2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« マイクロエース NO.DO.KA | トップページ | 上毛電鉄 デハ101に乗車する »

上毛電鉄 デハ101を撮る(1)

  1月 3日(日)

 新年初「鉄」となったこの日。
 上毛電鉄でイベントが行われるとのことで、出掛けてみることにした。
 なお、今回はTOMO氏裏辺氏と赤城駅で合流するため、桐生回りで上毛電鉄へ。

 桐生駅。
 高架化工事が完成したのは1985年10月。それから25年を迎えることになる。

C1001a011
(桐生駅駅舎)

 その翌年(1986年10月)には、同じ両毛線の前橋駅も高架化された。
 そしてその後、栃木駅周辺も高架化工事が完成して、今度は伊勢崎駅も。
 なお、伊勢崎駅の高架線の供用開始予定は、2010年といわれている。
 とすると、予定通りならば、今年中に伊勢崎駅の両毛線部分が高架化に。


 西桐生駅。
 桐生駅から約300m、徒歩10分弱といったところ。
 前橋駅と中央前橋駅に比べれば、簡単に歩いていくことが出来る。

 なお、この西桐生駅の駅舎は、1928年の開業時の駅舎が残存している。
 そのため、関東の駅100選に選ばれるとともに、2005年には国の有形登録文化財にも。

C1001a012
(西桐生駅駅舎)

 今回は沿線で撮影したり大胡駅のイベントに向かうため、咄嗟に行動しやすいように、
出札窓口であらかじめ「赤城南麓1日フリー切符」(1300円)を購入した。

 そして、大胡駅でのイベントに合わせて、運転を行ったデハ101を撮影するため、東へ。
 乗車したのはクハ721。以前は、京王井の頭線で活躍していた3000系。
 前面はフィヨルドグリーン(青緑色)。

C1001a013
(西桐生から乗車したクハ721)

 側面には、ワンマン列車の乗車位置を示すために、サボが差されていた。

C1001a014
(側面に差されていたサボ)


 乗車したものの、あまり出掛けたことが無かったので、無難に隣の丸山下駅で下車。
 駅から近い踏切で、やってくる電車を撮影することにした。


 西桐生から乗車してきた電車と、デハ101の臨時電車が行き違いするのは数駅先。
 ということで、撮影準備が完了したところで、デハ101が丸山下駅を発車する。

C1001a015
(デハ101。丸山下~西桐生間)

 年始ということで、寅年にちなんだ「とら」のヘッドマークと日章旗が取り付けられていた。


 このあと、TOMO氏達と合流することになるが、赤城方面に向かう電車は、デハの後続。
 ということで、丸山下駅に戻る前に、あわせて撮影した。

 やって来た西桐生行は、レッドフェイスのデハ713。

C1001a016
(デハ713。丸山下~西桐生間)


 ここまで撮影したところで、丸山下駅に戻り、さらに東を目指すことにした。


(つづく)

« マイクロエース NO.DO.KA | トップページ | 上毛電鉄 デハ101に乗車する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:上信・上毛・わたらせ」カテゴリの記事

鉄:関東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/47196751

この記事へのトラックバック一覧です: 上毛電鉄 デハ101を撮る(1):

« マイクロエース NO.DO.KA | トップページ | 上毛電鉄 デハ101に乗車する »