2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 2008年12月21日 - 2008年12月27日 | トップページ | 2009年1月4日 - 2009年1月10日 »

2008年12月28日 - 2009年1月3日

KATO:オリエントエクスプレス'88

 昨年末発売となった、オリエントエクスプレス'88。
 休みとなった元旦に予約してあった模型店に取りに行ってきた。
 店の人に聞いたところ、今回は予約分のみで終わりとのことだった。
 なんとなく、一昨年末のアメリカトレインを思い出してしまう。

 それにしても今回、アメトレ以上に使い回しが利かない車両を製品化しようと
考えたなぁと感心してしまう。しかも、いずれもJRになった頃のイベント車。
 製品化されただけでありがたいように思った。


 で、買ってきてみたものの...
 基本+付属で13両。どこで走らせようかなと...

C0922n001
(基本編成。まだ手を付けていない)

 とりあえず、次回の運転会に間に合うように入線整備してやらなくてはと思っている。
 もっとも、取り付ける部品は無さそうなので、カプラーを交換してやれば済みそうだ。
 取付部品が多いと作業時間を確保しなくてはと、どうしても後手に回ってしまう。
 ということで加工は次の休みかなと...
 

超音波洗浄機

 昨年から引き続き、鉄道模型は165系モントレー関係から。

 このところ、屋根の塗り替え等で塗料を扱う機会が多くなっていたが、その
ほとんどが昨年6月に購入したエアブラシに移行していた。
 しかし、一部は残存しているスプレー塗料を使用していた。
 そして先日、モントレーを塗装する際に利用したスプレーは、思いのほか
塗料の出がよすぎて、ボテボテになってしまった。塗装に失敗した物を処分
してもよかったのだが、屋根上のベンチレーター撤去が、見た目の割りに
手間が掛かるため、このまま処分するのは少しもったいない気がしていた。

 そんな矢先、以前スプレー塗料の抜き出し方法を参考にさせていただいた
鉄道模型工作記録帳さんのブログに出ていた超音波洗浄機。
 早速ネットで検索して、購入することに。

C0921n001
(購入した洗浄機)


 数日後、家に届いたので使用してみることに。
 恐る恐る、IPAと失敗したボテボテの屋根を入れて、スタート。

C0921n002
(洗浄機稼働中)

 1回あたりの洗浄時間が短いため、何度も「ON」を押す必要はあった。
 それでも、1時間弱でほぼ塗装をはがすことが出来た。

C0921n003
(塗装を剥がせた屋根)

 ちなみに超音波洗浄機の威力を見せつけられた数日後、近所の床屋に同じ物が。
 どうやら眼鏡を洗浄するためのサービスとしておいてあるようだ。
 しかし、流石に「これで塗装が綺麗に剥がれますよ」とは...
 
 
★この記事から、下記サイトさんへTBを送信しました。
 鉄道模型工作記録帳さん
 

謹賀新年

 新年あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いします。


C0803d109
(昨年3月に運転したDD14の試運転列車)
 

28日の撮影記録 遅れ貨物を

 12月28日(日)

 EF55の復路の撮影結果に撃沈していたところ、新潟県内の列車遅延の影響で
普段なら夜間走っている高速貨物が来るという情報を得て井野駅へ。

 天気はよかったのだが風が本当に強く、待っているのが辛かった。
 しかも、当初得ていた情報の時間には貨物列車が来る気配はない。
 来るのは専ら電車。そもそも、上越線を日中運転する貨物列車が無いため、
列車を間違うことすらない状態。

C0812e215
(井野駅に進入する107系)

 今回、同じ電車で数人が来ていてたが、同じ情報を得ていたようだったが、流石に
来る気配が無いせいで諦めて帰って行った。
 確かに寒いがもう少し待ってみるかと思った矢先、上りホームに接近放送が。
 先行の高崎行が出発してすぐだったため、おそらくこの列車だろうと思いカメラを
構えて待っていると、予想通り更新色のEF64 1000番台がけん引する高速貨物が
カーブを曲がって近づいてくる。

C0812e216
(井野駅を通過する高速貨物)

 この列車のけん引は1002号機と1003号機の連番だった。
 そしてこの後、土休日運転の「草津32号」も撮影。

C0812e217
(井野駅を通過する草津32号)

 EF55の復路が悪かった分、いい収穫になったように感じた。
 もっとも、こんな寒空の下で撮影していたため、帰宅後寝込んでしまったのは
言うまでもない。早く体調を整えなくては...
 

EF55碓氷号を撮影に(2)

 12月28日(日)

 往路を撮影後、昼食を食べて往路と同じ場所で撮影することに。
 風が強く寒いせいか、あまり遠くないところを選んだ。

 列車が来て初めて気づいたのだが、編成が収まらない...撃沈。

C0812e213
(DD51が先頭に立つ回送)

 仕方がないので、後追いを狙ったが、鉄塔に邪魔されてしまう。

C0812e214
(ど真ん中に鉄塔が...)

 この日のEF55の撮影は打ち止め。
 上越線とは異なり、どんなに頑張っても3回ぐらいしか撮影できないようだ。
 チャンスはあと数回あるので、次回は別の場所を考えなくては...
 

EF55碓氷号を撮影に(1)

 12月28日(日)

 上越線でのさよなら運転を終えたEF55が信越線でのさよなら運転を開始して
2日目。風邪を引いて体調があまりよくなかったが、撮影に出掛けた。

 上越線とは異なり一発勝負となるので、どこで撮影するか悩んだが、体調を
考え、駅からあまり離れていない場所かつ順光で撮影出来る場所ということで、
安中駅近くで撮影することに。

 なお、この日は長野新幹線で車両不具合があったため、その接続を取るため
EF55碓氷号は高崎駅を20分ほど遅れて発車すると、安中駅で放送をしていた。

C0812e211
(安中駅に進入するEF55碓氷号)

 やって来たEF55。
 ヘッドマークは一緒だが、信越線での運転ということで、転車台がない横川駅
から帰ってくるため、一番後ろにDD51が連結されていた。

C0812e212
(安中駅に停車中のEF55碓氷号。後追い)
 
 往路の撮影はここまで。
 天気はよかったが、風が冷たく感じていた。
 

22日の行動記録 小泉線経由で伊勢崎へ

 12月22日(月)

 館林に戻り、今度は当初の目的を果たすべく、小泉線に乗り換えることに。
 ただ、1時間に1本という運転間隔のせいで、乗り継ぎ待ち時間が。
 浅草行のりょうもう号などを撮影して時間をつぶした。

C0812c012
(館林駅に進入するりょうもう号)


 乗車した西小泉行も日中は東武佐野線とほぼ同じ時刻で館林駅を発車する
ため、りょうもう号が先行していく。

C0812c013
(館林駅に停車中の西小泉行)

 館林駅を発車すると、車両基地を目前に左にカーブを切っていく。
 乗車した西小泉行はほどよく暖房が効いていたため、ウトウトしてしまう。
 目的地は竜舞駅ということで、東小泉駅で下車。
 隣のホームに停車している赤城行に乗り継ぐ。

C0812c014
(乗車した赤城行)

 ただ、問題はこの赤城行。
 この辺りは、1時間に1本のパターンダイヤとなっているため、先程まで乗車
していた西小泉行が館林行となって帰ってくるまで発車しない。
 仕方がないので発車するまで、ホームなどを観察して待つ。

 東小泉駅を出れば一駅で竜舞。
 駅前にあるペアーハンズさんへ。

C0812c015
(竜舞駅ホームからペアーハンズさん)

 以前、車で訪れたことはあったが、この日は電車。ただ、便があまりよくない
ため、次の電車は1時間後。もっとも、その事が功を奏して?のんびり店舗内を
観察することが出来た。
 今回購入したのはパーツ類のみ。165系に使うカプラーなどを購入した。

 ここから太田で乗り継ぎ伊勢崎へ。
 伊勢崎に行く電車も1時間に1本のため、少し待ち時間があった。
 下校時間に重なったため、伊勢崎には2分遅れて到着。ワンマン運転もドア
操作を運転台で行えないため、遅れが増してしまうようだ。さらに途中駅で、
起動と同時に非常ブレーキが掛かり停車。特に放送などの説明は無かったが、
構内踏切がある駅だったので、直前に渡った人でもいたのだろうか?
 結局、ほぼ同時に到着した両毛線に慌てて乗り継ぎ、帰途についた。
 

« 2008年12月21日 - 2008年12月27日 | トップページ | 2009年1月4日 - 2009年1月10日 »