2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 因美線で津山へ | トップページ | 特急やくも号を撮影する »

姫新線で新見へ

  1月 8日(木)

 青春18きっぷの旅 2日目。
 津山から姫新線に乗車し、乗りつぶししながら、新見を目指すことにした。
 乗車したのは、またもやキハ120。

C1001a119
(津山から乗車した新見行)

 当然のことだが、単行かつワンマン列車だった。

 津山を発車し少しの間、岡山に向かう津山線の線路と併走する。
 津山線を別れると西を目指して進んでいく。


 美作追分を出ると、いったん南西方向を目指し美作落合へ。
 ここから今度は、北に方向を変え、久世を目指す。
 少し大回りする形の線形になっている。
 ただ、大船渡線のように政治的に曲げられたようではないようだ。
 その久世では、新見発の津山行と交換する。
 

 中国勝山。
 ここで路線バスに乗り換えると、国盗り合戦「日本全国温泉めぐり」のポイントである
湯原温泉に向かうことができたが、あくまでも青春18きっぷを利用した乗りつぶしの旅
なので、そのまま西へ。
 もっとも、ここで下車した場合、次の列車を捕まえる方が難しかったりする。


 中国勝山を出ると、それまでの田園が広がっていたのが一変し、山間を走りトンネルも。
 また、ローカル線ではおなじみの20Kmの制限標が顔を出し始める。
 ということで、必然的にのんびりした走りになる。
 JR西日本の路線は幹線系でないと、このような路面電車張りの速度で運転するところが...

 刑部付近に来ると、陽が射し幾分明るかったが、再び雪が降り出す。
 また寒くなってくるのかなぁなんて思っているうちに、終点の新見へ。


(つづく)

« 因美線で津山へ | トップページ | 特急やくも号を撮影する »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR西」カテゴリの記事

鉄:山陽山陰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/47279869

この記事へのトラックバック一覧です: 姫新線で新見へ:

« 因美線で津山へ | トップページ | 特急やくも号を撮影する »