2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 後三年で送り込み回送を撮影 | トップページ | 泉田駅で「つばさ」を撮影 »

横手でも送り込み回送を撮影

 12月 6日(日)

 後三年駅付近での撮影後、新庄行で再び南下を開始する。

C0912a051
(乗車した新庄行。横手駅にて)

 車両は701系2両編成。
 朝の通勤時間帯を過ぎたこともあり、ワンマン運転だった。

 
 お隣の横手で6分ほど停車する。
 隣のホームには、「つばさ」の送り込み回送が停車していた。
 停車時間を利用して撮影するため、カメラを持って早速ホームへ。

 今回充当されたのは、新潟車両センターに所属する485系6両編成。
 編成は、国鉄特急色を纏ったT18だった。

 まず、新庄方先頭車(クハ481-1508)から。

C0912a052
(新庄方先頭車は二つ目ライト)

 こちらは1500番台のクハが組み込まれていて、屋根上の前照灯は二つ目。
 札幌近郊の電化完了で北海道内に新製配置となったが、寒冷地仕様として
充分ではなかったのか、昭和55年の千歳空港開業に伴うダイヤ改正を前に、
781系が本格導入されたことで、本州に渡ってきた485系の中では異端児的な
存在。本州に渡ってからは、東北方面などで活躍してきた車両。


 横サボは、ステッカータイプ(特急つばさ/秋田行)のものが貼られていた。
 ヘッドマークが装備されていないとすれば、横サボも当然かもしれない。

C0912a053
(横サボはステッカー)


 そして、秋田方先頭車(クロハ481-1029)。

C0912a054
(秋田方先頭車)

 1000番台の車両なので、新庄方とは異なり屋根上の前照灯は一つ目。
 なお、この車両は新製時はクハ481として製造された。
 その後、半室をグリーンに改造された車両だった。


 ここまで撮影したところで発車時刻に。
 車内に戻り、さらに南下することにした。
 
(つづく)

« 後三年で送り込み回送を撮影 | トップページ | 泉田駅で「つばさ」を撮影 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横手でも送り込み回送を撮影:

« 後三年で送り込み回送を撮影 | トップページ | 泉田駅で「つばさ」を撮影 »