2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« コロ旅:矢場とんで小休止 | トップページ | コロ旅:豊橋からこだまで »

コロ旅:名鉄三河線で碧南へ

  4月11日(日)
 
 名鉄の「まる乗り1DAYフリーきっぷ」の旅。
 名古屋市内での所用を済ませ、再び名鉄名古屋駅へ。

 しかし、改札に入るとなにやら様子がおかしい。
 豊橋方面で人身事故が発生しているようだ。
 そのため、JR東海道線に振替輸送をしているとのこと。
 仕方ないなぁと、とりあえず振替票をもらっておく。
 しかし、これから向かう知立は運転を見合わせている東岡崎よりは手前。
 ならばと、やって来た急行東岡崎行で東を目指すことにした。
 途中、コロプラの「豊明」を拾うのに手間が掛かった。
 どうも位置の特定がしづらかったようだが、こまめに停車していくので、無事拾えた。


 下車したのは知立。
 知立というと「大あんまき」の藤田屋の本拠地。
 藤田屋の商品は、名古屋や豊橋の駅売店でも売られていて、何度か味わったことも。
 そんな藤田屋の地元と言うことで、しっかりと駅構内にも売店が出ていた。

C1004a171
(藤田屋の売店)


 そしてここから乗車したのは、名鉄三河線の碧南行。
 なお、名鉄三河線というと、猿投駅から知立駅を通り、碧南までを結ぶ路線。
 以前は猿投~西中金間や碧南~吉良吉田にも線路が敷かれていたのだが...
 非電化区間と言うことも災いしてなのか、いずれも2004年に廃止されている。
 そして、猿投駅付近は、昨年の春、とよだおいでんバスを利用した際に少しだけ乗車している。

 そんな名鉄三河線で目指したのは、終点の碧南。
 コロプラのためだけに向かうことに。
 もっとも初乗りなので、乗りつぶしを兼ねてはいるが...
 日曜の昼下がりということなのか、車内は比較的空いていた。
 運転間隔は、データイムということで、15分に1本と丁度よいようだった。

C1004a172
(乗車した碧南行)

 なお、今回乗車した6000系は側面客扉が両開き3枚の通勤形電車。
 通勤形電車としては、初めて鉄道友の会のブルーリボン賞を受賞した形式。
 その受賞プレートが取り付けられていた。
 たまにではあるものの、旅に出るとこういう車両に当たるなぁ...

C1004a173
(乗車した車両にはプレートが...)

 しばらく揺られ、終点の碧南。
 運転担当の社員はいたが、営業関係の社員はいない。
 ということで無人の改札を抜け、駅舎を撮影した。

C1004a174
(碧南駅駅舎)


 そして、同じ電車で折返し、再び知立。
 今度は駅舎を撮影するとともに、おみやげ用の大あんまきを購入する。

C1004a175
(知立駅駅舎)
 
 
 なお、碧南を1往復し知立に戻ってきた頃には、人身事故の影響はあまりなかった。
 ということで、やって来た快速特急で豊橋に向かった。

C1004a176
(快速特急豊橋行)

 途中、コロプラは「豊川」を拾うことが出来た。
 飯田線に乗らなきゃかなとも思ってはいたのだが、豊川市内をかすめているようだった。
 そして、小坂井の飯田線の立体交差を越え、豊川放水路~豊川と渡れば豊橋市内。
 こうして、今回の名鉄の「まる乗り1DAYフリーきっぷ」の旅は無事終了した。
 
 
(つづく)

« コロ旅:矢場とんで小休止 | トップページ | コロ旅:豊橋からこだまで »

コロプラ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道:名鉄・豊鉄」カテゴリの記事

鉄:中部」カテゴリの記事

駅舎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/48580847

この記事へのトラックバック一覧です: コロ旅:名鉄三河線で碧南へ:

« コロ旅:矢場とんで小休止 | トップページ | コロ旅:豊橋からこだまで »