2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« D51試運転。ヘッドマーク付 | トップページ | D51試運転。上牧駅手前にて »

D51試運転。水上でヘッドマークを観察する

 12月23日(水)

 水上に到着し、早速転車台へ。
 既に車で到着し、撮影している先客はいたが、15日の旧型客車を牽いたD51の
試運転に比べれば空いているように感じた。

 ということで、いつもどおり全景から。

C0912a236
(折返し整備中のD51)


 そして、ヘッドマークのアップ。
 寝台特急「ゆうづる」のヘッドマークに似ているが、よく見ると翔んでいるはコウノトリ。
 しかもそのクチバシにはくわえている袋からのぞいているのは、先日華蔵寺公園で
撮影してきた「C61 20」のナンバープレート。

C0912a237
(ヘッドマークを望遠で)

 そういえば、C61というと東北本線で活躍していた頃、「ゆうづる」のけん引も担当して
いたようなので、どうやらそれを引っかけたマークなのだろう。
 なお、このヘッドマークを取り付けて運転するのは、この日を含めて、数日とのこと。
 C61が復活し、試運転を行う際に、再び陽の目を見ればと思った。

 撮影後、昼食はいつものジャータン麺。
 人気のお店ということで入店待ちの列が出来ていた。


 そして食後。
 転車台に戻ってみると、前面に雪だるまがのせられていた。

C0912a238
(雪だるまが乗ったD51)

 こんなシーンは雪のシーズンしか撮影できないなぁと、思いつつシャッターを切った。
 さらに、水上は雪が降った後だったと判るよう、少し遠目のカットも。

C0912a239
(水上の山麓でひと休みするD51 498)

 改札を通りホームへ。
 中線にはSLに牽かれてきた12系が。
 詳しくは確認しなかったが、5両編成ということで今回連結されていなかったのは、
どうやら通常は、3号車として使用している車両だった。

 
 そしてこのあと、帰りの撮影をするため、高崎行で南下することに。
 乗車したのは107系。

C0912a240
(水上駅に進入する107系)

 
(つづく)

« D51試運転。ヘッドマーク付 | トップページ | D51試運転。上牧駅手前にて »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: D51試運転。水上でヘッドマークを観察する:

« D51試運転。ヘッドマーク付 | トップページ | D51試運転。上牧駅手前にて »