2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 豊岡から福知山へ | トップページ | 雷鳥16号~京都駅にて »

胡麻駅で17分停車

  1月 9日(土)

 青春18きっぷの旅最終日。
 福知山から乗車したのは、福知山始発の園部行。
 乗り換えやすいよう、同じホームの向かい側に停車していた。
 ここも、223系5500番台2両編成だった。
 ただし、通勤時間帯が終わっているせいなのか、ワンマン運転だった。

C1001a171
(園部行。福知山にて)

 福知山を発車し、東を目指して進んでいく。
 途中の綾部では、舞鶴線の113系の姿も見ることが出来た。
 113系は湘南色だったが、今後はこれも単色に塗り替えられてしまうのだろうか?
 経費削減とはいえ、なんとなく寂しい気分にもなってくる。 
 せめて、アクセントに細い帯が1本入るだけでも違うと思うのだが...


 和知駅。
 特急たんば1号+特急まいづる1号の交換待ち合わせ。
 通過するところを撮影しようとしたが、2階建て列車であることを忘れていた。
 しかも、この駅は左にカーブしているため、撮影はしてみたものの、一番後ろの
車両まで収まりきらなかった。

C1001a172
(和知駅を通過する特急たんば1号+まいづる1号)


 2駅進んで、胡麻駅。
 ここでも、上下特急などの待ち合わせのため、17分停車する。
 まず、到着して数分後、下り特急「はしだて1号」が通過していく。

C1001a173
(胡麻駅を通過する特急はしだて1号)


 特急はしだて1号の通過後、まだ時間があったので、跨線橋を渡り駅舎を撮影する。

C1001a174
(胡麻駅駅舎)


 駅自体は無人駅だったが、駅舎には郵便局(胡麻郵便局)が併設されているとともに、
多目的ホールが併設されており、この中には「郷の駅 胡麻屋」という物産店が。

C1001a175
(胡麻駅に併設されていた「郷の駅 胡麻屋」)

 このお店は、NPO法人の胡麻地域振興会が主体となって運営しているようだった。
 無人駅であっても、駅がこういう形で地域にコミュニティスペースとなり、人がいるという
ことは、なんとなくいいことのように感じられた。

 
 買い物を終え、列車に戻ろうとすると、上下列車が到着する。
 まず、上り特急「はしだて4号」。通過だろうと思っていたが、運転停車する。

C1001a176
(胡麻駅に進入する特急はしだて4号)


 そして、下り普通列車の福知山行。
 こちらは113系だった。

C1001a177
(113系福知山行。胡麻駅にて)

 ここまで撮影したところで、発車時刻が近づいたので、車内に戻った。


 胡麻駅を発車し、4駅で園部駅。
 同じホームで、快速京都行きに乗り換える。
 乗車したのは221系4両編成。
 223系投入のお下がりで導入されたのだろう。

C1001a178
(快速京都行。園部駅にて)

 乗車したのは3連休の初日。
 しかも、この快速は、京都駅にお昼前に到着する電車。
 京都などに遊びに出掛けるのに丁度いい時間帯のようで、どの駅からも京都市内を
目指す人が乗車し、立ち客の姿も多くなる。
 

(つづく)

« 豊岡から福知山へ | トップページ | 雷鳥16号~京都駅にて »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR西」カテゴリの記事

鉄:山陽山陰」カテゴリの記事

鉄:関西」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

駅舎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/47480719

この記事へのトラックバック一覧です: 胡麻駅で17分停車:

« 豊岡から福知山へ | トップページ | 雷鳥16号~京都駅にて »