2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 芸備線で備後落合へ | トップページ | 木次線を北上する(1) »

備後落合にて

  1月 8日(木)

 青春18きっぷの旅 2日目。
 芸備線で備後落合へ。
 今度は木次線に乗り継ぐ。

 ちなみに、この備後落合を訪れるのは3度目。
 その3回ともが同じ時間帯。
 初回(2008年3月)、2回目(2008年10月)は、いずれも宍道からだったが、今回は新見発。
 そして、備後落合からの乗り換えた列車は、初回が新見方面、2回目が三次方面で、
今回が木次方面ということで、時期こそ違えど、同じ時間帯に備後落合から発車する
3つの方面の列車を乗りつぶすことになった。

 なお、3本の列車が備後落合に揃うのは、1日に1回だけ。この14時台だけ。
 特に木次方面、新見方面の列車は、備後落合にやってくるのはそれぞれ3本しかない。
 他の時間帯は、どちらも三次方面の列車とは揃うのだが...

C1001a131
(三次行と新見行。備後落合駅にて)

 

 ちなみに、三次行と新見行は同じ芸備線の列車ということで同じホームで乗り継げるが、
これから乗車する木次線の出雲横田行の列車は、駅舎があるホームに停車していた。

C1001a132
(出雲横田行。備後落合駅にて)


 
 列車を撮影するついでで、駅舎の写真も。

C1001a133
(備後落合駅)


 この駅は10年以上前から駅員の配置がないとのこと。
 かつては、構内に側線があり機関車の整備などもしていたようだが、その面影もない。
 そんな鉄道の要衝であったこの駅も、現在は3方面からの列車が折返しを行うために
設置されているだけの駅という印象が強い。
 しかも先述の通り、いずれの方面の列車の本数が少なく、3方面の列車が1日1回しか
この駅で揃わないことを考えても、接続の悪さは否めないのかもしれない。

 そんなことを感じつつ、駅舎を撮影し終えたたところで、木次線の発車時刻が近づく。
 次にこの駅を訪れるのは、いつになるのだろう?と思いつつ、備後落合を後にした。
 

(つづく)


◆関連記事(備後落合駅関係=再掲)
 備後落合へ (2008年3月。このあと新見経由で岡山へ)
 奥出雲おろち号で備後落合へ (2008年10月。このあと三次経由で福山へ)

« 芸備線で備後落合へ | トップページ | 木次線を北上する(1) »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR西」カテゴリの記事

鉄:山陽山陰」カテゴリの記事

駅舎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/47408142

この記事へのトラックバック一覧です: 備後落合にて:

« 芸備線で備後落合へ | トップページ | 木次線を北上する(1) »