2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« JR直通特急で栃木へ | トップページ | スーパーひたちで泉を目指す »

E531系で水戸線を東へ

 12月28日(月)

 ケータイ国盗り合戦「日本全国温泉めぐり」の旅。
 栃木から戻ってきたところで、再び東を目指して、両毛線に乗り継ぐ。
 乗車したのは小山行。車両は115系4両編成。
 この列車で小山に向かう。

C0912a266
(栃木駅に進入する115系)


 小山駅。
 近場の旅行だったが、何かお土産をとNEWDAYSをのぞいてみる。
 すると、栃木では有名な「レモン牛乳」やそれにちなんだお菓子が売られていたので、
今回はこれをお土産にすることにした。

C0912a268
(レモン牛乳ラングドシャとレモン牛乳)

 ラングドシャの方は、レモンの香りを感じたが、レモン牛乳の方は...
 ただ、普通の牛乳よりは飲みやすいのかなとも感じた。
 無論普通の牛乳も嫌いじゃないが...


 そして、小山から乗り継いだのは、水戸線の友部行。
 コンコースのLED案内票には「4ドア5両」と出ていたので、501系かと期待したものの...
 階段を下りてみると、停車していたのはE531系。
 これはこれで珍しいようだが、なかなか501系には巡り合わないなぁと思った。

C0912a267
(小山から乗車した水戸線は、E531系)

 E531系の導入で常磐線・上野口から追い出された501系がメインだと思っていたのだが。
 ということで、小山~小田林間のデッドセクションも室内等が消えることなく通過していく。
 せっかくデッドセクションなのに、なんとなく残念な気が...

 なお、列車は平日のお昼時ということもあり、比較的空いていた。
 しかも、車内は暖房がいい具合に効いていたこともあり、気がつけば船をこいでいた。
 そして、目が覚めると笠間を発車するところだった。
 このまま終点の友部まで乗車し、友部から勝田行に乗り継ぎ、水戸駅を目指した。


(つづく)

« JR直通特急で栃木へ | トップページ | スーパーひたちで泉を目指す »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E531系で水戸線を東へ:

« JR直通特急で栃木へ | トップページ | スーパーひたちで泉を目指す »