2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 駅舎が改築された岩本駅にて | トップページ | 201系の回送を撮影する »

水上駅にて。D51を撮る

  5月 5日(水)

 岩本駅で「SLみなかみ号」を撮影した後、さらに北上する。
 水上では、D51が折返しまでの間、(旧)水上機関区跡地の整備線でひと休みする。
 そんなD51を撮影すべく、水上を目指した。


 水上。
 ホームには、先行するSLの乗客を出迎えていた水上温泉の観光客でごった返していた。
 この日を含め、今シーズンのSLみなかみ号の指定席はほぼ売り切れとのことだった。
 まだまだ、SL列車は人気があるのだろう。リピーターもいると聞くし...

 なお、このまま転車台に載るD51を撮影してもよかった。
 しかし、水上駅前の昼食事情はあまり芳しくない。
 そんなところで、昼食を食べ損なう危険性が高かったので、先に昼食を摂る。
 食べたのは、いつも通り「ラーメンきむら」のジャータン麺。

C1005a012
(ラーメンきむらのジャータン麺)

 ただでさえ暑い一日だったのに、さらに熱くなる一杯。
 もっとも、これで元気が出たのでいいのだが...


 昼食を食べ終えたところで、SLがひと休みする整備線へ。
 既に方向転換が終了して、整備を受けているところだった。
 さすがにSLが到着した時間は混雑する転車台周辺も一息ついた感じだった。
 それでも、後藤型デフ付きのD51を撮影しようとする同業の方が多数いらした。

C1005a013
(折返しを待つD51 498。水上駅にて)


 なお、今回取り付けられた、後藤型デフには、動輪のマークが入れられていた。
 ワンポイントで入れたのかもしれない。

C1005a014
(後藤型デフにワンポイント)


 そして、側面のナンバプレート付近に、鉄道省鷹取工場製(昭和15年製造)の銘板も。
 賑やかになった感じだった。

C1005a015
(側面の銘板)
 
 
 
 このあと、同行したTOMO氏のリクエストで、水上駅から少し下り方へ移動する。
 ここで、新潟車両センターの車両で運用されている、長岡行の普通列車を撮影した。
 この日の編成は、115系2両編成を2本連結した、オール電動車の4M編成だった。
 こんなハイパワーなら、上越国境の峠越えも難なくこなせるだろうなんて...

C1005a016
(長岡行普通列車。水上駅付近で後追い)


 この時間帯、上越国境を越えていく列車は1本のみ。
 整備線のSLを横目に水上駅に戻り、このあと数箇所で撮影し、帰途についた。
 
 
(つづく)

« 駅舎が改築された岩本駅にて | トップページ | 201系の回送を撮影する »

列車:SL」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/48291169

この記事へのトラックバック一覧です: 水上駅にて。D51を撮る:

« 駅舎が改築された岩本駅にて | トップページ | 201系の回送を撮影する »