2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« E531系で水戸線を東へ | トップページ | 国盗りで大井競馬場へ »

スーパーひたちで泉を目指す

 12月28日(月)

 ケータイ国盗り合戦「日本全国温泉めぐり」の旅。
 おまけで、国盗り合戦の絵巻が拾える福島県内を目指すことにした。
 水戸駅から乗り継いだのは、スーパーひたち27号。
 このスーパーひたち27号は、2009年9月の国盗り合戦「決戦!関ヶ原」で旅行した際、
27号で北を目指す旅(スーパーひたち~はやて~つがる)の先鋒として、いわき~仙台間で
乗車していた。そのせいか、なんとなく久しぶりだなぁなんて気持ちに。


 そして、大津港を通過したところで、目的の絵巻を拾うことができたので、予定通り
福島県内の最初の停車駅である、泉駅で予定通り下車し、折り返すことに。
 ホームに降り立つと風が強かったが、福島臨海鉄道のディーゼル機関車 DD55が
入換を行っていたので、撮影することにした。

C0912a271
(DD55 2とホキ800)

 風が強く立っているのがやっとだった。

 
 そして、EF81 91けん引のコンテナ列車(2095列車・東京タ発泉行)が到着する。
 このまま仙台方面に向かうのかと思っていたが、帰宅後に貨物時刻表を確認したら、
泉駅止まりで小名浜に行く貨物列車とのことだった。

C0912a272
(泉駅に進入する2095列車)

 ここまで撮影したところで、風の強さに耐えられなくなり、上りホームにスーパー
ひたち46号がやってくるとのことで、いったん改札を出て再入場し引き返すことに。
 乗車したスーパーひたち46号は、いわき~勝田間は651系4両編成で運転する
列車だったが、いわきや日立からの出張帰りには、まだ少し早い時間帯のようで、
この短編成で丁度いいようだった。


 結局この日は、国盗り合戦の絵巻を、水戸線内の笠間~宍戸間で「印籠弁当」、
スーパーひたちに乗り継ぎ、大津港~勿来間で「スパハワイアン」、さらに帰りの
荒川沖~ひたち野うしく間で「ワープステーション江戸」と、ほぼ予定通り絵巻を拾う
ことが出来たので、これでしばらくは水戸以北に出掛けることはないのかなと。
 それにしても、1月下旬に始めたケータイ国盗り合戦だが、これがあったからこそ、
1年間で様々なところに出掛けることができたのかなと感じた。
 ということで、1年を締めくくる旅も国盗りになった。
 通常の国盗りは、残りが39国しかないが、いずれも盗りづらく遠いところばかり。
 どう攻めていくか、国盗りを乗りつぶしにどのように絡めていくかを考えなくては...


(つづく)

« E531系で水戸線を東へ | トップページ | 国盗りで大井競馬場へ »

国盗り合戦」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東」カテゴリの記事

鉄道:JR貨」カテゴリの記事

鉄:東北」カテゴリの記事

鉄:関東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/47171378

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーひたちで泉を目指す:

« E531系で水戸線を東へ | トップページ | 国盗りで大井競馬場へ »