2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 黄色の201系と205系 | トップページ | D51試運転。水上でヘッドマークを観察する »

D51試運転。ヘッドマーク付

 12月23日(水)

 天皇誕生日の祝日だったこの日。上越線ではいつも通り、SLの試運転があると
いうことだったので、出掛けてみることにした。
 なお今回は、TOMO氏達と同行することにした。

 
 まず向かったのは岩本。
 いつもであれば、井野駅で撮影をした後、後続の水上行で追いかけるパターン
だったが、この場合は岩本駅での準備が忙しくなるため、今回は岩本まで先回り
する行程に変更した。

 ということで、岩本駅に到着したのは10時前。
 SLの試運転が到着するまでには、まだ時間がある。
 さすがに先客はいなかった。


 まず、下り高速貨物2085列車(熊谷タ発新潟タ行)。
 けん引機はEH200で、後の荷物はすべてコンテナ車だった。

C0912a231
(岩本駅に進入する下り貨物2085列車)

 3月、井野~新前橋間で撮影したときのけん引機はEF64の重連だった。
 しかしこの日は、上の写真の通りEH200がけん引していた。
 どうも、上越国境を運転する貨物列車のけん引機の運用はわかりにくい。


 続いて、下り普通列車水上行(731M)。
 115系4両編成だった。

C0912a232
(115系3両編成。水上行)

 SLばかりを追いかけるのではなく、こういったいつも走っている普通列車なども
記録をしておかないと、気がつけば「さよなら」ってこともあるので、練習がてら
撮影しておく。


 ここで、水上行に乗車してきたクロフネ航海手帳の管理人氏とも合流。
 この頃になると、車でやって来た人もカメラを構え始め、10人以上に。

 そして、D51の試運転列車。

C0912a233
(D51の試運転列車)

 試運転というと、営業運転とは異なりヘッドマークはついていなかったのだが...
 この日は、寝台特急「ゆうづる」のようなヘッドマークが取り付けられていた。
 ただ、微妙にデザインが異なり、しかも「試運転」の文字が。
 そして、客車は12系だったが、いつもの6両とは異なり、1両少ない5両だった。


 最後は上り特急「水上4号」。

C0912a234
(特急「水上4号」。岩本駅にて)

 185系は、東日本エリアを運転する定期特急列車では、一番古い形式になった。
 そろそろ置換の声が聞こえてきてもいいような気がするが、まだまだ現役かなと。

 ここまで撮影したところで、水上を目指し北上した。


(つづく)

★この記事から、下記サイトさんへTBを送信しました。
 TOMOさん
 快急新所沢さん
 

« 黄色の201系と205系 | トップページ | D51試運転。水上でヘッドマークを観察する »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: D51試運転。ヘッドマーク付:

« 黄色の201系と205系 | トップページ | D51試運転。水上でヘッドマークを観察する »