2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 新山口駅にて | トップページ | 宇部から西へ。化粧に濃さに... »

宇部線乗りつぶし旅

  3月11日(木)

 2日目のスタートは、新山口駅から。
 新山口からまず乗車したのは、宇部線の宇部行普通列車。
 乗車したのは105系2両編成でワンマン列車。

C1003a146
(宇部線・宇部行普通列車。新山口駅にて)

 今回乗車した編成は、白地に赤と青の帯が入った新広島色という見慣れたカラー。
 しかし、この記事を書いた4月時点で既に登場しているが、今後は全て黄色一色に。
 見映えがよい色だっただけに、なんとも残念な気がするが...


 新山口を発車し、上嘉川~深溝間。
 国道2号線の築堤をくぐったが、下関方面の車線は、車が全く動いていないようだった。
 天気は回復しつつあったが、まだ雪の影響は残っているようだ。

 しばらく走り、床波を出た辺りで海沿いへ。
 そして、山口宇部空港の最寄り駅の草江。
 徒歩10分弱のところに空港があり、走行中にターミナルも見えた。
 ただし、最寄り駅とはいっても、あまりアクセスには利用されてはいないようだった。
 ターミナルの前あたりに駅を作れば、アクセスに利用されるのかもしれないのだろう。
 ただ、現在の宇部線の列車本数を考えると、難しいのかもしれない。


 宇部新川。
 ここで7分停車する。
 停車時間を利用し、駅舎の撮影。

C1003a147
(宇部新川駅駅舎)

 なお、以前はこの駅の構内に、宇部新川鉄道部があったが現在は統合され廃止に。
 ただ、現在も車両留置が行われている関係で、構内には数本の電車が留置されていた。 

C1003a148
(構内に留置されていた105系3両編成)


 そして、発車した際に気付いた、小野田線のクモハ123。
 当初の計画では、美祢線の乗りつぶし後、小野田線を乗りつぶすはずだったが...
 前の記事の通り、美祢線を諦めた時点で、小野田線の乗りつぶし計画も消滅に。

C1003a149
(車内からクモハ123)


 そんな宇部線に揺られ、1時間ほどで宇部に到着する。
 宇部駅でも乗り換えに余裕があったので駅舎を撮影する。

C1003a150
(宇部駅駅舎)

 宇部新川駅の駅舎に比べ、宇部駅の駅舎はなんとなくコンパクトにまとまった感じだった。
 ちなみに、宇部市の代表駅は宇部新川とのこと。納得...

 そして、宇部からさらに西を目指すことに。
 
 
(つづく)

« 新山口駅にて | トップページ | 宇部から西へ。化粧に濃さに... »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/48089618

この記事へのトラックバック一覧です: 宇部線乗りつぶし旅:

« 新山口駅にて | トップページ | 宇部から西へ。化粧に濃さに... »