2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 両毛線の6両編成を撮影 | トップページ | 上電デハ101を撮影する(2) »

上電デハ101を撮影する(1)

  4月25日(日)

 両毛線内で足利藤まつり号を撮影し、次に向かったのは上毛電鉄。
 この日は、上毛電鉄大胡電車庫でのイベント開催に伴い、デハ101の運転が行われた。
 午前中は、採石散布用の貨車をけん引するとのことだったが、当然間に合わない。
 ただ、今回は前回(2010年1月)と異なり、午後にも運転があるとのことだった。
 ということで、大胡電車庫のイベントに訪れていたTOMO氏とともに撮影することにした。
 
 
 まず最初に訪れたのは、粕川駅付近の粕川橋梁
 この橋梁は、2009年4月18日に登録有形文化財に登録された橋梁。
 上毛電鉄のHPによれば、昭和3年の開業時より利用されている。
 また、当初は六角形の橋脚も、カスリーン台風の影響で円形に補強されたとのこと。
 そんな由緒ある橋梁を通過するシーンを撮影することにした。


C1004a046
(粕川橋梁を行くデハ101)


 このまま撤収してもよかったが、この後やってくる電車も...
 上毛電鉄の電車というと、デハ101以外で本線走行するのは、いずれも元京王3000系を
譲り受けた700型となる。ただ、本家の京王に負けじと、編成ごとに前面の色が異なる。
 ということで、撮り飽きない700型を撮影することにした。

 まず、西桐生行。ロイヤルブルーの712-722。
 なんとなく、ラベンダー色のようにも感じる色だった。

C1004a047
(西桐生行はロイヤルブルーの712)


 そして、粕川駅と交換してきた中央前橋行。
 こちらは、フェニックスレッドの713-723。

C1004a048
(中央前橋行はフェニックスレッドの713)


 もう少し撮影したかったが、折り返してくるデハ101を撮影するため、次のポイントへ。
 
 
(つづく)

« 両毛線の6両編成を撮影 | トップページ | 上電デハ101を撮影する(2) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:上信・上毛・わたらせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/48209967

この記事へのトラックバック一覧です: 上電デハ101を撮影する(1):

« 両毛線の6両編成を撮影 | トップページ | 上電デハ101を撮影する(2) »