2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 上毛電鉄イベントへ | トップページ | だるまに見送られて... »

11日の撮影 シーハイル上越

  1月11日(月)

 9日から運転を開始した、臨時快速シーハイル上越号を撮影に出掛けた。

 実はこの列車が運転される頃になると、「シーハイル上越」が検索ワードの上位常連に。
 それほどの情報は記載されていないのだが...
 (にもかかわらず、こんなところに...)
 ということで、うろ覚えなことを少し並べてみることに。


 今年の運転日は2月までの土休日とのこと。
 3月分については春の臨時列車となるため、1月11日時点では運転の有無は不明。
 例年の傾向から行けば、間もなく1月下旬には発表されていたような気が。

 車両は、特急に使用されていた183系6両編成。
 どんな列車だろうと検索してきた人には、「あずさ」や「かいじ」に使われていたというと
わかりやすいのかなと。あるいは、「しおさい」や「あやめ」、「とき」と書いた方が...

C0801a106
(2008年1月のシーハイル上越号)

 記憶している限りでは車内販売はない。
 下り列車は発車前に食料の調達が可能であるが、上り列車はかなり厳しい。
 水上駅での停車時間が短く、売店は跨線橋を渡る必要があるためまず無理。
 しかも、岩原スキー場前と越後中里は、駅内に売店が無いので注意が必要。

 号車は1~6号車で、大宮方が1号車。で、指定席は3~6号車。
 すべての車両がリクライニング機能がついた座席で回転する。
 乗り心地はそれなりといったところかなと。
 指定席については、沿線から団体利用も少なくないようで、確保が難しいときも。

 下り列車関係。
 水上駅は2or3号車が改札口の前。バスは駅前から出ている。
 新潟県に入り、越後中里駅は常設の改札口が2or3号車付近。
 ただし、中里スキー場へは3or4号車で、跨線橋を渡り、スキー場側の改札口へ。
 岩原スキー場前は、地下道が後寄りの車両。
 越後湯沢駅は、はくたか号が到着するホームであれば、エスカレーターがある。
 石打駅は下りホームに到着するのであれば、ホーム中央に地下道の階段が。
 と、こんな感じだったような気がするものの、完全ではない。

 そして上り列車。
 自由席は、18きっぷシーズンは、18きっぷユーザーで石打時点で満席になること。
 (18きっぷシーズンは指定席も満席になる場合がある)
 というのも、前後に上越国境を越える列車がないから、この列車に集中するようだ。
 一番混雑したときは、越後湯沢でデッキまで立ち客が出たことも...
 自由席利用ならば、越後湯沢までに乗車しないと座席の確保が難しいかなと。
 また、越後中里は上りホームに待合室があるものの、あまり大きくなく暖房もない。


 と、グダグダ並べたところで、撮影記。
 この日は仕事だったので、下り列車のみを撮影。

C1001a035
(シーハイル上越号。高崎操車場付近にて)

 なお、今回はヘッドマークが変なことが多いOM102編成。
 ただし、この日の石打方運転台は、通常のヘッドマークが掲出されていた。


 そして後追いも。

C1001a036
(シーハイル上越号。後追い)
 
 この日の撮影はここまで。
 思い出したように撮影に出掛けたので、結果はいまいち。
 シーズン中にもう一度ぐらいリベンジしなくてはと...
 そして、ネタの方はこれで大丈夫なのかしら?と気掛かりだったりするが...
 

 
※加筆修正
→10/01/19 指定席の号車に誤りがあり、該当する箇所を訂正。

« 上毛電鉄イベントへ | トップページ | だるまに見送られて... »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11日の撮影 シーハイル上越:

« 上毛電鉄イベントへ | トップページ | だるまに見送られて... »