2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 2009年9月6日 - 2009年9月12日 | トップページ | 2009年9月20日 - 2009年9月26日 »

2009年9月13日 - 2009年9月19日

17日の撮影~D51試運転(4)

  9月17日(木)

 D51けん引の試運転列車が運転されたこの日。
 帰りの列車も撮影することにした。
 目指したのは水上駅のお隣、上牧駅付近。

 駅からそう遠くはない踏切へ。
 遠くはないのだが、高低差が...
 線路が築堤の上にあるため、いったん地上におり、少し移動して再び登ることに。
 日頃の運動不足を感じさせられた。

 まず、先行する特急水上4号で練習。

C0909a509
(上牧駅を通過する特急水上4号)

 続いて本番。
 D51 498がけん引する試運転列車が通過していく。

C0909a510
(上牧駅を通過するSL試運転列車)

 ここまで撮影したところで、疲れてきたので帰途についた。
 乗車した列車が上牧を発車したところで、高速貨物の2071列車とすれ違う。
 さらに、後閑~沼田間では、ワム80000を連ねていることで有名な焼島行の
専貨・5789列車ともすれ違った。
 上牧でもう少し待てば撮影できたのかな?とも思ったが、撮影できても逆光気味に
なりそうなので、切り上げてちょうどよかったのかもしれない。

 そして、いよいよこの連休からSLみなかみ号が運転開始となるが、これからも
D51の活躍を撮影していきたいと思い、この日の撮影を終えた。

17日の撮影~12系を少し観察

  9月17日(木)

 昼食後、水上駅に戻り、今度は12系を観察する。

C0909a507
(水上駅中線には12系)

 往路、井野駅で通過した際、数両が綺麗だったので、車両標記を確認してみた。
 併せて、搭載されているクーラーの種類も...

続きを読む "17日の撮影~12系を少し観察" »

17日の撮影~D51試運転(3)

  9月17日(木)

 岩本からさらに北上し、水上駅。
 当然のことながら、先行した試運転列車をけん引してきたD51は、既に12系から
切り離され、方向転換を終えて転車台の上から引き上げるところだった。
 後続列車で追いかけるのでは、間に合うはずがない...

C0909a504
(いったん引き上げ、留置線へ)


 そして、ここで帰りの運転に備え、整備が行われる。

C0909a505
(折り返し整備中のD51 498)


 なお、今回の運転に備えてなのか、昨年は設置されてなかった屋根付きのベンチや
トイレが整備されていた。 

C0909a506
(留置線脇の屋根付きベンチ)

 この後、昼食へ。


(つづく)

17日の撮影~D51試運転(2)

  9月17日(木)

 井野につづいて訪れたのは、岩本。
 井野駅で撮影し、後続列車で追いかける場合は、渋川でSL列車を
追い越すため、必然的に次の撮影ポイントは敷島以北になってしまう。

 ということで、岩本駅で下車。駅近くのポイントに向かう。
 このところ、岩本駅至近のこのポイントはお手軽な撮影地というわけでは
ないのだろうが、土休日に臨時列車の運転があると、それなりに人出が
あるポイントになってしまい、場所の取り合いなどという光景も見られるが、
さすがに平日ということで、先客は2人だけだった。

 列車がやってくるまで、10分ほど。
 普段であれば、どの隙間から撮影しようかと悩むのだが...
 さすがにこの日は、そのようなことを考える必要はなかった。

C0909a503
(岩本駅付近を走行するD51 498の試運転列車)

 今度の連休は、SLみなかみ号が運転されるが、このポイントで撮影しようと
訪れる人で賑わうんだろうなぁと思いつつ、岩本駅を後にし、水上を目指した。 

(つづく)
 
★この記事から、下記サイトさんへTBを送信しました。
 TOMOさん
 

17日の撮影~D51試運転(1)

  9月17日(木)

 昨年末の故障により、工場に入場していたD51 498がいよいよ出場し、
今月19日からの営業運転を前に試運転をしていると聞いていた。

 そして、5連休を前にお休みをもらったこの日。
 この日も試運転があるのでは?と思い、定番の井野駅で撮影することに。

 いつもより早い列車に乗車したため、30分ほど前に到着する。
 さすがに平日で運転の有無がわからない状況だったが、とりあえず待ってみた。

C0909a501
(待っている間に撮影した115系)

 少しして、後から来た方から、高崎駅で出区していたと教えてもらう。
 
 そして、営業列車とほぼ同じ時刻に、D51 498がけん引する試運転列車が
井野駅を通過していった。

C0909a502
(井野駅を通過するD51 498の試運転列車)

 後ろの12系の横サボは、SL試運転の表示が。
 また、水上方の数両は、工場から出場したようで、塗装がきれいだった。

 とりあえず、後続列車で追いかけることに。


(つづく)

おかげさまで...

  9月13日(日)

 7月中旬より、日本各地を巡ったケータイ国盗り合戦「決戦!関が原」は、
6回目の旅行で、13日にようやく100城を達成。

 D51 498が工場入りしていた分、しばらく国盗りを続けてきたものの、
ようやくD51が出場したので、そろそろそちらも...

 
 なお、この間の旅行記は、引き続きまったりと書いていきますわ...

本千葉で113系湘南色を撮影

  8月12日(水)

 五井に到着し上京するため、内房線に乗り換える。
 その車中。大原ですれ違った113系湘南色はいつ帰ってくるのだろう?なんて思い、
時刻表をめくってみることに。実際のところ、安房鴨川まで行っても、折り返しが何に
なるかわからないからなぁと思っていたら、大原駅で撮影した下り列車は勝浦行。
当然ながらすぐに折り返してくる。

 しかも、蘇我~千葉間は、乗車した横須賀線直通の快速の後続列車だったりして...
 と、なれば撮影しないで帰るわけには行かない。

 ということで、蘇我駅で下車し、113系湘南色を待ち受ける。

C0908a081
(蘇我駅に進入する113系千葉行)

 そして、折り返し列車を撮影するため、お隣の本千葉まで乗車する。

 本千葉。
 下車すると先客が。さらに後続列車でも...
 練習がてら、やってくる列車を撮影することに。

C0908a082
(211系内房線)

 そして、本番。

C0908a083
(本千葉駅に進入する113系湘南色+スカ色)

 と、偶然にしては少し出来すぎているように思えたが、ここで終了。
 同時に到着した千葉行に乗車し、帰途に着いた。

小湊鉄道で五井へ

  8月12日(水)

 上総中野に到着すると、小湊鉄道から乗り継ぐ人が既に乗車口で列を作って待っていた。

C0908a076
(小湊鉄道。上総中野にて)

 元々、乗り換えの時間は短かったが、大多喜での乗車券類の発売に手間取った影響で、
数分遅れが出ていた。
 ということで、ギリギリの乗り換え時間を利用して、駅舎らしき建造物を撮影する。

C0908a077
(上総中野駅駅舎?)

 駅舎というよりは、待合室として造られたあずまやという感じも否め無かったが...
 もっとも、小湊鉄道側は一つ手前の養老渓谷で折り返してしまう列車があるぐらいだし、
いすみ鉄道側も経営が切迫していることを考えれば、この程度の駅舎しか無くても仕方が
ないのだろう。
 また、必要がないと言えばそれまでなんだろうが、小湊鉄道といすみ鉄道とはレールが
繋がっていないし、ホームも別と、実際には接点があまり無いのかなと感じた。
 千葉県の某知事は、補助金を出して東京湾アクアラインを800円に値下げしたようだが、
こういう地元の足への補助も忘れないで欲しいものだと強く感じた。

 上総中野を発車すると、女性車掌氏が検札して回っていく。
 2両とも冷房車とのことだったが、あまり効きはよくなかったように感じた。

 トンネルを2つ抜け、養老渓谷。

C0908a078
(養老渓谷駅の駅名標)

 ここで観光していくことも考えたが、そもそもどんな観光地か下調べすらしていなかったし、
次の列車まで2時間近くあり、脱出する術が無いとわかり、そのまま乗車して五井を目指す
ことにした。

 上総鶴舞。
 いすみ鉄道の大多喜駅とともに関東の駅百選に選ばれた
駅ということだったが、訪れたこの日は何らかの映画?の撮影を行っていたようで、
到着したところで、リハーサルをして本番の撮影も。
 駅名標も本来の「上総鶴舞」ではなく、「よこしばひかりまち」(横芝光町?)となっていた。

C0908a079
(横芝光町駅?となった上総鶴舞)

 なお、女優さんが列車から降車するシーンを撮影しようとしていたようだが、女性車掌氏が
ドアの操作に手間取っていた。現場立ち会いに来ていた小湊鉄道の社員に怒られていた
ようだが、本来業務ではないことを考えると、少しかわいそうに感じた。
 もっとも、興味があるのは、あの撮影シーンが果たしてどんな映画もしくは映像になるの
だろうということだったが、残念ながら作品名の確認はできなかった。
 
 このまま五井まで乗車し、JR線に乗り継いだ。


(つづく)

大原からいすみ鉄道へ

  8月12日(水)

 113系湘南色を見送った大原からいすみ鉄道に乗り換える。
 いすみ鉄道というと、以前から訪れようとは思っていたが、房総半島の南であり、
なかなか足を運ぶ機会がなかったが、今回は既に記事にしているとおり、ケータイ
国盗り合戦の「決戦!関ヶ原」で、いすみ鉄道沿線の大多喜城を拾わなくては
ならなかったので、丁度いい機会だなと、チャンスを活かして全線乗車することに。

 当日。
 特急を利用した分、乗り継ぎにゆとりがあったので、まず駅舎の撮影から。

C0908a071
(大原駅駅舎。右がJR)

 上の写真の右側がJRの駅舎となり、左側に屋根を延長した形で、いすみ鉄道の
改札口が設置されていた。なお、改札口には出札口とおぼしき小屋があったが、
データイムは係員は滞在していないようで、カーテンが降りたままだった。

 そういえば、ネットに出ていた、小湊鉄道への直通乗車券「房総半島横断乗車券」が
購入できないなと思っていると、運転士に申し出てくれとの記載が改札口に。

 なんてことを観察していると、大原止まりの列車が到着したので乗車する。
 車両は、205が単行。

C0908a072
(大原駅で発車を待つ上総中野行)

 早速、運転士を捕まえ、上記の乗車券を購入希望と伝えると、大多喜で引き替えとの
返答が。どうやら事前に申し込んでおくと、有人駅の大多喜駅に停車中に購入が
可能というようだった。


 座席が半分ほど埋まったところで、大原駅を発車する。
 すぐさま外房線の線路とは分かれ、北西を目指していく。

 国吉で上り列車の待ち合わせ。
 交換したのは2両編成だった。

C0908a073
(国吉駅に進入する大原行)


 途中の城見ヶ丘駅に停車したところで、「大多喜城」を拾うことが出来た。
 まさに駅名の名の通りだなと思った。
 ちなみに、この「城見ヶ丘駅」は、2008年8月に開業してから、まだ1年しか経たない
まだ新しい駅だった。

 続いて、お隣が大多喜駅。
 車両基地が併設されていて、留置中の車両では清掃作業が行われていた。
 大多喜駅に到着したところで、大多喜駅の駅員氏が乗車してきて、申し込んだ
「房総半島横断乗車券」を持ってきてくれたので、早速引き替える。金額は1600円。
 
 なお、本来は1分弱の停車のようだったが、「房総半島横断乗車券」を車内で
引き替えている姿を見て購入を申し出る人や、発車間際に回数券の購入を申し出る
学生がいたりして、発車が数分遅れてしまう。
 
 大多喜駅を発車したところで、進行右側には大多喜城が見えてくる。
 夷隅川を渡るところで、車窓から眺めやすいように速度を落とすサービスも。

C0908a074
(車窓から大多喜城)

 ただ、遅れているのだから...と、思ってしまう。

 そして、終点の上総中野。
 今度は小湊鉄道に乗り継ぎ、ここを乗りつぶして、五井を目指すことにした。


(つづく)

« 2009年9月6日 - 2009年9月12日 | トップページ | 2009年9月20日 - 2009年9月26日 »