2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 備後落合にて | トップページ | 出雲横田にて »

木次線を北上する(1)

  1月 8日(木)

 青春18きっぷの旅 2日目。

 備後落合から乗り継いだのは木次線の出雲横田行。
 またまたキハ120の単行ワンマン列車。
 しかも初期車だったので、オールロングシートだったりする。


 備後落合を発車すると、すぐ勾配を登り始める。
 以前にもおろち号などで取り上げたことがあるが、この区間は中国山地を急勾配で越えていく。
 ただ、線路の状況が木次以北に比べて悪いのか、制限標が多々介在する区間だった。
 そのため、ゆっくり勾配を登っていく。

 ちなみに、同じ中国山地越えでも、伯備線や三江線のように川沿いで越えてしまうものもある。
 しかしここは、三井野原駅付近が分水嶺となっているとおり、文字通りの峠越えとなる。
 以前にも取り上げたが、この三井野原駅がJR西日本で一番標高の高いところにある駅とのこと。
 そんな看板も雪に埋もれていた。

C1001a135
(JR西日本で一番標高の高いところにある駅の看板)


 三井野原を出て少し走り、三井大橋とおろちループ橋が見えるところで一旦停車する。
 見やすいところに停車してくれたようだ。ということで、観光案内のアナウンスも。
 この時点では、三井大橋とほぼ同じ高さだった。

C1001a136
(車内から三井大橋)


 さらには、日本海側から三井大橋へのアプローチとなる、おろちループも。

C1001a137
(三井大橋の先にはおろちループ)


 このあと、30/1000の下り勾配を下っていく。
 途中にはトンネルが9つある。

 少し走ったところで再び停車する。
 この先の出雲坂根駅はまだ見下ろす高さだった。
 なお、車内放送によれば、出雲坂根駅の駅舎は改築のため取り壊されていた。
 ただ、木々の合間からだったので、どこが駅舎があった場所かわかりにくかった。
 また、同じ高さにあった三井大橋が、見上げる高さまで下ってきていた。

C1001a138
(三井大橋を見上げる)


 さらに下り、出雲坂根駅のスイッチバックへ。
 運転士氏が運転台を交代し、出雲坂根駅に進入する。

C1001a139
(出雲坂根駅に進入)


 駅舎があった場所は、既に更地になっており、工事用のフェンスが張られていた。
 なお、駅舎は改築中であったが、この駅の名物である「延命水」は汲めるようになっていた。

C1001a140
(この駅の名物「延命水」)

 ただ、さすがに雪が舞っており、水を汲みにきている人の姿は無かった。

 再び進行方向が変わり、終点の出雲横田へ。

C1001a141
(出雲坂根駅で発車を待つキハ120)


(つづく)

◆関連記事
 木次線関連の記事
 ・2008年3月(宍道→備後落合/亀嵩でそばを食べる旅)
  木次線へ
  亀嵩でそばを
  亀嵩から南下
  備後落合へ

 ・2008年10月(宍道→備後落合/奥出雲おろち号乗車の旅)
  宍道から木次へ
  奥出雲おろち号(1)
  奥出雲おろち号(2)
 

« 備後落合にて | トップページ | 出雲横田にて »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR西」カテゴリの記事

鉄:山陽山陰」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/47279878

この記事へのトラックバック一覧です: 木次線を北上する(1):

« 備後落合にて | トップページ | 出雲横田にて »