その区間以外で乗車することになったが、目指すのは湯島。
 乗車したのは、メトロ車の6000系。なんとなくくたびれてるなぁと感じる。
 
 ■千代田線・大手町→湯島(2.5Km)
  6212(メトロ車/我孫子行) 
 
 湯島。
 後続で通過列車が来るとのことで、感度を上げてカメラを構えてみた。

C1005a132
(湯島駅の発車案内標)
 
 やって来たのは、小田急のロマンスカー「MSE(60000形)」だった。

C1005a133
(通過していく小田急ロマンスカー)

 そういえば、新型ロマンスカーはメトロ~小田急の直通運転をやってたんだなと。
 実は、メトロ線内を走行するMSEを見るのは初めてだったりする。
 こういうのって、狙ってこないとなかなか見られないからなぁと思いつつ撮影した。
 この後、改札を出て湯島天神付近まで歩き、19品目の料理「とりすき」を完成させる。
 
C1005a134
(湯島天神...)
 
 まだまだメトロの旅は終わらない。
 今度は丸ノ内線に乗車するため、国会議事堂を目指した。 
 
 ■千代田線・湯島→国会議事堂前(5.5Km)
  クハ203-4(JR車/代々木上原行)
 
 
 そして、昨日のリベンジを目指すことに。
 
 
(つづく)

コロ旅:東京再発見の旅(15)

  5月16日(日)
 
 コロプラ「東京再発見! 食べつくしキャンペーン 」の旅 2日目。

 門前仲町で、16品目を完成させ、前半戦が終了。
 そして再び東京メトロへ。今度は東西線。
 北千住と同様に、西船橋を目指し食材拾いの旅へ。

 やって来たのは、快速東葉勝田台行。
 2日続けて運がいい。別に調べていたわけではないのに...
 
 ■東西線・門前仲町→西船橋(17Km)
  05-839(メトロ車/快速・東葉勝田台行)

 途中、原木中山付近で「ヒジキ」を、さらに西船橋手前で「醤油」も。
 効率よく食材拾いを行ったところで折返し、行徳へ。

 ■東西線・西船橋→行徳(5.3Km)
  05-526(メトロ車/中野行)
 
 
 行徳。
 17品目の「鯉こく」を完成させる。
 前日は、下車してから鯉がいないことに気づいて驚いたが...
 2日目で何とか完成させることが出来た。
 
 そして、行徳から乗車したのは07系。
 今回のコロプラの旅で何度か(何度も?)東西線に乗車したが、07系はこの1回だけ。
 
 ■東西線・行徳→大手町(14.8Km)
  07-403(メトロ車/三鷹行)
 
 
 都内に戻り大手町。
 東京駅にも近いオフィス街のど真ん中にある駅。
 訪れたのは日曜日のお昼。
 5つの路線が乗り入れる地下鉄のターミナル駅も、閑散としていた。
 その大手町は、乗り換えるだけのはずだったが、18品目の「ねぎま鍋」が完成。
 
C1005a131
(5つの路線が乗り入れる大手町駅)
 
 
 そんな大手町から、今度は千代田線へ。
 
 
(つづく)

コロ旅:東京再発見の旅(14)

  5月16日(日)

 コロプラ「東京再発見! 食べつくしキャンペーン 」の旅 2日目。

 三社祭が開催されていた浅草から乗車したのは、都営浅草線。
 ここから押上にショートカットするため、助っ人を利用することに。
 そんな浅草線のホームにやってきたのは、北総車の印旛日本医大行。
 乗り入れて来るのは知っていたが、まさかこんなところで引くとは。

 ■都営浅草線・浅草→押上(1.5Km)
  9002(北総車/印旛日本医大行)
 
 
 押上。
 前日訪れた、駅前の建設中のスカイツリーを思い出しつつ、半蔵門線へ。
 ここでやって来たのは東武車。乗り入れ車が続くなぁと思いつつ南下。

 ■半蔵門線・押上→清澄白河(4.3Km)
  53053(東武車/中央林間行)

 さらに清澄白河から都営大江戸線へ。
 前日に続き、半蔵門線←→東西線を結ぶため乗車する。
 この付近は、東京メトロの接続があまり良くないような気が...

 ■都営大江戸線・清澄白河→門前仲町(1.2Km)
  12-236(都営車/光が丘行)

 門前仲町。
 16品目の「深川めし」を完成させ、東西線へ。

C1005a130
(門前仲町駅。入口脇には「ちかてつそば」が...)

 まだ先は長い...orz
 
 
(つづく)

コロ旅:東京再発見の旅(13)

  5月16日(日)
 
 コロプラ「東京再発見! 食べつくしキャンペーン 」の旅 2日目。
 
 町屋から再び地下鉄の旅。
 やって来たJR車で北千住を目指す。

 ■千代田線・町屋→北千住(2.6Km)
  モハ203-122(JR車/我孫子行)

 北千住。
 食材の「砂糖」を拾うためだけに訪れる。
 こんなコトがなければ、3日連続で北千住には来ないよなぁと携帯を操作した。

 そして、今度は日比谷線へ。目指すのは浅草。
 ただ、あくまでもメトロの旅ということなので、上野を経由して目指すことに。
 なんとなく無駄な気もするが、今回の旅、初めての銀座線に乗り換え浅草へ。
 そんな銀座線は、浅草に向かう観光客で賑わっている。
 賑わっているというより、かなり混み合っている。
 なんだろうと思ったら、三社祭が開催されていて、それを観に出掛ける人だった。
 
 ■日比谷線・北千住→上野(5.3Km)
  28857(東武車/中目黒行)
 ■銀座線・上野→浅草(2.2Km)
  01-506(メトロ車/渋谷行)
 
 「なるほどね」と納得しつつ、浅草。
 地上に上がると、三社祭開催中で賑わっていた。
 そんな光景を眺めつつ、15品目の「雷おこし」を完成させる。
 
 その浅草からも東京スカイツリーの建設現場がよく見える。
 ということで、そんな風景にカメラを向けている人が多かった。

C1005a129
(三社祭で賑わう浅草にて)
 
 そして、この日2回目の助っ人利用することに。
 
 
(つづく)

コロ旅:東京再発見の旅(12)

  5月16日(日)

 コロプラ「東京再発見! 食べつくしキャンペーン 」の旅 2日目。

 駒込から次に向かうのは北千住。
 西日暮里経由で北千住へ簡単に向かうことは出来るが、ストレートでは変化がない。
 ということで、大塚に出て都電で町屋を目指すことに。

 駒込から乗車した山手線は6ドア車。
 ホームドアの設置により、間もなく過去帳入りする山手線の6ドア車。
 混雑緩和を目的に205系に導入され、231系でも踏襲され2両ずつ組み込まれた。
 が、231系が幅広だったことで、6ドアでなくても済むようになったことも影響しているようだ。
 そんな6ドア車で、2駅先の大塚へ。

C1005a123
(乗車したのは6ドア車。大塚駅にて)

 ■JR山手線・駒込→大塚(1.8Km)
  サハ230-541(JR車/内回り行)

 予定通り、大塚から都電へ。

C1005a124
(JRの大塚駅)
 
 都電乗り場に行くと、三ノ輪橋行が停車していたので飛び乗る。
 なお、この日は日曜日。しかも10時頃といい時間帯なので、車内はぎっしり。
 しかも、都電=単行と言うことで、空いている手すりを探し、掴まっていくことに。
 
 ■都営荒川線・大塚→荒川遊園前(4.8Km)
  7031(都営車/三ノ輪橋行)

 しばらく乗車し、この日のスタート地点である王子駅を越え、荒川遊園前で下車。
 というのも、ボーッとしながら乗車していて、荒川車庫を通過する。
 折角だから行ってみようかなと思い、お隣の荒川遊園前で下車し引き返した。
 ただ、駅間は500mしかないので、歩いていっても良かった気もしたが...

 ■都営荒川線・荒川遊園前→荒川車庫(0.5Km)
  7510(都営車/早稲田行)
 
 
 荒川車庫。
 車庫の脇に設けられた「都電おもいで広場」に展示されていた車両を見ることに。
 展示されていたのは、白地に赤帯の5501と黄色地に紺帯の7504。

C1005a125
(展示されていた5501と7504)

 どちらも車内に入ることが出来るようになっていた。
 7504の方は、そのままのような状態だった。
 さしずめ、休憩所といった感じだろうか?

C1005a126
(7504の車内)


 そして、隣の荒川車庫は車道から撮影する。
 停車していたのは、白地に緑のアクセントの7002と黄色地の7022。
 白地の塗装を見慣れているせいか、黄色の7022に少し違和感が...

C1005a127
(7002と7022)


 ここまで撮影したところで、再び三ノ輪橋行で町屋を目指すことにした。
 もう少しのんびりしたかったが、コロプラ巡りの旅はまだ序盤。
 
C1005a128
(荒川車庫から乗車した三ノ輪橋行)

 そして、乗車した三ノ輪橋行もまた混雑していた。

 ■都営荒川線・荒川車庫→町屋駅前(2.8Km)
  7015(都営車/三ノ輪橋行)

 そんな都電の旅も、町屋で終わり。
 乗りつぶしを考えると、早稲田~大塚、町屋~三ノ輪橋と両端が残る。
 次回は、全線踏破を目指さなくてはなぁと思いつつ、千代田線乗り場を目指した。
 
 
(つづく)

コロ旅:東京再発見の旅(11)

 ふたたび、5月のコロプラネタを。
~~~~~~~~~~~~~~~
  5月16日(日)

 コロプラ「東京再発見! 食べつくしキャンペーン 」の旅 2日目。
 初日だけで、東京メトロを139Km乗車し、少しやられ気味だったが翌日も。
 スタートはやはり王子駅。

C1005a121
(2日続けて王子駅から)

 まず、前日と同様に南北線から。
 ただし、最初から駒込方面へ。

 ■南北線・王子→西ヶ原(1Km)
  3506(東急車/日吉行)

 まず、西ヶ原。
 西ヶ原で本日最初で13品目の「ごもく稲荷」を完成させる。
 ちなみにこの西ヶ原駅は、国立印刷局滝野川工場の最寄り駅。
 ただ、流石にこの日は日曜日ということで、工場はお休みのようだった。

C1005a122
(国立印刷局滝野川工場)


 そして、もう少し南下し駒込へ。
 ここで14品目の「佃煮」を完成させる。

 ■南北線・西ヶ原→駒込(1.4Km)
  3413(東急車/白金高輪行)


 あまり、メトロさんばかりに世話になってもと...
 ここから少し目先を変えてみることに。
 
 
(つづく)

水上にて

  7月 4日(日)

 SLみなかみ号の運転開始日に訪れた水上駅にて。

 プレ群馬デスティネーションキャンペーンの一環として、地元の方がフラダンスを
披露していた。ただ、いつもやっているわけではないようで...

C1007a015
(駅前でフラダンス)
 
 
 そんなフラダンスを見少しだけ見学してから、転車台へ。
 
 すでにD51はピット線に移動し、整備していた。
 やはり、後続の水上行では転車台は間に合わないなぁなんて思いつつ...

 それでも、整備中のD51等を撮影することは出来た。
 
C1007a016
(折返しを待つD51 498)
 
 
 この日の撮影はここまで。
 このまま帰途に。今シーズンはあと何回D51を撮影できるかなと...
 
 

SLみなかみ号を撮影

  7月 4日(日)

 この日から運転を開始したSLみなかみごうを撮影するため、岩本へ。
 前日は、撮影場所を確保するのが大変だったが、この日は一変してのんびり。
 長い期間ということで、集中しないと言うことなのかなと思いつつ、撮影の準備を。

 まず、先行する水上行。
 115系3両編成。こうやって元気なうちに数多く記録しておかないと...
 気がつけば引退と言うことも考えられるからなぁ...

C1007a012
(先行する水上行(731M))


 そして、SLみなかみ号。
 この日は、前日とは異なり、12系6両編成がお供して水上を目指していく。

C1007a013
(岩本駅付近を通過していくSLみなかみ号)

 旧型客車もいいが、今や数少なくなった12系客車との定番の組み合わせもいいかなと。
 どうしても、なかなか組まない旧型客車に注目が行ってしまうが、12系客車も原色だと
あまりその存在が多くないことを考えると、十分希少とは思うのだが。ただ、14系客車と
比べると、デビュー時から波動用車両として活躍してきた分、あまり花形な活躍がなかった分、
今になっても地味な存在なのかなと。
 
 そんなSLみなかみ号を見送ると、上り特急「水上2号」が通過するので、こちらもいただく。
 12系と同様に地味な存在ではあるが、185系も老朽化は否めないので、12系とどちらが
先に過去帳入りするかなと思いつつ、シャッターを切った。

C1007a014
(岩本駅付近を通過する特急水上2号)
  
 
 ここまで撮影し、いつも通り水上を目指すことに。
 
 
(つづく)

2日続けてラッピング車。

 ということで、先週日曜日の話。
~~~~~~~~~~~~~~~
  7月 4日(日)

 SLググっとぐんま号が運転された翌日。
 今度はSLみなかみ号が運転開始となるため、撮影に出掛けることにした。
 なお、この日も岩本に直行するため、前日と同じ列車で出掛けることにした。

 と、高崎駅で水上行を待っていると...
 前日と同じ、高崎で入区する列車にラッピング車が。
 あららと思いつつ、撮影を。

C1007a011
(ググっとぐんまキャンペーンラッピング車)

 編成は、水上方がクハ115-1126と、前日とは異なる編成だった。
 ということで、どうやら2本目ということになるのかなと。

 この編成を撮影したところで岩本に向け、2日続けて同じ列車に乗車した。
 
 
(つづく)

快速「桐生八木節」号を撮影

7月 3日(土)

 「SLググっとぐんま」号や水上駅でのD51の撮影を終え、次に向かったのは新町駅。
 この日は、大宮駅から桐生駅まで直通する臨時快速「桐生八木節」号が運転されていた。
 SLと両方は欲張りかなと思ったが、「SLググっとぐんま」号はかなり賑わっており、
撮影ポイントに到着しても撮影できるか微妙だったし用事もあったので、少し早めに
撮影を切り上げ、新町に向かうことにした。


 列車を乗り継ぎ新町へ。
 到着したのは、快速「桐生八木節」号が到着する10分ほど前。

 やって来た快速「桐生八木節」号は183系6両編成。
 大宮総合車両センター所属のOM103編成だった。
 ヘッドマークはステッカーだったが、「快速」表示に比べれば十分だった。 

C1007a009
(新町駅に進入する快速「桐生八木節」号)
 
 
 快速「桐生八木節」号を撮影し終え、撤収準備を始めていると、列車の接近放送が。
 後続の高崎行が来るまで、少し時間があったのでカメラを構えると、EF66がけん引する
5775列車だった。ダイヤ改正から高崎操まで入るようになったと聞いていたが、実物を
見るのは初めて。しかも、この日はその後ろにDE10もぶら下がっていたりする。
 運がいいのか悪いのか...

C1007a010
(無動のDE10をぶら下げた5775列車)
 
 5775列車を見送り、帰途についた。
 
 

水上駅にて

 2010年 7月 3日(土)

 団体専用列車の「ググっとぐんま」号が運転された3日。
 この列車をけん引してきたD51 498を撮影するため水上へ向かった。
 
 水上。
 いつも通り転車台に向かうと、テントが設置されていて除幕式が始まるところだった。
 除幕式は、記念撮影用のボードを新設されたことによるものだった。
 その除幕式には、水上温泉のおかみさんや水上町長、水上駅の駅長、そして水上の
イメージソングを歌うなつこさんなどが参列していた。

C1007a004
(記念撮影用パネルの除幕式)

 2種類の記念撮影用パネルは除幕式後、転車台近くに移動し設置されていた。
 まず、SLタイプのパネル。キャブから顔を出す運転士といったところかなと。

C1007a005
(SLと運転士)

 そして、白い制服のパネル。
 駅長さんの制服ということなのだろう。

C1007a006
(白い制服は駅長さん?)
 
 記念撮影用パネルというと、北海道ではよく見掛けるような気もするが。
 今後は、上越線沿線でも増殖していくのだろうか?
 
 
 また、除幕式に参列していた、なつこさんのステージも。
 (いちおうパネル設置前...)
 水上のイメージソングの『ふる里「みなかみ」』などを歌っていた。
 その後は、「また君に恋している」も歌ったりと...
 そういえば、水上駅や土合駅でこの人のポスターを見掛けていたが。。。
 それがこの人だったのかと、なんとなく納得。

C1007a007
(熱唱するなつこさん)

 
 そして、いつも通り、折返しの出番を待つD51。
 ヘッドマークの文字がMSゴシックっぽいのは気のせい?
 で、この列車名で走ることはあまり無さそうだから、次回陽の目を見るのは...

C1007a008
(水上で折返しを待つD51 498)
 
 
 と、記念撮影用パネルを撮影したり、D51を撮影したところで、水上を後にした。
 
 
(つづく)

SLググっとぐんま号を撮影

  7月 3日(土)

 来年の7月~9月に開催される群馬県のディスティーネーションキャンペーンに先立つ、
プレイベントとして、D51 498がけん引する団体専用列車の「SLググっとぐんま号」が
運転されたため、撮影に出かけた。

 なお、本来であれば、SLが井野駅を通過するところを撮影してから、後続の普通列車で
追いかけていくパターンで行動していたが、この日の客車は旧型客車。
 いつもより人出が多そうかなと予想し、ストレートに岩本駅付近のポイントに向かった。

 その車中。八木原~渋川間などの有名撮影地は、すでに先客が多数。
 ということで、目指した岩本駅付近のポイントも既に先客で。
 なんとか間に入れてもらい撮影することは出来た。

 まず、到着してから1時間ほど経過し、先行する水上行が通過していく。

C1007a002
(岩本駅付近を通過する731M)

 この列車でやって来た人や車で先回りをした人も到着し、だいぶ賑やかに。
 それから10分ほどし、お目当ての「SLググっとぐんま号」が通過する。
 D51+旧型客車というと、昨年冬のドラマ撮影で運転された列車以来となる。

C1007a003
(岩本駅付近を通過するSLググっとぐんま号)
 
 なお、ヘッドマークは白地に文字とキャンペーンのロゴのぐんまちゃんが描かれていた。
 実は、この「ぐんまちゃん」は2代目だったりするから、おもしろい。
 登場時は「ゆうまちゃん」を名乗り、あかぎ国体の際に登場した初代がいたのだが...
 そんなヘッドマークを掲げた、「SLググっとぐんま号」は颯爽と通過していった。
 そして、D51+12系の組み合わせもいいが、たまには旧型客車もいいなぁと思った。
 と、この列車を撮影したところで岩本駅を後にし、北を目指した。
 
 
(つづく)

115系「ググっとぐんま」ラッピング車を撮影

 メトロの話は中断して、7月3日に撮影したものを...
~~~~~~~~~~~~~~~
  7月 3日(土)

 D51がけん引する団体臨時列車「SLググっとぐんま号」を撮影するために出掛けた。
 撮影地に向かう途中、高崎駅で見かけたのは115系に来年7月~9月に群馬県内で
開催されるデスティーネーションキャンペーンの告知がラッピングされていた。
 内容は、キャンペーン名や期間、群馬県のキャラクターの「ぐんまちゃん」など。
 そして、先頭車両にはヘッドマークも取り付けられていた。。

 ただ、伊勢崎発の624Mで運転してきたところで、入区する寸前だった。
 結局撮影出来たのは、下の編成写真のみ。

C1007a001
(高崎駅で入区を待つ115系ラッピング車)
 
 で、編成は水上方先頭車がクハ115-1114だったので、おそらくT1090と思われる。
 ということで、まともに観察することもできず、撮影し終えたところで入区していった。 

 そして、本命のSLの撮影地を目指すことに。
 
 
(つづく)

コロ旅:東京再発見の旅(10)

  5月15日(土)

 コロプラの「東京再発見!食べつくし位置ゲーの旅」1日目。
 北千住まで戻り、1日目のラストスパート。
 今度は日比谷線に乗車し、もう1度都心をめざす。

 北千住に戻り、今度は日比谷線で上野方面を目指し、入谷へ。

 ■日比谷線・北千住→入谷(4.1Km)
  03-634(メトロ車/中目黒行)

 入谷で11品目の「風呂吹き大根」を完成させる。
 地上に上がると、お祭りなのか御輿を担いでいたりする。
 何が起こったのか、一瞬あっけにとられてしまったが...
 ただ、あまり数がなかったので、町内会のお祭りなのかなと。

 町屋からさらに南下。
 ただ、人形町、茅場町と食材の「カステラ」が拾えない。
 結局、八丁堀まで乗車することに。
 またもや無駄足な感じになった。

 ■日比谷線・入谷→八丁堀(5.6Km)
  03-309(メトロ車/中目黒行)
 
 帰り。
 人形町で下車し、12品目の「人形焼」を完成させ、この日の行程は終了。
 このあと上野経由で帰途につく。
 
 ■日比谷線・八丁堀→人形町(1.4Km)
  03-832(メトロ車/東武動物公園行)
 
 ■日比谷線・人形町→上野(3Km)
  03-703(メトロ車/北越谷行)
 
 それにしても、スロースタートではあったが、和光市に西船橋と忙しい一日だった。
 ただ、今回の旅の時点で完成できる料理数が32とすると、まだ半分以下...
 
 

コロ旅:東京再発見の旅(9)

  5月15日(土)

 コロプラの「東京再発見!食べつくし位置ゲーの旅」1日目。
 東京スカイツリーを堪能したところで、再び地下へ。

 押上から乗車したのは、東武伊勢崎線。
 食材の「砂糖」「氷」を拾うため、北千住を目指す。
 やって来たのは、東武線ということなのか東武車だった。
 
 ■東武伊勢崎線・押上→北千住(6Km)
  56066(東武車/南栗橋行)
 
 今回の企画は随分上手くできていた。
 比較的利用する食材に限って、和光市、西船橋、北千住といった遠い駅に設定。
 どうやっても1日で回るのは難しいようになっていた。
 もっとも、その方がやり甲斐はあるからいいのだが...
 
 北千住。
 携帯を操作し、食材の「砂糖」を拾う。
 市場で入手することも出来るが、北千住ぐらいならば...
 これが西船橋と和光市の往復では、流石に厳しい気もするが。

 ということで、お隣の町屋で拾える「氷」もついでに。
 メトロ車で町屋まで一往復。
 
 ■千代田線・北千住→町屋(2.6Km)
  6008(メトロ車/代々木上原行)
 
 ■千代田線・町屋→北千住(2.6Km)
  6034(メトロ車/綾瀬行)
 
 そして再び、北千住。
 今度は日比谷線で都心を目指すことに。
 
 
(つづく)

コロ旅:東京再発見の旅(8)

  5月15日(土)

 コロプラの「東京再発見!食べつくし位置ゲーの旅」1日目。
 東西線から乗り換えたのは、都営大江戸線。
 次に乗車する半蔵門線とは、どういうわけか上手く接続していない。
 ということで、荻窪~中野間と同様にショートカットにと利用した。

 乗車した大江戸線は、トンネル径が小さいため車高が低め。
 天井に手が届くなぁと思いつつ、お隣の清澄白河へ。

 ■都営大江戸線・門前仲町→清澄白河(1.2Km)
  12-476(都営車/都庁前行) 

 清澄白河。
 門前仲町では乗り継ぎ改札を利用したため、都営の改札で精算する。
 直通乗車券を所持していない分、手間が掛かったが...
 
 ■半蔵門線・清澄白河→住吉(1.9Km)
  8768(メトロ車/押上行) 

 半蔵門線に乗り換え住吉へ。
 住吉というと、都営新宿線の駅というイメージが強かった。
 しかし、半蔵門線の押上延伸で、ここに駅が設けられた。
 そんな住吉駅の改札を出て、迷路のような通路を抜けて地上へ。
 ここで9品目の「柳川鍋」を完成させる。
 
C1005a116
(住吉駅入口)

 ■半蔵門線・住吉→押上(2.4Km)
  5917(東急車/押上行)

 続いて訪れたのは、押上。
 半蔵門線らしく、直通電車の東急車で向かう。
 押上というと、東武線の業平橋駅からも近く、東京スカイツリーからも近い。
 そんなツリーの建築風景が見えるということもあり、出口付近は賑わっていた。

C1005a117
(建設中の東京スカイツリー)
 
 訪れたのが土曜日の夕方と言うこともあり、見物客が多かったような気が...
 ということで、記念撮影をしている人の姿も多かった。
 なお、フェンスに掲げられた説明板には、どれぐらいの高さなのか記されていた。

C1005a118
(訪れた日の高さは368m)
 
 スカイツリーを撮影したところで、携帯電話を操作する。
 ここで「豆腐」を取りつつ、手抜きをして「醤油」を入手する。
 食材が揃ったところで、10品目の「すきやき」を完成させる。


 そして、さらに北上することに...
 
 
(つづく)

コロ旅:東京再発見の旅(7)

  5月15日(土)

 コロプラの「東京再発見!食べつくし位置ゲーの旅」1日目。
 中野から再び東京メトロの旅へ。

 ということで、乗り継いだのは中野始発の東西線。
 乗車したのは、快速東葉勝田台行。
 吉祥寺で直通電車を逃した分、運良く乗車できたようだ。
 しかも座ることが出来たので、のんびり東を目指すことにした。
 
 ■東西線・中野→西船橋(30.8Km)
  05-315(メトロ車/快速・東葉勝田台行)
 
 
 約50分ほどの乗車で、西船橋へ。
 西船橋で拾える食材は「醤油」。
 ほぼ、このためだけに西船橋まで来たようなものだ。
 なんとなく無駄な気もしたが...
 西船橋では、いったん改札こそ出たものの、あっさり引き返すことに。
 
 ■東西線・西船橋→行徳(5.3Km)
  05-723(メトロ車/中野行)
  
 帰りは快速に乗車できず、各駅停車で都心を目指す。
 途中、行徳で下車し、「鯉こく」を完成させようとしたが、肝心の「鯉」が...
 何も考えず下車してしまったため、完成できず。

C1005a114
(行徳駅入口)

 仕方がないので、行徳を後にする。
 都内に戻り、次に向かったのは西葛西。
 
 ■東西線・行徳→西葛西(5.8Km)
  05-405(メトロ車/三鷹行)
 
 
 西葛西。
 改札を出たところで、ようやく8品目の「焼き魚」を完成させる。

C1005a115
(西葛西駅)
 
 この時点で既に16時を回っていた。初日はスロースタートだったから仕方がないが...
 にしても、よくもまぁと思いつつも、途中で止めるわけにも行かないので、再び改札へ。

 ■東西線・西葛西→門前仲町(5.9Km)
  05-821(メトロ車/中野行)
 
 そして、門前仲町。
 今度は都営大江戸線へ...
 
 
(つづく)

コロ旅:東京再発見の旅(6)

  5月15日(土)

 コロプラの「東京再発見!食べつくし位置ゲーの旅」1日目。
 四ッ谷から丸ノ内線を乗り継いでやって来たのは、中野坂上。
 ここから方南町支線の旅へ。この付近も初めての乗車。
 コロプラがてら乗りつぶししていくことに。


 中野坂上。
 2面3線で方南町支線を抱え込む構造のホームで荻窪行、池袋行の双方から
乗り換えがしやすいよう工夫がなされている。

 ここから乗車する方南町行は短い3両編成。
 北綾瀬と同様に本線と同じ両数で走るほど、乗客はいないのだろう。

 ■丸ノ内線・中野坂上→中野富士見町(1.9Km)
  02-281(メトロ車/方南町行)

 まず、2つ目の中野富士見町で下車。
 中野検車区の最寄り駅で、この駅まで6両対応になっている。
 改札を抜け外へ出たところで、7品目の「落雁」を完成させる。
 地上に上がったと思うと、再び地下ホームに戻ることを繰り返していく。

C1005a112
(地上側に駅舎があった中野富士見町駅)
 
 
 ■丸ノ内線・中野富士見町→方南町(1.3Km)
  02-286(メトロ車/方南町行) 

 さらに進み、終点の方南町へ。
 この駅のみホームが3両分しかない。
 支線の終点の駅って感じもしたが、外に出れば23区内。

C1005a113
(方南町駅入口)
 
 
 ここまで来たところで、中野坂上に引き返す。
 なんとか方南町に来たときの列車に間に合った。

 ■丸ノ内線・方南町→中野坂上(3.2Km)
  02-286(メトロ車/中野坂上行)

 さらに、次の行程のため、荻窪を目指すことに。
 この辺りも山手線の外周となり、食材が点在するエリア。
 効率よく拾いながら、荻窪へ。

 ■丸ノ内線・中野坂上→荻窪(5.7Km)
  02-418(メトロ車/荻窪行)
 
 
 荻窪からJRに乗り換え。吉祥寺を目指す。
 ネットの情報では、食材の「ヒジキ」が拾えるらしいとのこと。
 メトロの沿線ではないところで拾えるものかなぁと半信半疑だった。
 
 ■JR中央線・荻窪→吉祥寺(3.8Km)
  サハ233-224(JR車/武蔵小金井行)
 
 吉祥寺。
 大方の予想通り、拾うことは出来ず。
 当たり前といえばそれまでだが...
 仕方がないので、再び東京メトロを利用するため、中野を目指すことに。
 ただ、タイミングが悪く、東西線直通電車が発車していったところ。
 無駄足だったなぁと思いつつ、後続の千葉行で中野を目指した。
 
 ■JR中央線・吉祥寺→中野(7.8Km)
  モハ209-501(JR車/千葉行)
 
 
(つづく)

コロ旅:東京再発見の旅(5)

  5月15日(土)

 コロプラの「東京再発見!食べつくし位置ゲーの旅」1日目。
 永田町からショートカットで南北線を利用し、向かったのは四ッ谷。
  
 ■南北線・永田町→四ッ谷(1.3Km)
  9801(メトロ車/赤羽岩淵行)

 この日2度目の丸ノ内線で、荻窪を目指すことに。
 ただ、その前にということで途中下車。
 駅前に出て携帯を操作し、6品目の「うな丼」を完成させようとしたが...

C1005a110
(四ッ谷駅駅舎)

 あえなく失敗。どうやら位置登録が「赤坂」エリアだったのが失敗の原因。
 和光市からの電車といい、食材拾い2連続失敗といい、ついていないなぁと。
 ただ、あまりガッカリしていても仕方がないので、とりあえず丸ノ内線へ。
 
 後楽園のようにこちらも地上駅。
 しかも、高架上になっており、丸ノ内線の下を中央線が駆け抜けてゆく。
 御茶ノ水に行けば形勢逆転する。いかに都心にも高低差があるのかが実感できる。
 
C1005a111
(丸ノ内線。四ッ谷駅にて)

 途中、新宿御苑でも食材拾いに失敗しつつ、新宿を目指した。
 
 ■丸ノ内線・四ッ谷→新宿御苑前(1.9Km)
  02-351(メトロ車/荻窪行)
 ■丸ノ内線・新宿御苑前→新宿(1Km)
  02-328(メトロ車/新宿行)

 新宿。
 運が悪く、新宿止まりの電車。
 今までは駅からでて料理を完成させていたが、今回は乗り継ぎ待ちの時間で。
 後続の電車が来るまでに6品目の「トンカツ」を完成させる。

 そして中野坂上へ。

 ■丸ノ内線・新宿→中野坂上(1.9Km)
  02-352(メトロ車/荻窪行)
 
 それにしても、メトロを堪能する1日に。
 まだまだかぁ...
 
 
(つづく)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »