2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 秋田駅にて | トップページ | リゾートしらかみ号(2) »

リゾートしらかみ号(1)

  3月 6日(土)

 今回の旅の最初の目的は、五能線の乗りつぶしとリゾートしらかみへの乗車。
 寝台特急「あけぼの」から下車した後、前の記事の通り1時間ほど時間をつぶし、
秋田駅から乗車したのは、快速「リゾートしらかみ1号」。人気が高い列車のようで、
シーズン中はなかなか指定席が取りにくいと聞いていた。
 今回は、まだ春が訪れていないせいか、海側であるA席の指定券を購入できた。


 なお、「リゾートしらかみ」というと、キハ40やキハ48を改造した「青池」「橅(ブナ)」
「くまげら」の3編成で、この列車に充当されるのは「青池」。
 ちなみに編成名の「青池」とは、この列車が運行されている五能線の十二湖駅が
最寄りの十二湖(実際には30以上湖沼があるとのこと)の一つ。その「青池」編成は、
東北新幹線新青森開業に伴うハイブリッド車導入により、置き換えられるようだ。
 そんな「青沼」編成で、まずは羽越線を北上する。

C1003a012
(リゾートしらかみ「青池」。秋田駅にて)


 そして、朝食用に購入したのは、「しらかみ」。
 1000円という値段は少々高めにも感じたが、観光地価格かなと考えて購入した。

C1003a013
(購入した弁当「しらかみ」)

 おかずには、秋田名物のハタハタの甘露煮などが入れられていた。
 パッケージの割りに中身が多くなかったので、朝食にはちょうどいい量だった。
 販売者は車内販売や構内営業を行っているNREだったが、駅弁ではないような...


 追分、八郎潟と停車し、東能代に到着する。
 ここから五能線に入るため、9分間停車し、進行方向が逆になる。
 この時間を利用して、反対側のホームに渡り、列車の撮影。

C1003a014
(東能代で折返しを待つリゾートしらかみ1号)

 そして反対側先頭車。
 「くまげら」編成との出会い? 

C1003a015a
(青池編成とくまげら編成?。東能代駅にて)

 くまげら編成の正体は、東能代駅の待合室だった。

C1003a015b
(待合室を正面から)

 ホーム中央にあれば、もっと多くの乗客が気がついたのかもしれないが。
 上の写真の通り、3号車に乗車していれば気付く場所だった。
 

 そして、五能線へ。
 まだ旅は始まったばかり。
 まだまだ先は長い...


(つづく)


※加筆修正
→10/03/27 写真を一部追加(東能代駅の待合室関係)。
 

« 秋田駅にて | トップページ | リゾートしらかみ号(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/47838916

この記事へのトラックバック一覧です: リゾートしらかみ号(1):

« 秋田駅にて | トップページ | リゾートしらかみ号(2) »