2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« D51試運転。上牧駅手前にて | トップページ | 島原半島駆け抜け旅(1) »

大村線で諫早へ

 久しぶりに九州の話。
~~~~~~~~~~~~~~~
  9月12日(土)

 九州国盗りの旅は3日目。
 まず、「日野江城」を拾うため、諫早を目指すことに。
 佐世保から乗車したのは、シーサイドライナー色のキハ200系2両編成。

C0909a141
(佐世保駅で発車を待つ、キハ200系長崎行普通列車)

 この後も長崎駅周辺で気動車に乗車する機会があったが、いずれもキハ67だった。


 佐世保を発車し、3つめの早岐から大村線に入る。
 佐世保から乗車すると、そのまま博多方面へ向かうには、早岐で方向転換する。
 一方で大村線は、方向転換することなく諫早方面に向かうこうとが可能なため、
佐世保~諫早間が大村線と感じてしまうような配線になっていた。


 ハウステンボス駅。
 1992年に開業した同名のテーマパークの最寄り駅。
 開業して1年後ぐらいに一度訪れたことはあったが、それ以来となる。
 車窓からも入り口にそびえる欧風の建物が見えたが、なんとも特徴的だった。
 そういえば、某深夜番組のサイコロの旅は、ここですぐ引き返したような...

C0909a142
(車内からハウステンボス)
 
 
 お隣の南風崎付近から大村湾沿いを走る。
 対岸は西彼杵半島。国盗り合戦では「西海」になるので、対岸盗りを試みるが、
何度試してもうまくいかなかった。
 結局30分ほど試みて、千綿~松原間でようやく盗ることができた。
 対岸が見えているのに、こうも盗れないとは...
 通常ならば、随分遠いところでも対岸盗りは出来るのだが...
 それだけ自分がいる方の電波が強いのだろう。


 そうこうしているうちに、まもなく諫早。
 竹松~諫早間で「雲仙・島原」盗りを成功し、諫早で下車した。


(つづく)

« D51試運転。上牧駅手前にて | トップページ | 島原半島駆け抜け旅(1) »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大村線で諫早へ:

« D51試運転。上牧駅手前にて | トップページ | 島原半島駆け抜け旅(1) »