2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 榛名湖イルミネーション | トップページ | D51試運転。ヘッドマーク付 »

黄色の201系と205系

 穴埋めに、久しぶりに鉄道模型関連の記事を
~~~~~~~~~~~~~~~
 12月某日

 以前より、職場の先輩から依頼されていた、黄色い201系と205系を整備した。

C0912a221_2
(今回のお題の2形式)

 整備とは言っても、やることはアンテナ類の取り付けだけのはずだった。

 実は、その先輩から頼まれていたのは、KATOの黄色の201系と205系をそれぞれ
4両編成で入手して欲しいとのことだった。しかし、205系は10両編成ということと、
製造されてから少し経っていたため、なかなか見当たらないまま時間が過ぎていた。

 ところが11月某日に上京した際、秋葉原の某店で発見し購入できた。
 ということで、暇を見つけて指示通りアンテナ類を取り付けることに。


 まず、205系。
 当然ことながら、通常通りアンテナおよび避雷器の取り付けを行ったが、ケースの
ウレタンは5両分。ただし、必要なのは4両分だけと言うことで、新たに4両用ケースを
調達し、ウレタンを差し替えることで対応することが出来た。
 ということで、若干の散財はあったが、なんとか4両分の整備は完了。
 で、問題は残った中間車 6両。はて、どうしたもんだかなぁ...

C0912a222_2
(行き場がない205系総武緩行線の中間車)


 そして201系。こちらはかなり深刻だった。
 既に春先に増結編成を押さえておき、今回205系が入手できたことで、こちらも着手
したのだが、何か忘れていた。
 確かに動力については、201系中央快速色(オレンジバーミリオン)の整備済みの
6両編成から回せばいいかと算段していたが、作業する段階で、増結セットなのだから
ライトユニットって入ってなかったなぁと言うことに気がつく。

C0912a223
(分解した下回り。快速基本、緩行基本、緩行付属)

 仕方がないので、上の写真にある201系の先頭車に組み込まれたライトユニットを
転用することにした。

 これで、ライトは点灯できるようになったので、先輩に渡す分の整備は完了したが、
先述の201系中央快速色の6両編成は、非動力化+増結セットとの下回り差し替え
により、先頭車には大型列車種別表示器が設置されているにもかかわらず、中間
組み込み用車両に成り下がってしまった。
 とりあえず、引き渡し品は完成したからいいものの...
 

« 榛名湖イルミネーション | トップページ | D51試運転。ヘッドマーク付 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/47090480

この記事へのトラックバック一覧です: 黄色の201系と205系:

« 榛名湖イルミネーション | トップページ | D51試運転。ヘッドマーク付 »