2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 出雲横田にて | トップページ | 最後は特急で鳥取へ »

木次線を北上する(2)

  1月 8日(木)

 青春18きっぷの旅 2日目。
 中国地方 4県JRのローカル線で巡る日帰りの旅も、終盤戦に。

 出雲横田で小休止した列車は、再び北を目指し走り出す。

C1001a147
(出雲横田駅で発車を待つ宍道行)


 出雲横田で乗車した高校生の下校の足となり、車内は賑やかに。
 なお、備後落合から出雲横田までは、片手で足りるぐらいの乗客しかいなかったが...
 そんな賑やかな車内も、出雲三成と出雲八代駅でほぼ下車し、車内は再び閑かに。

 そして外は雪景色が続くが、三井野原駅のような積雪というような感じは無かった。


 木次。
 時間調整のため8分停車する。
 てっきり併結でもするのかと思ったが...
 ただ、ここまで乗務してきた運転士が、出雲横田から乗車していた運転士と交代する。
 この路線は、ほぼワンマン運転で、専門の車掌がいないようで、運転士が一人二役で
乗務しているようだ。

 到着すると、出雲横田行が発車していった。

C1001a150
(木次駅を発車する出雲横田行)


 そして、停車時間を利用して駅舎を撮影する。

C1001a151
(木次駅駅舎)


 木次を出れば、線路状態も悪くなく、さらに淡々と北上し続ける。
 そして、写真は撮れなかったが、南宍道で停車する。
 実はこの駅、過去2回はいずれも通過だったので、3度目にして初めて停車する。

 このまま終点の宍道まで乗り通し、12時間半ぶりに日本海側に戻ってきた。
 そして宍道から松江に向かった。
 

(つづく)

« 出雲横田にて | トップページ | 最後は特急で鳥取へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR西」カテゴリの記事

鉄:山陽山陰」カテゴリの記事

駅舎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/47279880

この記事へのトラックバック一覧です: 木次線を北上する(2):

« 出雲横田にて | トップページ | 最後は特急で鳥取へ »