2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 春18:美濃市にて | トップページ | 春18:名古屋へ。1日目終了 »

春18:郡上八幡へ

  4月10日(土)

 青春18きっぷ消化の旅。
 転じて、コロプラの旅 長良川鉄道編。
 美濃市から乗車したのは、郡上八幡行。
 やってきたのは、関駅で見送った美濃太田行のナガラ503。
 意図して待っていたわけではなかったが、新車で郡上八幡へ向かうことに。

C1004a151
(乗車したのは、白基調の塗装を纏ったナガラ503。郡上八幡にて)

 ただ、車内は相変わらず混み合っており、座席はすべて埋まっていた。
 仕方がないので、また立っていく。
 なお、富山駅前で夜行バスを下りてから、随分時間が経っていたが、眠くてつらかった。
 ということで、立っているにもかかわらずウトウトしてしまい、あまり途中の記憶がないまま、
列車は北に向かい、気がつけば郡上八幡に到着するところだった。


 ということで、終点の郡上八幡。
 この先も、乗りつぶしをしたかったが、スケジュールの都合で今回はここまで。
 郡上八幡から美濃太田に戻ることに。

 なお、乗車してきた列車は上の写真の通り、下り線に到着する。
 到着し、乗客が降り終わったところで、北濃方に一旦引き上げ、上り線に転線していた。
 関駅でも同様に転線作業を行っていたが、作業効率を上げるため、最近は転線作業を
やらなくなる会社もあったりするのだが...

C1004a155
(転線作業を終え、本屋側の上り線で発車を待つナガラ503)
 
 
 転線作業を行っている間、駅舎の撮影などをこなす。
 美濃市駅と同様に、こちらの駅も入口脇に、円形のポストが。
 見掛けることが少なくなっているが、意図的に残しているのだろうか?
 また、「郡上おどり」の提灯が取り付けられていた。

C1004a153
(郡上八幡駅駅舎)
 
 その駅舎内には、無料で入場できる鉄道資料館「ふるさとの鉄道館」も。
 旧国鉄・越美南線に関するものなども展示されていた。
 
C1004a154
(駅舎内の「ふるさとの鉄道館」)
 

 と、ここまで撮影したところで、発車時刻が近づく。
 ということで、帰りも最新車両のナガラ503。
 今度は座ることが出来たので、再びウトウトしてしまう。

 途中、大矢で下り列車を待ち合わせるため数分停車する。
 なお、停車した上りホームには桜の樹が植えられていた。
 せっかくなので、乗車してきた美濃太田行とともに下りホーム側からを撮影した。

C1004a156
(大矢駅にて)

 そして、大矢を発車し、次に気付いたのは関駅を発車するところ。
 随分ウトウトしてしまったのかなと。
 結局、往路の美濃市から後、後半戦はほぼウトウトし尽くしたまま、美濃太田へ。
 気まぐれで訪れた長良川鉄道の旅はこうして幕を閉じた。

 なお、今回の旅では、事前学習せず訪れたために名鉄美濃駅の記念館を訪れることが
出来なかったことや、郡上八幡以北の乗りつぶしがスケジュールの都合で出来なかった
ことなど、やり残したことがまだあるので、また機会をみつけて訪れたいと思った。 
 そんな、仕掛かり感を残したまま、美濃太田を後にした。 
 
 
(つづく)

« 春18:美濃市にて | トップページ | 春18:名古屋へ。1日目終了 »

コロプラ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道:3セク」カテゴリの記事

鉄:中部」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

駅舎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/48572448

この記事へのトラックバック一覧です: 春18:郡上八幡へ:

« 春18:美濃市にて | トップページ | 春18:名古屋へ。1日目終了 »