2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 早朝から南京町広場へ | トップページ | 上月PAにて 高速バスで米子を目指す »

和田岬線乗りつぶし旅

  3月10日(水)

 南京町広場で用事を済ませたあと向かったのは、兵庫駅。
 兵庫駅というと、和田岬に向かう支線の始発駅。
 しかしながら、この支線に乗車したことがなかった。
 が、今回は、寄り道したことで、この路線に乗車するのにちょうどいい時間に。


 ということで、兵庫駅から乗車したのは、和田岬行の普通列車。
 車両は、スカイブルーの103系6両編成。
 到着した際は空いていたものの、発車直前には、立ち客の姿も。
 通勤路線だけあって混み合っていた。

C1003a111
(和田岬行の103系)


 なお、この区間は1.8Kmと短い路線ではあったが、車掌が乗務していた。
 東羽衣支線のようにワンマン運転かと思っていたのだが...
 で、その車掌は、見習いの女性と「指導」の腕章をつけた男性だった。
 恥ずかしそうな感じで乗務している姿を見て、大丈夫かなと心配になってみたりして。
 もう少し堂々とやって欲しいような...


 兵庫駅を発車すると、すぐ左にカーブを切っていく。
 程なく進行右手に川崎重工の車両工場が。
 まもなく出場するのか、車内から見えるところにJR貨物のDF200が停車していた。
 DF200というと数日前、北海道で見ていたが、まさかこんなところでも...

C1003a116
(DF200が...)
 
 
 そして和田岬。
 3分間のショートトリップは終了。折り返して発車する直前までホームはごった返す。
 そのまま折り返すのではもったいないので、1本後の列車で帰ることに。

C1003a112
(兵庫に向けて帰って行く)


 その時間を利用して、構内を観察することに。
 この駅には駅舎が無かった。以前はあったようだが...
 現在は簡易な屋根があり、そこに時刻表が掲出されていた。

C1003a113
(簡易な屋根)


 そして、構内にあったのはファミリーマート。
 これから働きに行く人で賑わっていた。 

C1003a114
(構内にはファミリーマート)

 そのファミリーマートの外壁に、和田岬駅の歩みを記したものが掲出されていた。
 移転前後のことなどは、地図入りで解説されていた。
 こういったものがあれば、初めて来た人にも親切かもしれない。

C1003a115
(掲出されていた「和田岬駅のあゆみ」)


 構内などを観察しているうちに、兵庫に戻った列車が通勤客を連れて帰ってくる。
 その電車で兵庫に帰ることにした。流石に帰りはガラガラだった。


 朝のラッシュが始まった電車に揺られて、三ノ宮へ。
 改札外にあった「龍馬の足跡をゆく 旅立ち編」の神戸周辺のQRを取り込み、無事完了。
 ここまで乗車してきたところで、JRとは一旦お別れ。
 三ノ宮から別の乗り物へ...
 
 
(つづく)

« 早朝から南京町広場へ | トップページ | 上月PAにて 高速バスで米子を目指す »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/47990261

この記事へのトラックバック一覧です: 和田岬線乗りつぶし旅:

« 早朝から南京町広場へ | トップページ | 上月PAにて 高速バスで米子を目指す »