2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 春18:富山駅で日本海を | トップページ | 春18:475系急行色で富山へ »

春18:コロプラのため氷見線へ

  4月10日(土)

 青春18きっぷ消化の旅。
 夜行バスから放り出された富山駅から最初に向かったのは、高岡。

 今回の旅は、高山本線を目指す予定で行程を組んだが、猪谷での接続が悪い。
 仕方がないので夜行バスを選んだが、先の列車がなかったりする。
 ということで、その時間つぶしのため氷見線を往復することにした。
 もちろん、ただ氷見線を往復するのではなく、コロプラのため...orz

 なお、当初は急行能登号を利用して高岡に向かう予定だったが、接続が悪かった。
 夜行バスなら間に合う氷見線の列車も、急行能登では数分の差で逃げられてしまう。
 いくら臨時列車とはいえ、接続はあまり良くないようだ。
 
 ということで、富山から乗車したのは小松行の普通列車。
 471系3両編成と475系3両編成を併結した6両編成だった。

C1004a109
(小松行は6両編成。富山駅にて)

 富山を発車すると、陽が上り始め、辺りが明るくなる。
 そして、急行型電車のモーター音が心地よく、高岡まであっという間だった。

 高岡から予定通り、氷見線に乗り換えることにした。
 なお、高岡駅は橋上駅舎化の工事が行われていて、跨線橋が綺麗になっていた。
 と、気がつくと、下りホームの側線側には、急行色の475系が停車していた。
 まだ、パンタグラフが上がっていなかったので、前日から留置されていたのだろう。
 この日は、富山で青い編成を見た直後で急行色にも出会えて、運がいいのかなと感じた。

C1004a110
(高岡駅に留置されていた475系急行色編成)

 そして、氷見線に停車中の氷見行になんとか間に合った。
 それにしても、氷見線のホームは相変わらず離れていたが、改良されないのかな?と...

 乗車したのは、ワインレッドに白い帯を纏った高岡色の気動車(キハ47×2両)。
 高岡を出ると、北陸本線と別れ左にカーブを切り、富山湾沿いを目指し一旦北上する。

C1004a112
(高岡から乗車した氷見線はキハ47×2両。氷見駅にて)

 能町、伏木と以前は貨物列車でにぎわった両駅もずいぶん寂れた印象が。
 伏木を発車すると再び左にカーブを切り、徐々に進路は西を目指していく。
 越中国分駅まで来ると、海がだいぶ近くなって、いよいよ海沿いへ。
 氷見線では一番眺めがいい区間。
 以前のように窓が開く車両だったら、窓を開ければ気持ちいいのかなとも思ったが...

C1004a111
(車内から富山湾を眺める)


 折角、高岡を訪れたので、忍者ハットリ君ラッピング車にも出会いたいなと思っていたら、
雨晴で交換した高岡行に充当されていた。短い時間でいろんな車両に出会う日だなぁと...

 そして終点の氷見に到着。
 ここでの折り返しは約10分しかないので、とりあえず駅舎の撮影などを手短に。

C1004a113
(氷見駅駅舎)

 駅舎を撮影後、駅舎内に戻ると待合室が設置されていた。
 しかし、夜間~早朝は締め出しになっているようで締め切られていた。
 その待合室の中には、ハットリくんなどの人形が...
 知らずに夜ここに来たら、驚くんだろうなと(笑)

C1004a114
(待合室のハットリくん)

 そんなハットリくんを撮影し終えたところで、発車時刻が近づいたので車内に戻った。
 そして、乗車してきたディーゼルカーで高岡を目指すことに。
 
 
(つづく)

« 春18:富山駅で日本海を | トップページ | 春18:475系急行色で富山へ »

コロプラ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道:JR西」カテゴリの記事

鉄:北陸」カテゴリの記事

駅舎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/48545088

この記事へのトラックバック一覧です: 春18:コロプラのため氷見線へ:

« 春18:富山駅で日本海を | トップページ | 春18:475系急行色で富山へ »