2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 金沢駅にて(2) | トップページ | 14両編成の特急「草津・水上」 »

8両編成のシーハイル上越

  2月20日(土)

 十日町雪まつりが行われたこの日。
 雪まつりに向かう臨時列車を撮影すべく、上越線の沿線に出掛けた。
 なお、どの臨時列車も昼過ぎの列車だったので、まず井野~新前橋間へ。
 前週は田町車両センターの183系で運転された快速「シーハイル上越」を撮影することに。


 現地に到着したのは、両毛線の霜取り列車として運転された単機。
 やって来たのは、EF65 501(Pトップ)。
 この後の都合もあり、撮影したのは後追いのみ。
 しかも、慌てて撮影したので、ピントが甘かったりする。

C1002a101
(後追い撮影したEF65 501。新前橋~井野間にて)

 こんなことなら、両毛線に出掛けてればよかったなぁと後悔。


 続いて、両毛線の小山行(439M)。
 211系 5両編成で霜取りパンタグラフが上がっていた。
 なお、実際に霜取りパンタが上がった状態を撮影したのは、今回が初めてだったりする。

C1002a102
(両毛線 小山行普通列車。井野~新前橋間)


 そして、快速「シーハイル上越」。
 前週が183系6両編成で田町車両センター所属車だった。
 ということで、ヘッドマークも絵入りのものではなく「臨時」だった。
 「まさか?今週も?」と思いつつシャッターを切った。

 「あれ?」
 何かがおかしかった。
 ヘッドマークは前週と同様に「臨時」だったが、なんとなく長い。
 ということでよく見ると、前週と同様に田町車の183系ではあったが、8両編成だった。

C1002a103
(8両編成のシーハイル上越)

 ここに来て、絵入りマークの183系大宮車が運用を外れ、田町車が充当されている。
 しかも、今回は両数が 6両→ 8両と異なっていたりする。
 何らかの理由で代走しているのかもしれないが、次回は絵入りマークを撮影できれば...


(つづく)

◆関連記事
 2010年1月11日のシーハイル上越(大宮車・絵入りマークで運行)
 

« 金沢駅にて(2) | トップページ | 14両編成の特急「草津・水上」 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8両編成のシーハイル上越:

« 金沢駅にて(2) | トップページ | 14両編成の特急「草津・水上」 »