2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 201系の回送を撮影する | トップページ | 初狩へ »

大月にて。富士登山電車を撮影

  5月 8日(土)

 豊田から大月行に乗車し、次に向かったのは、初狩駅。
 大月では、到着と同じホームから甲府行が発車するため、しばし時間をつぶす。

 ちなみに、大月行の後続列車は、ホリデー快速ビューやまなし号(小淵沢行)。
 列車は215系10両編成。言わずとしれた東海道線のホームライナー用車両。
 既にアクティからは撤退したものの、この列車にはずっと使用されている。
 そんな列車を撮影しようとしたが、停車時間は短かったため、あっさり逃げられてしまう。

 ただ、それよりもお初の電車が。
 お隣のホームに停車していたのは富士急行の「富士登山電車」。
 JR九州や和歌山電鐵の車両デザインで有名な水戸岡鋭治氏のデザイン。
 初めて見掛けたので、とりあえず撮影。
 正面がちとなり、あまりいい写真にはならなかった。

C1005a023
(大月駅で発車を待つ、富士登山電車)

 一度は乗車してみたいのだが、富士急行というと昨年5月の国盗りの際に乗車しただけ。
 しかも訪れたのが2009年5月9日と、ほぼ1年前だったりする。
 しかしその後は、富士急行線には縁がない。
 なんとかきっかけを作って出掛けたいのだが...


 また、大月駅の構内には、スカ色の115系が。
 どうやら係員の訓練を行っていたようだ。
 数人が車両近くで何かやっていたし、先頭には黄色い紙で「訓練中」と貼られていた。

C1005a024
(訓練用?の115系。大月駅にて)


 そして、東京行きが発車したホームにやって来た115系に揺られて、初狩を目指した。
 
 
(つづく)

« 201系の回送を撮影する | トップページ | 初狩へ »

鉄道」カテゴリの記事

鉄:甲信越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/48328316

この記事へのトラックバック一覧です: 大月にて。富士登山電車を撮影:

« 201系の回送を撮影する | トップページ | 初狩へ »