2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 横手でも送り込み回送を撮影 | トップページ | 新庄駅にて(400系・C11) »

泉田駅で「つばさ」を撮影

 12月 6日(日)

 横手を発車後も相変わらず天候は回復しなかった。
 もっとも、この日の天気予報は遅くなるほど雨。
 10時で雨ならば、このままやむことはないのかなと思いつつ南下する。

 山形県に入り最初の駅、及位。
 難読駅名として有名なこの駅も今年2回目の通過。
 前回の乗車では、駅名標の撮影を失念していたのだが...
 今回は撮影しやすいところに停車したので、コンデジで。

C0912a056
(及位駅の駅名標)

 それにしても難読な駅名だなと。
 どうもネットを検索してみた感じでは、修行に関する内容のものがあったが...

 
 さらに南下し、泉田。
 ここで下車して、後から追いかけてくる「つばさ」の送り込み回送を撮影する。
 降りた時には小降りだった雨も、駅舎に移動する頃には、音をたてて降りだす。
 前日の青森が嘘のように思える天候だった。
 それでも、列車が来る15分ほど前には雨が上がり、晴れ間が顔をのぞかせる。
 これなら行けるだろうと判断し、駅の秋田方へ。

 セッティングをし、遠くに汽笛が聞こえてきたところで、また雨が降りだす。
 「ついてないなぁ」と思いつつも、なんとか撮影できたため、急いで撤収した。

C0912a057
(泉田駅に進入する送り込み回送)


 この50分後、今度は回送ではなく、団臨の「つばさ」を撮影した。

C0912a058
(泉田駅に進入する団臨「つばさ」)

 この列車が来る直前も、雨足が強まったり弱まったりを繰り返す。
 なんとか雨に濡れないよう撮影に専念したが...
 そして、今回の東北方面の撮影はこれで終了。

C0912a059
(もう一回泉田駅駅舎)

 30分ほど待って新庄行に乗車しようとホームで待っていると、SLの汽笛が数回。
 同行したO君と遅れてるのかなと話していると、乗車する新庄行は到着したが、
交換となる秋田行は、6分ほど遅れているとのことだった。

 新庄行に乗車し、間もなく新庄駅に到着するところで、C11やけん引されてきた
旧型客車が秋田方に引き上げているのを車内から見ることが出来た。


(つづく)

« 横手でも送り込み回送を撮影 | トップページ | 新庄駅にて(400系・C11) »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泉田駅で「つばさ」を撮影:

« 横手でも送り込み回送を撮影 | トップページ | 新庄駅にて(400系・C11) »