2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 八高線全通75周年号を撮影(1) | トップページ | 腹ごなしに秩父鉄道を撮影 »

デカ盛りのソースカツ丼を...

  2月28日(日)

 高崎~高麗川間で「八高線全通75周年号」の撮影に出掛けたこの日。
 この列車には追いつかないが、復路の列車までずいぶん時間があった。
 ということで、このまま埼玉県内を南下することに。
 
 
 で、次に向かったのは撮影ポイントではなく、八高線沿線のとある食堂。
 今回の撮影を後輩のO君に誘われた際、列車(八高線全通75周年号)ではなく、
その食堂での昼食の方がメインと言われていた。

 ということで、たどり着いたのは、明覚駅があるときがわ町の食堂「アライ」。
 到着したのはお昼時。
 既に入店を待つ人が数組。ということで、席に着くまで約1時間待ちだった。
 
 
 1時間後。
 席に着くなり、ソースカツ丼の大盛り(750円)+単品のトンカツ(300円)を注文する。
  
 注文して10分ほどでまず、トンカツから。
 これで300円?という大きさ。

C1002a073
(トンカツ1人前)
 
 
 実はこの食堂、知る人ぞ知るデカ盛りの店だった。
 トンカツがこれなら、ソースカツ丼は...

C1002a074
(ソースカツ丼。みそ汁が小さいわけではない。)

 「なんか3段乗ってますぜ、旦那?」てな具合...
 さすがに、このまま食べるのは難しいとわかっているようで、取り皿も用意されていた。
 そんな取り皿にソースカツをどかした丼のご飯の量も、なんとなく山盛りに近い。
 これは、しっかり取り組まないと負けてしまうなと感じとる。
 
 
 ということで、用心しつつ勇猛果敢に突進あるのみ。
 2人とも、モクモクとカツをご飯を口に入れていく作業が続いていく。
 確かに美味しいのだが、いかんせん量が減らない。
 さすがに名誉ある撤退とはいかないので、さらに箸を進める。

 30分弱でなんとか完食。
 流石に動くのが少し重く感じつつ、店を後にした。
 
C1002a075
(アライの外観)

 
(つづく)

« 八高線全通75周年号を撮影(1) | トップページ | 腹ごなしに秩父鉄道を撮影 »

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/47702387

この記事へのトラックバック一覧です: デカ盛りのソースカツ丼を...:

« 八高線全通75周年号を撮影(1) | トップページ | 腹ごなしに秩父鉄道を撮影 »