2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« キハ200で指宿を目指す | トップページ | つばめ~リレーつばめで北上 »

指宿駅にて

  3月13日(土)

 「青春18きっぷの旅」あらため「コロプラ★乗り放題切符」 2日目。
 鹿児島中央から乗車したのは山川行。その普通列車で向かったのは指宿。
 ただ、前の記事にもあるとおり、手前の宮ヶ浜で事は済んでいた。
 しかし、帰りの列車は快速「なのはな」。宮ヶ浜は通過するため、結果的に指宿へ。


 指宿。
 前回訪れたのは、1993年春。
 それから17年が経過していた。
 そんな指宿駅の駅舎を撮影する。

C1003a237
(指宿駅駅舎)


 駅前には、姉妹駅を結んでいる稚内駅との記念の石碑が。
 ここから稚内まで3000キロ以上あるとのこと。
 この石碑が建立された頃は、青函トンネルが開通していなかった。
 そのため、北海道とは線路が繋がっていなかった。
 そう考えると、便利になったんだなぁと改めて実感。

C1003a238
(稚内駅との姉妹駅の記念碑)


 また、駅の脇には、足湯も設置されていた。
 さすがは湯の街・指宿だ。
 本当ならゆったり浸かりたいところだったが、あまり時間がない。
 そして、なんとなくお湯がぬるいようにも感じたので、浸かるのは諦めた。
 ということで、今回は撮影のみ。

C1003a239
(駅前に設置されていた足湯)


 ここで駅内に戻り、西大山駅の記念入場券を購入したりする。
 入場券は角がかなりくたびれた感じで、最近はあまり売れていないのかなと感じた。
 なんとなくガッカリした気分でホームへ。鹿児島中央に戻る列車を待つことにした。
 やって来たのは、快速「なのはな」。車両は指宿まで乗車したキハ200。
 しかも、どういうわけか往きと同じ席に座ることになる。
 また海が見えるからいいかなと...

C1003a240
(帰りもキハ200。指宿駅にて)
 

 指宿駅で交換待ちでやって来たのは山川行の普通列車。
 キハ40の4両編成で先頭車は「カツオ号」のラッピング。
 ステッカータイプのヘッドマークが貼られていた。

C1003a241
(カツオ号の山川行)


 そして、快速なのはなで鹿児島中央を目指すことに。
 帰りは陽が顔を出し、いい気分になりながら北を目指した。


(つづく)

« キハ200で指宿を目指す | トップページ | つばめ~リレーつばめで北上 »

旅行・地域」カテゴリの記事

駅舎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/48443319

この記事へのトラックバック一覧です: 指宿駅にて:

« キハ200で指宿を目指す | トップページ | つばめ~リレーつばめで北上 »